FC2ブログ

個人情報流出に思う

日記
07 /11 2014
大型で非常に強いと言われた台風8号。これに梅雨前線の雨雲が加わり全国的に記録的な雨を降らせ、各地で痛ましい被害をもたらしました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。


  今日の しんぶん・ひろいよみ

通信教育大手・ベネッセホールディングス(HD)の顧客情報漏えいが連日大きく報道されています。

同社の発表によると、通信講座「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」など26サービスの顧客の個人情報が
約760万件流出。
最大で約2070万件まで増える可能性があると言います。

詳細についてはこれから明らかになるでしょうが、それにしてもこうした類の流出事件は後を絶ちません。
パソコンやスマホ、タブレットの登場で今回の通信教育事業に限らず、各種物販などの通信販売はすっかり定着してきた感があります。

そこには私たちが想像もできないほどの顧客名簿をはじめとする個人情報が存在していることでしょう。

そうなると、あらためて危惧されるのが国が進めようとしている“国民総背番号制”。

これとどう違うのか分かりませんが、既に導入が決まっている社会保障・税一体改革のための共通番号制度。
これは2016年1月からの利用開始予定。
ちなみに、これのために国民に割り当てられる個人番号を「マイナンバー」と言います。

私自身の勉強不足で“総番号制”がどこまで進んでいるのか分かりませんが、政府の究極の目的は氏名、出生地、住所、性別、生年月日はもとより、税金、各種免許、犯歴、金融口座などありとあらゆる個人情報の把握、管理にあるのでは。
うがった見方をすれば、個人の嗜好、思想信条まで把握される恐れも。

それだけでも怖いのに、これら全国民の個人情報が漏れるという恐怖。
これまでの流出事件を見る限りあり得ないことではありません。いや、絶対に起こるでしょう。

個人情報の流出ということから際限のないことまで考えが及んでしまいました。
私の杞憂であることを願います。






スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。