FC2ブログ

18歳を大人として認める?認めない?

日記
09 /29 2016
国が民法の成人年齢を20歳から引き下げようとしているのをご存知ですか。つまり「大人」になる年齢が18歳になるということ。
早ければ2021年から下がる可能性があるといいます。

これは07年に成立した国民投票法の投票年齢が18歳以上となり、さらには選挙権も18歳以上となったことなどから18歳にそろえようとするものです。

しかしこれにより、自らローンが組めるようになるほか携帯電話やクレジットカードも契約できるようになります。これらのことから若者が消費者被害に遭わないか心配する声も多い。

とはいえ自分は引き下げに賛成です。
確かにこれらの年頃の子たちは心もとない。経験もなく自立心もない、の“ないないづくし”です。
でも、それをいえば20歳も21歳も似たようなものと思いませんか。

むしろ少しでも早く「もう、大人だ」と自覚させたほうがいいのではないでしょうか。


とはいっても、やはり心配は心配。
今夏の参院選から実施された選挙権行使も鹿児島では全年齢の投票率が55・86%だったのに対し、18歳19歳の投票率は38・94%と格段の差。

ただこれをもって「関心がない」「まだまだ早い」と即断するのは待ってください。
これらの取り組みは始まったばかり。これからの日本を支え、つくっていくのは若者たちなんです。

信じましょうよ。
昔の武家の男児は十歳前後で元服し、大人の扱いを受けたというではありませんか。これにより国を守り、家を守るという自覚を持ったとも聞きます。


さて、この民法改正どうなることやら。関心を持ち、見守っていこうではありませんか。

追記
たばこや酒は民法とは違うので今のところ変わりなし。馬券などを買える年齢も同様。少年法も別途検討されてるようです。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。