<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

「カイモ」と呼ばんと落ち着かん

秋の味覚で人気のサツマイモ。ランキングにしたら1、2を争うのでは。

先日、そのサツマイモを買ってきたことを書きました。  imo6.png

ところで自分は、今もそうですがこのサツマイモという言葉に違和感があり、話すにしても書くにしても素直に表現できません。

実は鹿児島ではサツマイモをサツマイモと呼ばないんです。
じゃあ、何と呼んでるかというと「カライモ」、鹿児島弁で「カイモ」なんですね。

サツマイモは17世紀初頭に中国から沖縄を経て鹿児島(薩摩)へ。
これを幕府の御用学者であった青木昆陽が取り寄せ、栽培したことで全国に広まったといわれています。

つまり中国(唐)から伝わったのでカライモ、薩摩から広まったのでサツマイモということ。
ですから鹿児島では絶対にカライモ。サツマイモと呼ぶ人がいたらまず100%他県の人と思って間違いありません。


皆さんは「ねったぼ」というのをご存知か。
ゆでた餅と蒸したサツマイモを混ぜて作る芋餅の一種ですが、これが美味い。庶民の味と言っていい。
絶妙の味で「顎が落ちる美味さ」とはこのことをいうんですね。

まあ、呼び方はどうでもいい。食べ方もどうでもいい。
美味いからいいんです。これから本格的に出回る頃。大いに味わおうじゃありませんか。



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト

形が見えてきた ガンバレ

昨日に引き続き穴掘り。
少し木の根等が出ては来ましたが、思ったより楽に掘れました。

  ike.jpg  DSCN2495.jpg
      《予定より深くなったぞ》        《この土の山 頭痛の種が増えました》

写真のスコップを見て分かるようにかなり深め。
昨日は30センチほどと書いていたのですが、実際は50センチ超。腰近くまでありました。

まあ、いいでしょう。石を入れていけば10センチそこらは上がります。
それでも既存の池に比べれば深いのですが大きな魚を入れるつもりですのでこれで良しとします。

さて、それはそれでいいのですが問題は掘り上げたこれらの土。
予想外の多さでした。処分をどうするか頭が痛い。


昨日の記事で「次に載せるときは完成した姿を」と書いていたのですが、予定変更。

1工程進むたびに写真を撮っており完工時にはかなりの枚数になります。
それを最後に一挙掲載となるとなると記事と合わせてかなり膨らみそう、というのが理由。

ブロ友さんの助言もあり毎日とはいきませんが、その都度載せていくことにした次第です。
ヨロシクお付き合いくださいませ。



日々の出来事ランキング

さて、無理せず頑張るかな

さあ、いよいよ池増設工事の始まり始まり。
地縄張りで池だけでなく庭全体との調和を整えて準備完了。池の穴掘りにかかりました。

        DSCN2489.jpg
                《抜根に難渋 あと少し(^^♪》

とはいえ、これがまた大変。
ご覧いただいて分かる通り穴を掘る場所が芝を植えているところ。その上、芝の根に加え以前植えていた庭木の根も多少残っていたため、それらを切り取ることに難渋。

悪戦苦闘の末、写真のところまで至りホッと一息。ここで雨が降り出し今日の作業を中止したところです。

  DSCN2469.jpg  DSCN2491.jpg
    《集めた石 これも苦労しました》       《難工事のためスコップもポッキリ》

後は30センチほど掘り下げ、拾い集めてきた石を敷き詰めるだけ。そう難しくないとは考えていますが、どうなることやら。

急ぐこともないので無理せずぼちぼちやります。
この次載せるときは完成した姿をお見せできると思いますので、期待せずにお待ちください。



日々の出来事ランキング

らしくない秋の一日

すっかり秋らしくなりました。そんな中、昨日は奥さんに頼まれて一人でお買い物。
昔テレビで小さい子が「初めてのお買い物」なんてのがありましたが、なんかそんな感じ(^^♪

行った先は普通のスーパーではなく生産者が直接出している店。

でも久しぶりに行ってみてびっくり。普通のスーパー風になっているではありませんか。
ついこの間までは柱と壁を打ちつけただけのような簡易な作りで、戸板の上に自前の農作物を並べただけの店とも呼べないようなお店だったんですけどね。

店内も大きく様変わり。広く綺麗になってました。
取扱商品も野菜やイモなどの農作物に加え肉、魚、調味料も。さらには弁当や菓子類なども並び、まさにスーパーに大変身。

それでもメインの野菜類は豊富で値段も格安。
そこで目についたのがサツマイモ。税込み100円。どれだけ安いかはよく分かりませんが、予定外で200円分をついつい購入してしまいました。


