FC2ブログ

焼酎で1万人の一斉乾杯

日記
10 /17 2015
みなさ~ん、秋ですよ。
うろこ雲って言うんですか。思わず撮ってしまいました。

      kumo3.png


秋といえば“焼酎”

話がいきなり飛んでしまいました。
実は,鹿児島県の酒造組合が「天文館本格焼酎まつり」なるものを11月2日に開き、その中で1万人による一斉乾杯を行うというんです。

鹿児島は言わずと知れた焼酎王国。
中でも芋焼酎はコクと香りが何とも言えない、と引く手あまたの人気ぶり。

今回の催しも鹿児島焼酎の消費拡大を図ろうというキャンペーンの一つ。好き者が多いだけに大いに盛り上がるでしょうね。
キャンペーン期間中に限らず、いつでも「かごんまは焼酎で乾杯」をキャッチフレーズに、各種会合では必ず焼酎で乾杯というのが鹿児島方式。

皆さんもこの秋の夜長は鹿児島焼酎で“かんぱ~い”と、やってみてください。


そこでちょっと美味しい飲み方を伝授しましょうかね。
ただ単に焼酎をお湯か水で割り、コップであおる、というのもいいんですがここで一工夫。

皆さんは「黒じょか」というのをご存知か。(黒じょかの説明は今日はカット)

写真をよ~く見てください。
         tyoka.png
          《“黒じょか”ってこれですよ》

前もって水で割った焼酎を黒じょかに入れておき、一晩(1日)寝かせておきます。(こうすることによってうまく溶けあい、よりまろやかな味が出ます)
これを炭火やガスコンロにかけ、弱火で温めるだけ。

たったこれだけのことですが、味が全然違います。
これを猪口(ちょこ)に注いで口に運ぶ。
つまみには、きんぴらでもさつま揚げでも何でもよし。たまりませ~ん。

超簡単に書きましたが、お試しあれ。

※ 黒じょかには直火でできないものもありますのでご注意ください。(よく確認してくださいね)
※ 水で割る割合は6:4(ロクヨン)が基本ですが、お好みで変更も可。お好きなように(笑)


スポンサーサイト



ミドリノマッキー

Palet作業員さんに描いていただきました、水神マッキー。
ちょっと恐れ多いかと思いますが、よろしくです。

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。