FC2ブログ

シン・ゴジラ!お前はなんだったんだ

日記
08 /22 2016
行きたい行きたいと思っていた映画「シン・ゴジラ」を昨日観に行ってきました。

面白かったか?と問われれば「う~ん」と頭をかしげる。そんな感じかな。つまり、単純に面白かったと言える作品ではなかったということ。
これまでのゴジラシリーズとは一線を画した構成、演出で良否の判断は難しい。後は個々の好み、判断しだいといったところでしょう。

どこが違うか。
まず第一に、リアリティーを持たせたいためか「閣僚対策会議」に始まり「緊急災害対策本部」「巨大不明生物特設災害対策本部」なるものを次々に発足させ、喧々諤々の小田原評定。

次に、ゴジラの対戦相手が出てこない。
政府及び政府機関は巨大生物に対し、ただこれを殲滅処分するための英知を求めて右往左往しただけ。最終的に血液凝固剤により動けなくするということで決着させたわけですが、そこには何ら物語性はなし。

だってそうでしょう。
ゴジラは何の目的で現れたのか。まず、そのあたりから不明。
観た人はお分かりでしょうが、海から現れて上陸し進化成長。ただ街を破壊しながら移動しただけ。
何なんだと思いましたよ。

ただ、自衛隊や米軍の戦車、航空機を使っての攻撃、それに対しゴジラの熱焔・熱線による反撃などの攻防は迫力があり、これはこれで面白かった。

    gojira.png
     《巨神兵?それともシータを助けるロボット兵? いえいえ覚醒したゴジラです》

確かにこうした巨大不明生物が現実に現れたらこういう風に対応するのかも、とは思わせましたがそれでもゴジラはゴジラ。
もっと娯楽第一に徹し、ある程度つじつま合わせをやったら後は派手な戦闘シーン、破壊シーン満載で良かったのではないかと思う自分でした。


最後にもう一つ。
ゴジラは本当に怒ったと思いますよ。先にも述べたように訳の分からないまま上陸し、いきなり痛い目にあわされる。
ただ、体が大きいから壊す意思はなくても移動だけで街を破壊してしまう。

「僕はなんも悪いことしてないよ」との声が聞こえてきそうな映画でした。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。