FC2ブログ

しっかりしてよね アメリカさん

美容と健康
10 /18 2013
本題に入る前に、台風26号による大規模土石流被害を受けた東京都大島町の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、ご家族の皆様につつしんでお悔やみ申し上げます。

本題に入ります。

アメリカ議会の上下両院は、米政府の債務上限を来年2月7日まで引き上げる法案を可決。期限ぎりぎりで決着し、米政府の債務不履行(デフォルト)は回避されました。

今回の問題を簡単に言いますと、政府に勝手に借金をさせませんよ、ということでモメてたわけです。

際限のない国債発行は将来行き詰まってくることは自明の理。大仰に言えば、国が転覆することになります。
大きな問題になったとは言え、これはアメリカ民主政治の健全性を示すものでした。

ひるがえって日本を見てみますと、どうですか。歴代の政府は自らの失政から生み出してきた借金の穴埋めに大量の国債を発行し、現在でもそれを続けています。

いろいろ問題はあったようですが、そうした面からは見習うべきところが多々あるようです。

ところで今回の騒動を見聞きしていて、次の言葉を久しぶりに思い出しました。

“アメリカがくしゃみをすれば、日本が風邪をひく”というやつ。

昔に比べ国威、国力ともに落ちてきたと言われるアメリカですが、やはり影響力は大きい。
もし今回、債務不履行になっていたら、米国債が暴落し、各国政府や世界中の金融機関が大きな損失を出すことになる。
そこで金融機関は損失を埋めようと貸し渋りに走り、世界的な不況に陥る危険があったというわけです。

日本が風邪をひくどころか、世界中が風邪をひき、へたすれば肺炎まで引き起こすような重大事だったんです。

しかし今回の決着も来年2月までの一時しのぎ。
オバマさんも早急に根本的な解決策を打ち出さないと、アメリカに対する信頼はますます揺らぎそうです。


   「宮原もとみ」のアンチエイジング大成功マニュアル

          「美人革命」

           《画像をクリック》
      
      笑っていいとも、に出演中の宮原もとみさん


スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと2年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。