ところでこのイモ、どうなったと思います?なんとなんと、大学芋に大化け。それも自作。
まあ、自作といっても小さく切って揚げただけ。たれは市販のものをかけて、ハイ終わり。とても調理とはいえませんが自分では大満足。

     imo.png     daigaku.png
     《これで100円 どうなのかな》     《焦げ目がきついのはご愛敬》



日々の出来事ランキング

後世代に残すな!借金の山

いよいよ選挙戦へ。今回の総選挙、安倍総理の“自己保身解散”といっていい。まあ政治家ですからそれはそれでいいとしましょう。ただ、その理由がいかん。

それは安倍総理が解散の理由の一つに挙げた「消費増税使途の変更」だ。

従来の公約では税率を10%に上げて得た増収分のほとんどを借金の返済に充てるとしていました。つまり財政再建です。(社会保障充実も多少あり)
今回はそれを変更し、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減に充てるとしました。それはそれで大変結構なこと。

しかし、これはどう見ても“取って付けた感”が否めない。

自分が我慢できないのはここです。
選挙目当てだけに選挙が終わったらこの公約もどう転ぶか分からない。

いいですか、財政再建。
これは今では避けて通れない喫緊の課題なんです。膨大な借金はあらゆる政策遂行の枷になっています。
予定変更なんてとんでもない。今でも遅いぐらいなんですから。

現在の政治状況に関して言いたいことは山ほどありますが、ここでは触れません。

しかし、財政再建の旗だけは降ろすなの一点。繰り返しになりますがこれだけは言います。言い続けます。



日々の出来事ランキング

とんだ、おそ松さんでした

昨夜は随分寒かった。午前4時ちょい前だから昨夜というより朝方だな。

震えが止まらなかった。

寒いぞ、と感じて目が覚めた。それだけならまだしも身体が震え出したんです。
思わずタオルケットを身体に撒きつけ、イモ虫のように身体を丸めても止まりません。

そう、まだタオルケット1枚だけだったんです。

仕方なく毛布を出そうと起きたものの、どこにしまってあるかが分からない。
どうしようもなく奥さんを起こして出してもらうという騒ぎに。

ブツブツ飛び出す小言ををしり目に、「季節の移りを実感しろよ」と自分自身を叱責。
いけませんねぇ。

結局、後は眠れず起きてしまったという顛末。

すみません。ただこれだけです。
まあ、風邪をひかなかっただけでも良しとしましょう。 お粗末。



日々の出来事ランキング

久しぶりの運動会 堪能しました

昨日、うちの奥さんが働いている保育園の運動会があったので、内緒でちょこっと覗いてきました。

天気は良かったのですが、秋晴れの下で、というわけではないんです。
写真を見ていただいて分かる通り屋根付き運動場。ちょっとぐらいの雨なら決行できるという配慮からでしょうね。

        undoukai.png
           《楽しめました。でも、やっぱり秋空の下がいいな》

それにしても運動会っていいね。保育園の運動会というのに血沸き肉踊ります。
よちよち歩きから颯爽と走る姿までさまざまですが、実に微笑ましく楽しい。自分の子が出るわけでもないのに力が入りました。

それと競技中や編成時に流れる音楽がまたいい。
さすがに「天国と地獄」や「道化師のギャロップ」など小中学校の定番曲は流れてませんでしたが、こちらは幼児向け定番の「アンパンマンのマーチ」や「勇気100パーセント」が鳴り響き、会場を盛り上げていました。

それから観客が多いのに驚きました。両親はもとよりお孫さん目当てのお年寄りが多かったです。
これも小学校ぐらいまでかもしれませんね。中高生になるとせいぜい母親ぐらい。来るなという子もいるぐらいですから味気ないというか情けない。

なにはともあれ、なんともいえない時間の経過。行ってよかったです(^^♪


そうそう、会場の屋根付き運動場は保育園の施設ではなく市の施設。念のため。



日々の出来事ランキング

寂しかったです(泣) 流行歌なのにゴメン

 今週のもういちど流行歌」は1974年10月の曲。 
         特集は中村雅俊の「ふれあい」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10               オリコントップ10

