FC2ブログ

安全保障関連法案の強行採決を許さない

日記
09 /19 2015
とうとう、やりましたね。

到底許しがたいことです。
戦後営々と築いてきた平和への思い、歯止めを何の躊躇もなく破ってしまいました。

「国の交戦権は認めない」という憲法9条第2項一つをとってみても憲法違反であることは明白。
おそらく推進する側も分かった上でのこと。確信犯です。

首相らの答弁は、「国際情勢が変わった」の一点張り。

ただちに改めるべきです。

「過剰反応だ」「イデオロギー的すぎる」などの声が一部に出ていますが、そうでしょうか。

国の権力は強大です。
独裁国家に限らず民主国家と呼ばれる国々においてもしかり。

小さなことでも一つ一つのことに声を上げ、権力側をけん制し、抑止していく必要があるんです。
ましてや今回の法案は小さいこととは言えない重大問題。無関心でいられるわけがありません。


今回、かつてないほど反対運動が盛り上がり「戦争法案ノー」を突き付けましたが、国会内では数の力で押し切られました。
だとしたら選挙で多数をとるしかありません。
来年の参院選をはじめ、今後行われる各種選挙で「自民党ノー」「公明党ノー」を突き付けようではありませんか。

そして白紙に戻すのです。

とにかく、今回の暴挙を忘れてはなりません。
忘れてしまっては元の木阿弥。権力者の思うつぼです。

いいですか、もう1回言います。 絶対に忘れてはなりません。

スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。