FC2ブログ

感動!感動!感動!(し過ぎ?)

日記
05 /03 2016
   2016-05-03.png
         《太一・千早・新(あらた)・詩暢(しのぶ)の素晴らしき面々》

良かったぁ~

何がって? もちろん「ちはやふる 下の句」ですよ。

今回の見どころはただ一つ。“化け物”と呼ばれる史上最強の高校生クイーン若宮詩暢(しのぶ)と綾瀬千早の対決。それに仲間の熱い想いが加わる。

中でも終盤のクイーンとの闘いは圧巻。
余りの強さに呆然とする千早だが、仲間のさりげない励ましに気持ちを一新。クイーンをたじろがすほどの反撃を見せ、敗れはしたもののクイーンに一目置かせるほどの力を発揮しました。

勝負への執念と仲間への想いが交錯したこのシーンには強く引き付けられ、思わずホロり。感動の涙でスクリーンがかすんでしまいました。年を取ると涙腺がもろくなるっていうのは本当ですね。


この作品は競技かるたに打ち込む高校生たちの姿を描いたもの。今回はその魅力、中身については省きますが、ただ一つ言いたいことが。

それはキャスティングの見事さ。

原作(アニメ)のイメージを全く壊していない。いや、それどころかそれを上回る配役で映画を大いに盛り上げていました。
主役の千早を演じた広瀬すずはもとより、クイーン役の松岡茉優(まゆ)、それから主役級を支える上白石萌音(かなちゃん役)、矢本悠馬(肉まん君役)などなど。

それにしても松岡茉優(まゆ)さん良かった。クールで自信家、それにどこか可愛さも併せ持つキャラにはしびれました。
前回お気に入りとして挙げた上白石萌音さんともども、どうぞご贔屓に。

を、もって「ちはやふる 下の句」の紹介を終わります。 いやあ、良かった、良かった



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。