FC2ブログ

寅さん大好き

日記
11 /09 2014
今週のbeランキングは「寅さんと行きたいロケ地」を聴いていました。

  今日の しんぶん・ひろいよみ

ランキング発表の前に記事冒頭の一文を。

トランク一つの旅じたくで葛飾柴又を出てゆく車寅次郎に、妹さくらは問いかける。
「どうして旅に出ちゃうの?」

すると寅さん、晴れ渡った天を指さし、こう言うのだ。
「ほら見な、あんな雲になりてぇんだよ・・・」(「男はつらいよ 柴又慕情」より)

寅さんの面目躍如ってとこですね。
いいよなあ。なれるものなら私も雲になり飛び回ってみたいものです。

   WS000001.jpg
         《いいね 寅さん》

それではランキングトップ10を。
 1位 知床(北海道)、2位 沖縄、3位 小樽(北海道)、4位 ウィーン(オーストリア)
 5位 津和野(島根県)・函館(北海道)、7位 金沢(石川県)、8位 尾道(広島県)
 9位 佐渡島(新潟県)、10位 萩(山口県)、10位 加計呂麻島(鹿児島県)

1位の知床は寅さんが世界のミフネと共演。2位はシリーズでマドンナ役での出演が一番多い浅丘ルリ子と沖縄へ。(後藤久美子が5作で一番多いですが、これは満男の恋人役と言うことでカット)
最北端と最南端。「ためらわずに、どんなところにも出かけて、溶けこんでしまえる寅さんには最果ての場所こそふさわしい」という読者の声がピッタリ。

でも私はロケ地にはそれほどこだわりません。
渥美清さん演じる寅さんが現れてくれればどこでもいいんです。渥美さんあっての寅さんですから。

味のあるいい映画です。

どこがいいんだ?と聞かれてもここですべての説明は無理。
まあ、一言で言えば寅さんの一生けん命さ。「とらや」に集う面々の一生けん命さ。
みんな一生けん命に生きてるんですね。

笑いの中にそれらの一生けん命さが垣間見える。
これが寅さんシリーズに流れる一本の芯だと思うんです。

ランキングの趣旨とは離れてしまいましたが、大好きだった「男はつらいよ」に一言。

最後に20位までのランキング。
 ⑫五島列島(長崎県)⑬網走(北海道)⑭鎌倉(神奈川県)⑭天橋立(京都府)⑯別府(大分県)
 ⑰弘前(青森県)⑱会津若松(福島県)⑲対馬(長崎県)⑳奥尻島(北海道)⑳松島(宮城県)
スポンサーサイト



ミドリノマッキー

Palet作業員さんに描いていただきました、水神マッキー。
ちょっと恐れ多いかと思いますが、よろしくです。

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。