FC2ブログ

約束を守らない九電は信用できない

日記
02 /09 2016
今日は腹に据えかねるニュースを一つ。

原発を再稼働した九州電力が「免震重要棟」建設を撤回しました。
昨年末に表明してから多方面から批判を受けてきた九電ですが、方針を変える考えはないようです。

免震棟は東京電力福島原発の事故の際、収束作業の拠点となった施設で九電も当初建設するとしてました。

つまり再稼働するにあたっての約束事。それを違えるとはとんでもないことです。
稼働してしまえば、こっちのものという身勝手さは許せません。

原子力規制委員会の田中俊一委員長は「手抜きするとか安上がりに済まそうという意図なら絶対認められない」、九電の釈明に対しても「納得できるものではない」などと述べ、九電の姿勢を強く批判しています。

田中委員長、そこまで言うなら「再稼働の認可を取り消す」と政府に具申してもらえませんか。
ブラフであってもいいです。思いあがった九電に灸をすえてくださいよ。

免震棟は原発の安全性に直接関係するものではありませんが、やるといったことをやらないその姿勢は他の重要な約束事への取り組みを疑わせます。

いや、やはりここはもうブラフではなく、本気で取り消すべきですね。



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。