 1位 精霊流し(グレープ)            ふれあい(中村雅俊)
 2位 岬めぐり(山本コウタローとウイークエンド) よろしく哀愁(郷ひろみ)
 3位 ふれあい(中村雅俊)            ちっぽけな感傷(山口百恵)
 4位 結婚するって本当ですか(ダ・カーポ)    想い出のセレナーデ(天地真理)
 5位 傷だらけのローラ(西城秀樹)        恋の大予言/上級生(フィンガー5)
 6位 よろしく哀愁(郷ひろみ)          精霊流し(グレープ)
 7位 夕暮れ時はさびしそう(N・S・P)     岬めぐり(山本コウタローとウイークエンド)
 8位 理 由(中条きよし)            傷だらけのローラ(西城秀樹)
 9位 旅 愁(西崎みどり)            理 由(中条きよし) 
10位 ちっぽけな感傷(山口百恵)         北航路(森進一)

1974年、曲以前に強烈な思い出が。
それはこの年、読売巨人軍・長嶋茂雄の引退。「我が巨人軍は永久に不滅です」の言葉、忘れられません。
流行歌の話なのにすみません。

さて、中村雅俊の「ふれあい」いい曲です。詩もいい。
   〽「悲しみに出会うたび あの人を思い出す」に始まり
     〽「ひとはみな一人では生きてゆけないものだから」で終わる。
他にもいい曲ばかりですが自分的には「岬めぐり」「結婚するって本当ですか」「夕暮れ時はさびしそう」「旅愁」などなど。

お若い方には毎度毎度スミマセン。この時代、こんな曲が流行っていたか、という程度で流してくださいませませ。



日々の出来事ランキング

元気もらいましたよ~(^^♪

先日(19日)ミュージックステーションが「10時間超生放送・ウルトラFES」なる特番をやったことはご存知の方も多いのでは。
元気の出る曲に絞ってリクエストを受けたベスト100曲を紹介するというので、普段あまりテレビを観ない自分も興味津々。

とはいえ、10時間ですからね。全部通しで観るわけがなくすべてを録画。
それを昨日再生。ここでもすべて観るわけではなく早送りしながら自分の関心のある曲、場面だけを編集したというわけです。

大型特番だけに出演した歌手は豪華でしたが、自分の趣味に合わない顔ぶれとリクエスト曲が多く時間の割にはつまらなかったです。(あくまでも個人の感想)

それでも録画時間は2時間近くに及び、DVD1本分にはなりました。

  kemono3.png   kemono2.png
   《けものフレンズのサーバルちゃん》     《どうぶつビスケッツ+かばん×PPP》

この中で特に元気をもらったのは、きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」と、どうぶつビスケッツ+かばん×PPPの「ようこそジャパリパークへ」の2曲。

いずれも甥や姪の影響。さっき録画した場面を観せたら大喜びで歌い踊ってました。

特にジャパリの歌詞は秀逸で「けものは居るけど、のけものは居ない」なんてところは感動もの。決めどころの「今日もどったんばったん大騒ぎ♪」のフレーズは後まで頭に残り困ったものでした(^^♪



日々の出来事ランキング

路駐アカン!と、言われてもねぇ

「仮眠トラック、路駐アカン」の見出しで路上駐車取り締まりのニュースが載ってました。

届け先の近くで仮眠をとりつつ門が開くのを待つもので、この地に限らず全国どこでもあります。

         torakku.png
                《記事ニュースより》

記事中に「違法だということは分かっているけど、大目に見てほしいと思う部分もあるよ」との声が上がってました。これ、運転手の切実な思いでしょう。

身につまされます。自分らもそうでしたから。

トラック運転手に一番求められるのは「時間厳守」。だから不眠不休もあったし、やむを得ず速度超過することもある。
今回のような路駐もそのため。

確かに近隣の住民にエンジン音と排気ガスは迷惑。事故の誘発も考えられます。
ですから、残念ながら運転手さん側にどのような理由があろうとも許されることではありません。

解決策には余裕のある運行体制の確立。つまり運転手が無理をしないで積み下ろしできるような時間調整を図ること。これには荷主や届け先の理解が必要です。

なにはともあれ、この問題は運転手個人だけの責任ではないということ。分かって欲しいな。



日々の出来事ランキング

昔の川を返せ~

昨日、あまりに天気がいいので魚捕りに出かけてみました。
場所は先日紹介したこともある和田井堰。例のカモ君たちがいたあそこです(^^♪

行ってみてびっくり。
なんと西側のほうが公園として整備されていて、30台ほどが止められる立派な駐車場もありました。先日来たときは川面だけに気を取られ気付かなかったんです。

