<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

なんてったって“真理ちゃん”

 今週のもういちど流行歌」は1972年6月の曲。 
      特集は天地真理 の「ひとりじゃないの」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10        オリコントップ10  

 1位 瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)         ひとりじゃないの(天地真理) 
 2位 太陽がくれた季節(青い三角定規)     瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)
 3位 結婚しようよ(吉田拓郎)         ふりむかないで(ハニー・ナイツ)
 4位 ひとりじゃないの(天地真理)       太陽がくれた季節(青い三角定規)
 5位 さよならをするために(ビリー・バンバン) ママに捧げる詩(ニール・リード)
 6位 夜明けの停車場(石橋正次)        純 潔(南沙織)
 7位 北国行きで(朱里エイコ)         北国行きで(朱里エイコ)
 8位 子連れ狼(橋幸夫)            恋の追跡(欧陽菲菲)
 9位 ふりむかないで(ハニー・ナイツ)     子連れ狼(橋幸夫)
10位 サルビアの花(もとまろ)         待っている女(五木ひろし)

久しぶりに今週の流行歌、いってみようか。
実はこれ、「今週の」とあるように新聞紙上には毎週載っているのですが、自分の好みで選択。載せないことの方が多いのですが天地真理となったら載せないわけにはいきません。
「元祖女性アイドル」と呼ばれる真理ちゃん、愛くるしい笑顔で多くの男性をKO。世に真理ちゃんブームを巻き起こしました。使われた愛称が「白雪姫」
閑話休題
自分がトラックに乗り始めてから、無線交信のニックネームに「白雪姫」を使用。仲間から「お前にはとても似合わん」とからかわれ、「泥棒ひげ」の別称を賜った思い出も。でも使い続けました(^^♪

真理ちゃんについて書いていたらきりがないのでこの辺でストップ。
最後に、ハニー・ナイツの「ふりむかないで」
街角で女性に声をかけて振り向かせるコマーシャルのBGM。受けました。また、やって欲しいな。



日々の出来事ランキング

和牛王座決定戦 鹿児島黒牛が日本一!!

5年に1度開かれ和牛のオリンピックと呼ばれる「第11回全国和牛能力共進会」が今月7日から11日にかけて宮城県で開催され、我が郷土・鹿児島県が総合優勝(団体賞)を果たし日本一に輝きました。

        usi.png
           《513頭の牛が出品され優秀性を競った全国共進会》

今年の同共進会には雄牛・雌牛の体型の良さなど、改良成果を月齢別に審査する「種牛の部」と、枝肉の状態で脂肪の入り具合などの肉質を審査する「肉牛の部」に、全国の代表牛513頭が出品され、その優秀性を競いました。

共進会では九つの部門で審査が行われ、鹿児島県はこのうちの4部門で1位を受賞したほか出品した全ての牛が上位6席に入賞。
これにより鹿児島の和牛ブランドの市場価値を全国的に高めたわけですが、消費者への周知がイマイチ。

巷では米沢牛、但馬牛、松坂牛などが高級ブランドとしてもてはやされているのが現状。今回の共進会で鹿児島黒牛の品質が証明されたわけですから後は宣伝あるのみ。

皆さ~ん、鹿児島黒牛をお腹一杯食べてくださいね。ほんと、美味しいんですから。頼んますよ。


なお、次回大会は5年後の平成34年(2022年)に鹿児島県で開催されます。連覇を期待します。



日々の出来事ランキング

何度でも「もったいない」論議を!

以前この欄で自治体が「三きり運動」という取り組みを行い、食品ロスを無くすことを紹介。
同時にコンビニやスーパーの食品廃棄問題についても触れましたが、問題は改善されていないようです。

一昨日のネットニュースでも「販売期限切れの弁当はどうなる?・・・」のタイトルで問題提起。
そこでは、全国で一日あたり384~604トン廃棄されているとみられる食品がどこに行っているのかを中心に現場のコンビニオーナーに語ってもらい、食品ロスを無くす方向を探っていました。

