FC2ブログ

忘れられません

日記
06 /21 2016
今週のもういちど流行歌」1968年9月。 特集はピンキーとキラーズの「恋の季節」

いつものようにランキングから。

   読者のベスト10          オリコントップ10

 1位 恋の季節(ピンキーとキラーズ)        恋の季節(ピンキーとキラーズ)  
 2位 サウンド・オブ・サイレンス(サイモン&ガーファンクル)   サウンド・オブ・サイレンス(サイモン&ガーファンクル) 
 3位 星影のワルツ(千昌夫)            霧にむせぶ夜(黒木憲)
 4位 小さなスナック(パープル・シャドウズ)    シー・シー・シー(ザ・タイガース)                 
 5位 小樽の人よ(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)    思案橋ブルース(中井昭・高橋勝とコロラティーノ
 6位 エメラルドの伝説(ザ・テンプターズ)     星影のワルツ(千昌夫)
 7位 夕 月(黛ジュン)              小樽の人よ(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
 8位 新宿そだち(大木英夫・津山洋子)       釧路の夜(美川憲一)
 9位 霧にむせぶ夜(黒木憲)            ガール・フレンド(オックス)
10位 ジャンピング・ジャック・フラッシュ(ザ・ローリング・ストーンズ)  花と蝶(森進一)


      忘れられないの あの人が好きよ ♪
            青いシャツ着てさ 海を見てたわ ♪

惹きつけましたね。
売り上げは200万枚を超え、オリコン週間チャートでの1位獲得回数は歴代最高の17回といいます。

男4人を引き連れたピンキーこと「今陽子」。堂々とした体躯に圧倒する歌唱力。黒のパンタロンに山高帽というコスチューム。
何から何まで規格外の同グループは世の中を震撼させたと言っても言い過ぎではない、そんな存在感がありました。

もちろん、詩・曲とも素晴らしいの一言。
中でも「夜明けのコーヒー、二人で飲もう」のフレーズは新鮮。いやあ、新鮮というより高校生だった自分には男女のエロさを思い起こさせて衝撃的でした。(想像力過多)

それにしても、そんな彼女が当時16歳だったと今回初めて知りました。ええっ、ウソ!?って感じ。


すみませ~ん。他にもヒット曲や思い出の曲が並んでいますが、今日は自分にとってはこの曲だけ。
感傷にひたらせてください。



日々の出来事ランキングへ
スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。