つまり、この前写真に撮ったあの辺りも公園の一部だったというわけ。自分が小さい頃遊べる場所はそこだけで、入り口も東側のこちらからだけだったんですけどね。

ほんと、立派になっていて感動的ではあったんですが、ちょっと不満も。
写真にある通り柵が設けられ川への立ち入りを制限。昔は泳いだり、釣りをしたりしたものでしたが現在では御法度のようです。

ということで魚捕りは断念。さすがに人前では強行できず。
コイかフナか不明ですが魚影は見えていたし、岸辺ではメダカも泳いでいたので残念至極。
整備され過ぎるのも考えものですね。

それはそれとして、その変わり様を写真で紹介してみますのでご覧ください。

  kouen4.jpg    kouen5.png
           《広~い、ゴルフ場みたい》             《河童もいるの?》


  kouen2.png  kouen3.png
     《遊具も有り家族連れが興じる》         《全て柵で囲まれています》



日々の出来事ランキング

小さな命 天まで届け

台風一過、昨日今日と秋晴れの好天が続いています。
直接の陽射しは強いものの陰に入るとひんやりと心地よく、季節の移り変わりを感じます。

         semi.png
            《まだ頑張ってたのか、偉いぞ》

そんな中、倉庫の中を片付けていたらどこかで「ジジジ~」とけたたましい音が。
羽音のようでしたので蜂でもいるかと身構えましたが、よく見るとなんとセミ君ではありませんか。

まだ頑張ってたんですねぇ。

自力で出られないようでしたので軽くつかみ外に出したところ元気に飛び立っていきました。

まだ生まれたてのようでしたが、その彼も1週間ぐらいの命か。
飛び立った方を見やりながら「精いっぱい生きるんだぞ」と柄にもなく感傷的になったものでした。



日々の出来事ランキング

疲れましたよ~

こんにちは。
台風18号は日本列島をほぼ縦断し各地に大きな被害をもたらしました。
現時点では北海道付近にまだとどまっている様子。当該地方の皆さん十分にお気を付けください。

自分ところも直撃し心配しましたが、幸いにも大した被害はなくホッとしたところです。
一時は自分の家もさることながら高齢の親戚宅を訪ね台風に備えるなどバタバタし、来る前から疲れたものでした。

そんなこんなでブログも休止状態でご迷惑をおかけしました。
ただ、まだ片付けなければならないことなどもあり、今日まではご勘弁願います。


皆さまのところには後ほどお邪魔しようとは考えておりますのでよろしくお願いいたします。



日々の出来事ランキング

台風18号、様子見してます

こんにちは。
台風18号の接近に伴い、当地に避難準備情報が発令されました。
警報の中では一番軽微なもののようです。

事実、現在(午後2時15分)までのところ雨、風ともなく静かです。
しかし天気図を見るとまともに九州地方を向いており、油断はなりません。
物が飛ばないように補強、片付けは終わりました。後は様子見といったところ。

ということで本日はこれで失礼します。
お訪ねするのも明日にさせていただきます。(明日のほうがもっとひどかったりして)

皆さんもお気をつけて。



日々の出来事ランキング

池の拡張作戦発動!

今日は久しぶりに池の話題。
以前から何とかしたいと考えていたのですが熟慮の末、池を拡大することにしました。

 ike.png  isi.jpg
     《既存の池と新規の池をつなぎます》         《基礎部と飾りに使います》

池の形、広さ、深さをどうするかなどと検討事項はいろいろありましたが、庭の広さなどを考慮して次のように決定。

形としては従来通りの長方形がやりやすい。が、それではつまらない。円形も考えましたが全体の調和から合わないのではと考え、両者の間を取って楕円形に決定。(写真参照)

広さはこれまでの池と同程度にし、深さは大き目の魚を入れることを想定してこれまでより深めに。

そこで、どんな魚を新たに入れるか。
金魚は現在16匹いるのでこれぐらいで良しとし、後はフナとコイを考えています。

フナは売ってないので川で捕ってくるしかありませんが、コイは買うことになりそう。コイも捕れたらなおいいのですが。

実はもう始めてるんですよ。

まずは池作りに欠かせない石集めから。池の底部や壁部はもとより池周りの飾り石まで数多く必要。
現在、写真にある通りですが、これではまだまだ不十分。これの2~3倍は要るのでしばらくはかかりそうです。

作業工程が進んだらまた載せますね(^^♪



日々の出来事ランキング

高齢者の定義は?

