<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

今日はお掃除日和 がんばります(^^♪

こんにちは~ 久しぶりの雨。お湿り程度ですが。

今日は朝から部屋の片づけ、お掃除。
普段片付けてないんですね。山ほど出てきました。

その中にビデオテープがあり、数えてみたら購入したもの、録画したもの合計200本近くも。何本か手にしてみましたが懐かしいものばかり。でも、もう再生プレーヤーも持ってませんので涙を飲んで破棄することにしました。
なお、どうしても残したいものは数年前にDVDに再録画していたんですよ。

あとは倉庫の古本、古雑誌だけ。近く手をつけるつもり。


さて、残り頑張りますか。まだ途中なんです。ということで訪問のほうはお許しを 🙇



日々の出来事ランキング

スポンサーサイト

う~ん、いろいろありましたね

今日は特にテーマもないのでここ1週間ぐらいの出来事で自分が気になったことを書いてみました。


順不同ですが、まず連勝街道まっしぐらの将棋プロ藤井聡太4段

今月25日にあった第30期竜王戦6組ランキング戦の決勝で近藤誠也五段(20)に勝ち、プロ入り以来続けている連勝を19に伸ばしました。
このまま勝ち進めば、実質デビュー1年目となる今年、いきなり渡辺竜王への挑戦権を獲得することも有り得ます。恐るべし新4段。どこまで続くか楽しみ。


            aityan.png
              《最後の挨拶で感極まる、あいちゃん》

次は女子プロゴルファー宮里藍選手の引退発表

寝耳に水。まだ31歳、これからじゃないですか。ほんと、驚いた。
実績に関してはもういいよね。まだ若いけど女子プロ界における“あいちゃん”の貢献は絶大。
それにしても可愛かったな。笑顔がよかったよね。やっぱり残念。


それから自分が若い頃大ヒットした「トップガン」続編制作のニュース

主役を演じたトム・クルーズが明らかにしました。実現すると約30年ぶり。ちょっと間が空きすぎ。
どんなものになるものやら。


最後に007でボンドを演じたロジャー・ムーアの訃報

3代目ですが実質2代目ともいえるロジャー。1973年に8作目から登場。初代ショーン・コネリーのイメージが強かっただけにどうかと思いましたが、甘いマスクとユーモア溢れるキャラクターで歴代ボンドの中でも1、2を争う人気を集めました。
自分的には「ユア・アイズ・オンリー」が一押し。



日々の出来事ランキング

全お馬さんへ 感動をありがとう!

昨日、第84回日本ダービーが東京競馬場で12万人の大観衆を集めて開催されました。

普段競馬をしない人でもこの日ばかりは馬券売り場に並ぶと言われてきましたが、自分もその口。

昔は競馬に限らず競輪、競艇、麻雀、パチンコ、果ては花札、トランプまでギャンブルに明け暮れた毎日。
それが何の前触れもなく20年ぐらい前にピタッと止まる。自分でも不思議。

それでも先に書いたようにダービーだけは続いてきました。しかし投票に使うお金はせいぜい3千円ぐらいまで。まさに遊びです。

昨日もその例にもれずささやかな投資。惜しくもすべて外しましたが楽しめればそれでよし。


         keiba.png
   《2014年生まれのサラブレッド7015頭の頂点に立ったレイデオロ 美しいですね》

それにしてもお馬さんのきれいなこと。
黒光りする肌に筋肉美溢れる引き締まったボディー。まさに芸術品。

走るためにだけ生まれてきたサラブレッド。その一生は厳しく、ダービーのような晴れ舞台に登場できる馬は一握り。
それだけに本場場での高揚感、達成感が走る前から感じられ、知らず知らず興奮。最近ではどれが優勝するかなど、どうでもよくなってきました。

お馬さんに「ご苦労さん、有難う」の言葉をかけてあげました。



日々の出来事ランキング


まだまだ血は熱い!!!