この問題で自分が一番思うことは、期限切れ前に棚から降ろされるおにぎりや弁当などが、なぜ廃棄一辺倒なのかということ。

オーナーなどの証言によると、フードバンクや貧困者への寄付はもとより、知人や従業員へ与えることすらコンビニ本部から止められているとのこと。

ある自治体が貧困児童へ消費期限の迫ったパンや弁当を寄付しようとしましたが、食品衛生上のリスクで実現しなかったといいます。
このリスクとは恐らく食中毒のことと思いますが、そこまで神経質にとらえるか。

こうした事業を実現できるようにするためにも、寄付する側を免責する法整備が必要だとの声がありますが、自分は全面的にこれを支持します。

また前回も触れた、本部からの見切り販売の制限、大量発注の強制なども解決しないままです。本部側の歩み寄りによりこれらが撤廃されるだけでもかなりのロスが防げるはず。

まだ食べられる食品が簡単に廃棄処理に。日本の「もったいない」はどこに行ったのか。
国民全体で考えたい問題です。



日々の出来事ランキング

感無量!!有難うございました

終わりました。とりあえず終わりました。

とりあえず、と書かざるを得ないのが実に残念。大きな失敗をしてました。
でも、いいです。一応終わったことにします。後は後のこととしてボチボチ修復していきます。

そんなことは忘れてとにかく見てやってください。今朝注水しました。

 2ike.png
               《汗と涙の結晶 なんとか形にはなりました》


  3ike.jpg  niwa.jpg
   《この水路には最後まで泣かされました》    《廃棄物処理 上手くいったら拍手ご喝采》

二つの池はしっかりとつながり金魚君も元気に泳いでいます。まだ全部は入れてません。
それと、工事中に踏みつけたり土や石を置いたりして庭の芝も傷み放題。

また、掘り出した土の処理をどうするか悩んだのですが、捨てる方法もなかったのでそのまま積み上げました。そこに取っていた芝を張り付けて築山風にしてみました。
古くなった芝ですので見かけは今イチですが来春には新芽が出て綺麗になるのではと期待しています。

なお、失敗したというのは水路の底が高く、水を入れてみたら高さが10センチぐらいしかないことが判明。これでは小さな金魚はいいですが、大きな金魚とかコイは楽に往来できそうにないのです。

バカですよね。でも今日のところはこれで良し。

なにはともあれ計画してから約1ヵ月。散々苦労してこれだけの出来。情けない。
でも、途中で投げ出さず何とか形にしたということで、自分を褒めてやりたいと思っています。

良くやった。ご苦労さん。

最後に、この拙い池造りを多くの方が見守って下さり、さらには温かい励ましと貴重な助言を数多くいただきました。誠にありがとうございました。



日々の出来事ランキング

横文字の使用、どうしようかな!?

昨日の記事で若者言葉の氾濫について触れましたが、これに関してお二人のブロ友さんからこんな趣旨のコメントをいただきました。

「仕事や日常会話の中で英語を頻繁に混ぜて語っているおっさん世代も似たようなもの。日本語で表現できるのなら日本語で」と。
これを見て、全くその通り。我が意を得たりの思いでした。

この後、ふと思いついたのが「希望の党」代表である小池百合子東京都知事の各種記者会見での発言内容。

発言の是非はともかく何とも横文字の羅列。
「サスティナブル」「アウフヘーベン」「ワイズ・スペンディング」・・・・・、いやあ、分からん。

同じ会見の中で1回や2回にとどまらず何回も出てくる。
記者に指摘されても、「ご自分でお調べください」「調べれば覚えます」などと、のたまう。

なるほど。考えてみると小池代表も「おっさん世代」。
これでは自分の才知を誇り、悦に入るそこらあたりのおじさん、おばさんと変わらん。

いや、日本のトップを狙おうかという人物だとしたら、なおさら始末に困る。

ということで、新語造語の若者言葉に横文字満載のおっさん会話。確かに似たり寄ったり。
どうなる、これからの日本。


   若者の新語造語とかけておっさんの横文字発言と解く
        その心はどっちも分からん

お粗末さま。

ひと言。横文字の使用、分からないでもありません。横文字のほうが通用する言葉も有り。



日々の出来事ランキング

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