昨日庭掃除をしていたら班長さんがみえて町内会からの年寄りへの祝い品を渡された。自分へのものかと思ったら、さにあらず。

隣に姉夫婦が住んでいるのですが、不在の様子で預かってもらえないか、とのこと。つまり義兄へのものだったという次第。義兄は昨年喜寿を迎えた立派な年寄り?

義兄にきて自分にはこない。これは自分は年寄りとみられていない、ということではないか。
それを知って嬉しいというほどではありませんが、ホッとしたような複雑な気持ちでした。

自分でいうのもなんですが、ちょっとそっとの力仕事でもまだまだOK。
確かに現在の60代は若い。老人会に60代の会員はほとんどいないと聞きます。(自分も入っていない)

昨日の新聞に年金「70歳以降も選択制」なる記事が載ってました。
現在の年金の受給開始年齢は原則65歳。ただ、60から70歳の間で開始年齢を選ぶことができるのですが、これを70歳以降でも選べるようにしようというもの。

これもやはり今の高齢者は若い。だからもっと働いてもらおうという流れの一環のようで何とも不愉快。
身体は動くが余生は自分の趣味特技を生かした暮らしをと考える方は多い。その辺分かってないのか

そんなに年金を払いたくないのかねぇ。

先ほど義兄のことを「立派な年寄り」なんて書きましたが、そんなことはない。趣味の写真撮りに毎日のように駆け回っており、自分より若いぐらい。まだまだ元気ですよ。



日々の出来事ランキング

休場多発、救世主の出現に期待

大相撲秋場所が始まって3日。何とも締まらない場所になってきました。
場所前に横綱3人を含む5人が休場。それに加えて昨日2人が休場し、合わせて7人に。

自分は昔から大相撲を楽しみにしています。
時代時代に強者や巧者が現れ、土俵を盛り上げてきたのはご承知の通り。あの顔この顔が浮かびます。

近年は白鵬が一人横綱として人気を支え、今年初めには19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里が登場し相撲人気を高めました。

その2人が休場の上、進境著しい大関高安、小兵力士として人気の宇良までいないとあっては寂しいことこの上ない。

怪我であれば仕方がない。じゃあ、どうして怪我が多いのか。
いわれているのが巡業の過密日程による疲れ。それと相撲の基本中の基本といわれるシコの量と質の低下が指摘されています。

まあ、原因はいろいろあろうかと思う。しかし、そこはプロ。
会場を訪れる客はもとより、テレビ桟敷のファンをがっかりさせないで欲しいものです。

残された力士一同で場所を盛り上げてもらいたいが、ここまで大関陣が豪栄道の2勝1敗、照ノ富士の1勝2敗と安定せず、一人横綱の日馬富士も昨日敗戦。
さらにこれを補うべき小結、関脇陣が壊滅状態とあっては先行きどうなることやら。

どこかに光明を見出したいのですが、それもなし。救世主は現れぬのか。



日々の出来事ランキング

男子厨房に立つ

初めての菓子作り。どうなることやらと案じていたものの何とかクリア。
ただし、出来のほうは悲惨。

取りあえず結果は次の通り。

  DSCN2432.jpg  DSCN2439.jpg
      《オーブン投入前の生地》              《一応完成品》

四苦八苦の途中経過はカット。見事に膨らみませんでした(泣)
「これがシュークリームか?」「一応そうだ」と、自問自答。とはいうものの自分の憧れるシュークリームには程遠い。

初めての体験、頼りの奥さんの不在、調理器具の不備など悪条件を考えたらこんなもの。いや、上出来。
なお、カスタードクリームまで自作。念のため。


自分には考えられない行動だった。経緯は、先日菓子に関する記事を掲載。
ブロ友さんにいただいたコメントの中に「これはシュークリームを作るという話の前振りですよね」という、挑発ともとれる発言が。

そこで、どうするかと一思案。
自分にできるとも思えないが試しにやってみるのも一興、と決断。「どうなるか知らんぞ」を口にしながらケツをまくったという次第です。(お下品で申し訳ない)


まあ、こんなもの。
ちなみに材料を買うために訪れた店には4個で280円のシュークリームが売り場に鎮座。材料費以下出費が千円以上。
やっぱり、こんなもの? おっと、味のほうは「いいじゃない」の合格点(甘)をいただきました(^^♪

