FC2ブログ

ブラピ やっぱりいい

日記
01 /06 2014
前から観たい、観たいと思っていた映画にようやく会えました。

タイトルは「リバー・ランズ・スルー・イット」。ロバート・レッドフォード監督、ブラッド・ピット主演。

アメリカ・モンタナの大自然にいだかれて暮らす家族の生き様と葛藤を描いた物語。
牧師で厳格な父親に育てられた息子2人が主人公です。

実直で知性あふれる兄、明るく奔放な弟、と性格はまるで違うものの、兄弟愛は深く、お互いを認め合う2人。
典型的なアメリカン・ファミリーなんですが、アットホームでハッピーな展開かと思いきや、意外な結末が待っていました。

burapi.jpg

筋立ての大きな柱は、父親が教えてくれた渓流釣り(フライフィッシング)。
小さいころから共に夢中になるが、腕前は弟のほうが上。
成人してからも性格は変わらず、堅実な兄に対し、酒や賭け事に溺れる弟。

最後は、兄が大学の教授として赴任する直前に、トラブルがもとで暴行を受け、無残な姿をさらした弟の死で物語は終わる。

正直言って観終わった後、どう受け取っていいのか分かりませんでした。
川の流れは絶えずして・・・(方丈記=鴨長明)のアメリカ版ってところなのかな。やっぱり良く分かりません。

前日に父親も含めた3人で釣りに行き、弟が大物を仕留め、祝福を受ける場面がありました。
監督としては、ここで何かを感じ取って欲しかったのかもしれません。

感想を二つ。

一つは、モンタナの自然の素晴らしさ。
山あいを流れる渓流での釣りは、釣りに縁のない私にも興奮と感動を与えてくれました。

もう一つは、弟のポールを演じたブラピと「エデンの東」でキャル役を演じたジェームズ・ディーンが重なり、しようがなかったです。
う~ん。ディーンを彷彿とさせてましたね。

なんか、うまく紹介できませんでした。
機会を見つけて観てください。感動してもらえると思います。


         運動不足のあなた
   太極拳にチャレンジしてみませんか

    DVDを観る⇒マネる⇒繰り返す
            これだけでいいんです。

画像をクリック  
スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。