FC2ブログ

ハンドルを握る者の責任

日記
10 /29 2015
毎日仕事で運転しながら思いますね。これからの車はどうなるの?って。

自動停止はすでに市販化され、自動発進も現実化。このことにより渋滞時のスタート、ストップのお任せで少しはイライラの解消につながるとの期待も。

ハンドル操作の自動化も高速道路など特定の場所では実用化に近いところまで来ているようです。

とは言え、機械(コンピュータ)を信頼できるのか。
これまでも書いてきているように自分は信用できません。仮に絶対大丈夫と言われても、やはり不安は残ります。

運転ぐらい自分ですればいいでしょう。それが楽しみだし。


話は変わりますが、またまた起きた暴走事故。
歩道上を700mも突っ走り2人が死亡、5人が重軽傷とありました。

スピードを落とすどころか途中から加速すらしていたとの証言もあり、まさに異常。
その後の調べで、事故を起こした運転者は認知症を発症し、2日前まで入院していたことが分かりました。

それにしても怖い。
普通に生活していた人が突然こうした災難に遭う。家族にとってもあきらめきれない別れです。
つらいよね。

仕事でハンドルを握る者として責任重大です。安全運転を肝に銘じます。

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。