これでしばらくはないな。初体験の顛末でした。



日々の出来事ランキング

死とは、生きることとは

自分は今、朝夕「般若心経」を唱えています。
きっかけは元キャスターで歌舞伎俳優・11代市川海老蔵の夫人であった小林麻央さんが亡くなったこと。
それ以来です。

麻央さんといえば良き夫と子供に恵まれて幸せの絶頂。下世話に言うと金と名声に包まれて周囲から羨望の目で見られる存在でした。しかもまだ三十代半ば。

そんな人でも死ぬという無常。その時、思わず般若心経が口をついて出たんです。

考えさせられましたよ。彼女に限らず人は死ぬ。病でなく事故においても。時と場所を選ばない、というより選べない。

般若心経、どの言葉にも奥の深い尊い心理が込められていますが、自分の心に一番入り込んだのがブログの標題にも掲げている「色即是空」。

一般にこの言葉は「物欲は空しいものだ」と解釈されています。
自分の読んだ本には「どんなに美しい人でも、やがて老いて亡くなり、どんなお金持ちでも、あの世にお金をもっていくことはできない。すべては諸行無常である」と記されていました。

金や名声があっても幸せとはいえない。もちろん有ったに越したものではなく、多くの人がそれを望む。
それはそれでいい。ただ、それにこだわってはいけないということ。

自分も還暦を過ぎてそのあたりが少し分かってきたような気がします。ようやく分かったか、って感じですがまだ遅くはない。
そんな心持で残りの人生を生きていきたいと思っている今日この頃です。

お若い皆さんもちょっとは考えてみてください(^^♪



日々の出来事ランキング

どちらも最高!!

恥ずかしながら、若い頃初めて食べたシュークリームが衝撃。世の中にこんな美味いものがあったのか、の思いを今でも忘れません。


    okasi.png     okasi2.png
 《自分にとっての最高級菓子・シュークリーム》    《鹿児島名物・しんこだんご》

それまではお菓子といったらふくれ菓子一辺倒。母の手作りでこればっかし。
おっと、“しんこだんご”があったんだ。これを忘れてはいけない。母ちゃんゴメン。

しんこだんごは小さな団子を4、5個串に刺し、表面を焼いて醤油ダレで味付けしたものですが、これが鹿児島だけのものだということを長じてから知りました。

全国的には類似品にみたらし団子とかいうものがあるようですが、そんなもの知ったこっちゃない。自分にとっては、しんこだんごがすべて。

なんか話がそれたようですが、ともかくシュークリームはそんな母の味を凌駕してしまったんです。

シュークリーム。どこの誰がいつ、どういう経緯で作ったのかは知らないし、知る必要もありません。
最近の洋菓子ではバウムクーヘン、プリン、エクレア、タルトと枚挙にいとまがありませんが、それでも自分的にはシュークリームを超えるものなし。

と、いったところなんですが最近またまた変化が。
勿論今でも大好きですよ。ただ当時の感激が少し薄まったような。逆にふくれ菓子、しんこだんごへの思いが強まってきてます。

すみません。
結局、いろいろ書いてますがどちらも好きってこと。別にどっちかを一番にしなくてもいいんだ、と気づいた自分。
ということで両方とも美味しくいただくことにします。

な~んか、まとまらなかったな。ほかに言いたいことがあったような・・・



日々の出来事ランキング

雨の日の一日

一昨日からの雨でせっかく涼しくなったのですが、今日はまた朝から強い日差しが照り付けています。

さて、昨日は珍しく奥さんのお供でスーパーに行ってみました。
入り口付近には里芋、サツマイモ、カボチャ、バレイショほか多数の野菜がズラリ。

          DSCN2429.jpg
                《優に30センチはあったかな》

中でも目を引いたのが冬瓜(トウガン)、でかいので真っ先に目が行きました。ちょっと高いですが、でかいのと日持ちがいいことで買ってみることに。

それとバレイショが北海道産となってたのが驚き。北の果てから南の果てまで、よくぞ来てくださったという感じ。
どれぐらいの流通業者を通しているんですかね。元運転手はそんなことを考えてしまいました。


     kamakiri.png
             《オヤッ、気付かれたか?しっかりカメラ目線》
それと、これ。
昨日雨の中、足元で何か動くのが目に留まり見やるとカマキリ君。
それにしても格好いいよね。昆虫の中では一番好きです。



日々の出来事ランキング

さすがのクロネコ 困った

いやあ、驚きましたね。

クロネコヤマトが3600万個の荷物を抑制するというんです。
当初は8千万個減らすことを計画。そのために値上げして法人客を減らそうとしたらしいのですが、値上げを認めて取引の継続を望む会社が予想以上に多かったのだとか。

