FC2ブログ

人間って素晴らしい?それとも愚か?

日記
02 /08 2015
NHK制作のドキュメンタリー番組「シルクロード」を久しぶりに観ました。
1980年代にNHKが足かけ10年にわたって放送したものです。

長安を出発し中国国内を紹介する第1部と中国を出てインド・ユーラシア大陸(中央アジア)・地中海からローマへ至る道を紹介した第2部。
合わせて30回の放送と、それに関連する特集番組数本からなるシリーズもの。

 sirukurodo2.png


当時放送の番組をビデオ録画。さらにそれをDVDにダビングしたもので、画像も音声も今イチですが番組の趣旨、狙いは何ら損なわれるものではありません。
悠久の歴史、ロマンをたっぷり堪能しました。

シルクロードとは言わずと知れた東西文明交流の道。
道なき道。
人骨を道標に進み、開いたという先人のあくなき探求心と労苦をいとわぬ行動力には、ただただ頭が下がるのみ。

この番組、今から約35年前のものですが、この間私は何回も繰り返し観賞。それでも当時の感動は色あせるものではありません。

それにしてもこの地は、隊商が行き来した2000~3000年前から血塗られた歴史も併せ持っています。この番組でも紹介されているように幾多の王国が興亡を繰り返してきたことか。

その歴史は今にも引き継がれているようです。

ソ連のアフガン侵攻、イラン革命直後のイラン・イラク戦争、そして近年には米国によるイラク進攻。加えてテロ組織と呼ばれる各種集団の暗躍による人命殺傷など枚挙にいとまのないほど。

シルクロードという偉大な道を開いてきた人間の素晴らしさと殺し合いの絶えない人間の愚かさ。

今回の観賞では、どちらが人間本来の姿なのかーなんてことを考えることでした。


おっと、これを忘れてはいけません。 語り:石坂浩二 / 音楽:喜多郎
両氏なくして同番組の魅力半減。大いに感動しました。
スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。