FC2ブログ

バカボンのパパは偉大なのだ!

未分類
06 /03 2019
  okeiko12.png
          《初めて色を塗ったのだ》

バカボンのパパってすごいのだ。
世に名言は数々あれど「これでいいのだ」が一番なのだ。

 上司から怒られたとき上司に対し、・・・これでいいのだ
 彼女と喧嘩をしたとき彼女に対し、・・・これでいいのだ
 面接で口ごもったとき面接官に対し、・・これでいいのだ
 今、まさに死のうとするとき自分に対し、これでいいのだ

なんて言えるかな。



日々の出来事ランキング

5月もいろいろありました(^^♪

未分類
06 /01 2019
昨日で5月も終わり。毎日更新をやめて3ヶ月経ちました。
で、先月はどうだったかなと見返してみましたところ隔日更新でした。

別に意識したわけではなかったのですが、測ったように1日おき。

いいんじゃないかな。

毎日となればどうしても時間をとられます。そして疲れます。
ですから、自分はこれで良しとします。


それともう一つ特徴的なことが。
それは絵を載せ始めたこと。見たところ、毎回のように載せていました。

申し訳ない。見せられたものでないことは本人が一番分かっています。
始めのうちは自分の励みにとしていたものでしたが、最近は描くことが楽しくなってきたんです。

これからも記事に関連する絵を載せたいと思っています。ほかにも何の脈絡もなくポツンと出すかもしれません。

いずれにしてもお目汚しとは思いますが、あくまでも絵は付け足し。まだやっているのか、ぐらいの軽い気持ちでお流しください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


そうそう、もう一つ。またトラックに乗ってしまったのだ。楽しく頑張らねば。


日々の出来事ランキング

結実と早過ぎる死

未分類
05 /20 2019
    budoumi.png

みなさ~ん、見てください。ブドウの実がなってます。2ヵ所だけですが、嬉しくてもう泣きそう。
素人が分からないまま栽培。これからだって分からない。

これ食べられるのかな。一房でもいい。それだけでいい。あとは青葉若葉が茂り、棚を覆ってくれればいい。

今からそんな状況を思い描き、夢心地の自分です。


それと残念なお報せ。
旧聞になりますが日本女子ゴルフの大山亜由美プロが16日死去。25歳。
鹿児島市出身で15年にプロ入り。ここ1年間は闘病生活を送る。
16年には大手芸能事務所・オスカープロと異例の契約を結んだ注目株。

それにしても25歳ですよ、25歳。若すぎます。
賞金女王と東京オリンピック出場を夢見ていたと言います。それだけにどれだけ無念だったことか。
年の順に死ぬとは限らないか。そうすると自分などこの年まで生きていることに感謝しかありません。
同郷ということで応援していたんですけどね。残念。
心より冥福を祈ります。



日々の出来事ランキング

フードロス 消費者側にも問題あり!

未分類
02 /04 2018
                                         【晴れ・0度】
節分の日の3日が過ぎ、今年も山と積まれた食品の残骸。そう、恵方巻きの売れ残り。

さっそくコンビニによる廃棄の実態が報道されていましたがそれを見て愕然。
その量の多さもですが、もっと驚いたのはリサイクルセンターに持ち込まれた時間の速さ。当日の3日午後には運ばれてきたといいます。

          nokori.png
           《豚の飼料に処理される恵方巻きとその食材》

センター社長によると「こうした廃棄食品は店頭に並ぶことすらなく、食品工場から直送されていることが多い」とのこと。
続けて、「不足しないよう、工場側は多めに作る必要があり、大量に余ってしまうようだ」と。

近年言われるフードロスに対する懸念、批判はどこ吹く風。これは一工場の実態。全国的な規模を思えば悲しくなります。

しかも昨年あたりから高級化してきたといいますからあきれるほかなし。高価な海産品を使った1本3000円~5000円クラス、果ては1万5000円のものまで。

1本1万5000円?なんだそりゃ、と思いますよね。これは本マグロの中トロやズワイガニなどの高級食材18種を金箔のりで巻き、さらにその上にキャビアを乗せたものとか。

余剰を気にせず作れ作れのコンビニ、スーパーなど。値段は気にしない、と高級物を買い求める消費者。
いくら飽食の時代とはいえ両者とも狂っている。

恵方巻き、このブームを招来したのはコンビニなど業界にあるのは明らか。そうした「売らんかな」の姿勢に踊らされる連中は自分に言わせると馬鹿です。

自分は業界の努力でこの現状を何とかしろと書いてきたがもう無理。愚かさに気づいた多くの消費者が買うのをやめるしかない。 早く気づけよな!



日々の出来事ランキング

子離れできますか?

未分類
06 /28 2017
         saibara5.png

毎日新聞紙上でお馴染みだった「毎日かあさん」が26日をもって連載を終了、合わせて原作者の西原理恵子さんが「卒母(そつはは)」を宣言し話題を呼んでいます。

同漫画は2002年10月の連載開始から足かけ16年、週1回の掲載。家事や育児の奮闘をコミカルに描いて人気を博す。

26日にはNHK「クロ現+」に西原さん本人が出演し今回の経緯を語っていました。

西原さんはこの中で「16歳が独り立ちの時と決めていた。下の娘がその年齢に達したから」と述べたうえで「あとは自分の好きな人生を送らせてもらいます」と宣言。
実際娘さんが16歳を迎えた時、朝起こすことも、弁当を作ることもやめたそうです。

新聞社には共感の声が多数寄せられたといいますが、番組で行った街頭インタビューでは「16歳では早いのでは」「母親ってやめられないでしょう」など戸惑いの意見も。

        saibara.png       saibara2.png
                《笑って泣いて 楽しい漫画でした》

自分としては漫画「毎日かあさん」は好きでしたが、西原さんに関しては正直言っていい印象は持っていませんでした。でもこの日の西原さんを観て「いいお母さんじゃないか」と多少見方を改めたものの、やはり「普通のお母さん」とはちょっと違うかなの思いは拭いきれません。

個人的な見解ですが、こうした宣言ができるのは財政的な裏付けがあってのことで普通の家庭、普通のお母さんでは無理。高齢化社会を迎え、残りの人生を好きに過ごしたいという気持ちは分かりますが社会全体が共有できるかは疑問に思えます。

今回の宣言を受けていろいろ考えさせられた方も多いのでは。



日々の出来事ランキング

ミドリノマッキー

Palet作業員さんに描いていただきました、水神マッキー。
ちょっと恐れ多いかと思いますが、よろしくです。

古希とやらがもう目前。(あと1年) 体力気力ともまだまだ充実。元気な百歳を目指します。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。