普通、運送会社といえば取り扱い荷物を1個でも増やして業績を上げようとするもの。それを自ら減らそうというんですからちょっと前なら考えられないこと。

そもそもの発端は取扱量が飛躍的に増加し、社員の時間外労働に頼らざるを得なくなったことから。そのための改善策だったのですが完全に裏目。しかもこの間にも荷物量は増えているといいます。

減らそうとしている8千万個の荷物。中小の運送会社でこれだけの数を抱えている会社はそうはないでしょう。
さすがはクロネコといったところですが、このままでは社員の労働条件を改善しようという「働き方計画」もとん挫。

それにしても資本主義経済の本質に背反する今回の動きですが、元々労働者を酷使し利益を追い求めてきた経営者側の姿勢が招いたもの。

ここは初志貫徹。とにかく取扱量に見合った社内体制を確立し労働者の働き過ぎを根絶。そうでもしないと絶対に解決しません。
ただでさえ運転手の不足がいわれる今日。ヤマト運輸の本気度が問われます。



日々の出来事ランキング

わが胸の燃ゆる思いに比ぶれば・・・

昨日掲載の「トラック野郎」、触れられなかったこともあったので今日もちょこっと書かせてください。
鹿児島の良さ、文太さんの良さが出てました。

      bunta2.png
            《桜島を望む島津家別邸・磯庭園でのワンシーン》

映画のシーンに「あっ、あそこだ」と自分の知る地が次々に映し出される。
この映画が公開されたのは1978年(昭和53年)、今から約40年前。街並みや建物は変わってますが雰囲気はそのまま。また山や海の自然の造形物は変わらず美しいです。

昨日も書きましたように格好いい文太兄貴もこの映画では三枚目扱い。こんなシーンがあり笑えました。

  ヒロイン役の夏目雅子がこうつぶやくんです。
     「わが胸の燃ゆる思いに比ぶれば 煙はうすし 桜島山」

  これに対し、我が桃次郎は
  素敵な歌ですね。僕もこういうのを知ってます。
     「燃えて上がるは オハラハァ~ 桜島」
           ・
           ・

  やっぱり、雅子さんの歌のほうがいいですね。


こんなとぼけた味の文太さんも良かったです。
後にスタジオジブリ製作のアニメ映画「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)で演じた「釜爺」につながっているようです。


※なお、雅子さんがつぶやいた歌は幕末動乱時に維新志士・平野 国臣(ひらの くにおみ)が詠んだもの。



日々の出来事ランキング

忘れられない娯楽大作

久しぶりに菅原文太さん主演の「トラック野郎」を観ました。DVDで。
我が郷里鹿児島を始め九州各地を舞台にしたシリーズ6作目の “男一匹桃次郎”

      dekotora.png
       《爆走する“一番星” 自分の車はこんなに飾り立てていませんでした(^^♪》

ストーリーは簡単明瞭。文太さん演ずる桃次郎が大型デコトラで全国各地に出没。その地で知り合ったマドンナに恋して最終的にはふられるというお決まりの展開。

ですから中身については触れません。

 dekotora5.png dekotora3.png
     《永遠のマドンナ 夏目雅子》          《睨まれたら怖い 文太兄貴》

ただ、この回ではそのマドンナに自分にとって永遠のマドンナ、夏目雅子さんが登場。ストーリーそっちのけで彼女の姿を追い続けました。

作品自体がコメディータッチの性格上文太さんは終始三枚目扱いですが、ここぞというときのあのキリっとした表情、立ち回りは迫力十分。しびれます。

何はともあれ自分にとってこの映画はマドンナの夏目雅子、憧れの菅原文太に尽きます


おっと、もう一つ。
ハイウェイを驀進する大型トラック、市場で荷物を降ろす作業、さらに簡易コンロ等で煮炊きし食事をとる場面などが自分には懐かしく、不覚にもウルウルきたものです。

それと自分の無線仲間でコールサイン“ピンクの桃次郎”を名乗るのがいたんですが、今ごろどうしているのやら。そんなことも思い出してしまいました。



日々の出来事ランキング

こいつ、どうしよう

困ってます。
キジバトがここ2ヶ月ほど前から寄り付いてるんです。

鳴き声は以前から聞こえてましたので近くに住み着いているのは分かってましたが、まさか間近に迫ってくるとは思ってもみませんでした。

別に悪さをするわけではないですから放っておけばいいのですが、そうもいかないわけが。

  hato4.png  hato5.png
      《怖がる様子はありません》           《美味しそうにゴクゴク》

そのわけとは。
最近、池の金魚君たちが水草に隠れてあまり出てこないな、と思ってたのですがその理由がこのキジバト。
写真にある通り池の水を飲みに来るんです。日に1回か2回。それも毎日。

