FC2ブログ

ロックからフォーク どうなってんだ?

美容と健康
10 /11 2013
今日も続き。

さて、これだけロックにハマり込んでいながら、一時期から一気に冷めてしまいました。
ツェップもあの大ヒットした「天国への階段」あたりが最後でした。

なぜかというと同じくらい関心を持っていたフォークソングに比重が移っていったんです。

ロックが嫌(いや)というより、歌詞やメロディーで訴えかける、フォークの持つ「思想性」に惹かれたと思います。

なんか、私の好みの変遷をたどるみたいな形になってしまいました。
元々自分の書きたいことを書きまくるのがこのブログのスタイル。
皆さん、我慢してお付き合いください。ゴメン!

一口にフォークと言っても、やはり好き嫌いがありました。
反戦、反安保という当時の社会風潮もあり、いわゆる、メッセージソングと言われるものを好みましたね。

具体的には高石ともや、岡林信康、高田渡、遠藤賢司、加川良、グループとしては五つの赤い風船、六文銭、等々。
いい歌、うたってましたよ。

ライブにもよく出かけ、一緒に盛り上がったものです。小さな公会堂とか教会などでもミニコンサートがよくありました。

ごめんなさい。今日もこれぐらいで勘弁ね。

最後に好きな曲を紹介します。タイトルは「遠い世界に」。
「五つの赤い風船」の曲で、教科書にも採用されたこともありましたので若い方もご存知かな?

じゃあ、1番の詩だけ。

     遠い世界に ♪     旅に出ようか ♪
     それとも赤い風船に  乗って
     雲の上を       歩いてみようか
     太陽の光で      虹を作った
     お空の風を      もらって帰って
     暗い霧を ♪      吹き飛ばしたい ♪


   「宮原もとみ」のアンチエイジング大成功マニュアル

          「美人革命」

           《画像をクリック》
      
      笑っていいとも、に出演中の宮原もとみさん



スポンサーサイト



ミドリノマッキー

ぴょん吉さんに描いていただきました。いいでしょう(^^♪

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。