普段はワニ君の頭に乗って飲んでいるのですが、写真を撮ったこの日は自分がその近くにいたためか反対側に着地。

この池では以前から書いてきたように、トンボや蜂などが水飲みの場として活用してくれています。
ビオトープの一環としても嬉しいなと思っています。

ですからこのキジバトが来てくれること自体は歓迎すべきことなんですが、金魚君たちが怖がることが困りもの。キジバトが金魚を襲うとは考えにくいのですが・・・

そういうことで、追い払ったものかどうか現在思案中。さて、どうしたものか。



日々の出来事ランキング

強し!!上位者も撃破・藤井四段

        hujii3.png
                《読みを入れる藤井四段(右)》

いやあ、やっぱり大物だぁ~

今朝のNHKの将棋トーナメント、いつもと違う。対戦者が森内俊之九段vs藤井聡太四段。
あの天才中学生と永世名人との激突。

しかもNHKは録画放送を生中継に代えての太っ腹放送。
その上、普段は一人の解説者を二人登場させるなどの特別扱い。開始前からいやがうえにも興奮しました。

そんな騒ぎをしり目にこの天才中学生、冷静に対応。そして勝つんですよ。
やはり29連勝は伊達じゃなかったということ。

連勝記録が途絶えた後、少しやんでいた藤井フィーバー。今回の勝利でまたまた火がつくこと間違いなし。

上位クラスでの活躍が待ち遠しい。



日々の出来事ランキング

「ア・イ・シ・テ・ル」って言える?

新聞紙上で「愛してる、って言ったことがある?」というテーマでアンケートを取っているのを見ました。
結果からいうと「言ったことがある」と答えた人が過半数の53%。まさに驚き。自分にとっては信じられない数字です。

自分は勿論言いません。いや、言えないが正解。自分が育ってきた風土、時代が大きく関係していることは間違いない。

これに似た言葉に「好き」というのがある。自分的にはこちらも素直に出るとは言えないが、まだまし。
「愛してる」は直接過ぎると思いませんか?そう思うこと自体が昔人間の証しか。

先ほど亡くなった小林麻央さんがご主人の市川海老蔵さんにかけた最後の言葉が「愛してる」だったといいます。このお二人には似合いの言葉かもしれませんが、やはり自分には縁遠い言葉。

たぶん自分が死に際に言葉を発することがあるとしても「愛してる」はない。せいぜい「ありがとう」ぐらいかな。

アンケートに答えた福岡の50歳女性が次のようなコメントを発していました。
  「愛してると言ってくれる相手がいる人は幸せ。愛してると言える相手がいる人はもっと幸せ」

なるほど。
みんな「愛してる」と言える人を求め、「愛してる」と言われることを望んでいるのか。

それでも自分は、言えな~~~い。



日々の出来事ランキング

ランドセル ブランド物が必要?

一昨日の朝刊一面インデックスに「『ラン活』焦り過ぎないで」とあり、何じゃこりゃ。
その面に行ってみると何のことはない。
気に入ったランドセルを手に入れるための活動、それで「ラン活」

就職活動の「就活」に始まって「何たら活」が大流行り。
「ここまで来たか」といったところですが、中身のほうも「ここまで来たか」とゲンナリ。

何が?というと、ランドセルの購入時期が年々早まっているとのこと。自分らが思う時期は1、2月。ところが2011年には11、12月、14年にはお盆の頃に。そして昨年は7月にピークが来たという。ブランド物が欲しくて急いで駆けつけるんだと。

それとランドセルも多様化。
これまでは男の子なら黒、女の子なら赤とシンプル。ところが現在は12色の色鉛筆を見るようで実にカラフル。その上、内側のデザインや刺しゅう、縫い目など細部に趣向を凝らすなど至れり尽くせり。

そのためか値段も上昇傾向にあり、1982年に1万8千円だった平均価格が2014年には4万円を超えたという。

それにしても、ちょっと異常じゃないですか。
6年間もてばいいんですよ。教科書が入ればいいんですよ。自分が思うに1万円前後で十分。

子供の貧困などが社会問題化している今日この頃。教育委員会も学校も考えて欲しいものです。



日々の出来事ランキング

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