昨日、以前勤めていた会社の同僚からメールが届いた。

いま富山県にいる。能登半島にちょっと入ったところ、とのこと。これから長野へ向かい残りの荷を下ろし、その後大阪で下り荷を積んで帰るという。


いいなぁ~    腕がなる、血が騒ぐ。

今でもこうしたメールのやり取りを続けていますが、そのたびにこうした気持ちになる。


現役時代、仕事が嫌だと思ったことは一度もない。「つらい、きつい」と思ったことはあるが(^^♪

それ以上に楽しかったのだ。
知らない道を走り、知らない土地で知らない人と語る。もちろんハンドルを握る喜びもあった。

そうしたことのできない現在はメールをもとに想像を膨らませる。「そこを抜けたら〇〇に向かう。そして、その先を右へ曲がる」などと。

それしかない(泣)



日々の出来事ランキング

改めて思い知らされた賢治の凄さ

ブロ友さんの「本はいろんなことを教えてくれる」の言葉に触発されて久しぶりに本を読んでみることにしました。

そこで選んだのが本棚の隅に眠っていた文庫本の宮沢賢治「風の又三郎」
この文庫本、昭和四十六年八月十日(十七刷)発行の古本。まさに「眠っていた」ものを揺り起こしたようで、本自身もビックリするとともに再び日の目を見て喜んでいるのでは。。。

標題の「風の又三郎」のほか、11の短編から成る童話集。一気に全篇読破しましたが、どれをとっても心に残る作品ばかり。

賢治の作品は、地方の訛りがふんだんに使われ、素朴で泥臭い。意表を突かれる言葉使いや思いもつかない比喩に驚かされます。
そして作品の中に隠された思い、主張に突き動かされて読了した後にその先の物語を自分勝手に思い描いてしまう。楽しくもあり、怖くもあるつくりだと思います。

特に印象に残ったのが「注文の多い料理店」「オッペルと象」「セロ弾きのゴーシュ」の3篇。

中でも「注文の多い料理店」

またまた漫画の話になり恐縮ですが、若者の間で大人気の、人間と食人族の戦いを描いた「東京喰種トーキョーグール」という漫画・アニメがあります。
この中で人間を美味しく食べるために身体を洗わせたり着替えさせたりと誘導するシーンがあるのですが、これってまさに「注文の多い料理店」そのもの。

自分が言いたかったのは賢治作品の凄さ。

約100年前の作品がこうした若者の人気マンガに影響を及ぼすんですからたまりません。まあ、読み直してみると「注文の多い料理店」自体がダークファンタジーと呼ばれる今どきのジャンルにすっぽり収まる。
そんな先駆性もあるんだと驚嘆した次第です。



日々の出来事ランキング

大島紬とのコラボシャツはいかが

お元気ですか。暑さ(蒸し暑さ)に負けないで頑張りましょうね。

さて、皆さんはこんなシャツご存知かな。
これは鹿児島の伝統工芸品である大島紬とエコシャツをコラボしたというもので、「鹿児島しゃつ」のブランド名で全国展開している商品。かごしまの新特産品コンクールで鹿児島県特産品協会理事長賞を受賞している優れもの。

    syatu.png
        《製造・販売している高山CHOYAソーイングのホームページより》

大島紬は加工先染め平織の織物でわが国において最も長い歴史と伝統をもつ織物。緻密な絣模様の生地から織り上げられた着物は有名ですが、その技術をシャツづくりに生かしたというわけですね。

上記のシャツ「鹿児島しゃつ」は大島紬を部分使いしているそうですが下段写真のシャツはほぼ全て使用。

値段は「鹿児島しゃつ」が税込み8,532円。
下段写真のシャツは値段がついてませんでしたので分かりませんが、通販サイトを見てみると高いもので10万円近くするものもありますので、ひょっとするとそれぐらいするかも(^^♪

   syatu2.png  syatu3.png
                  《同社ホームページより》


今日紹介した高山CHOYAソーイング社は我が家から約30分の近くにある会社。それだけに親近感がわき、「たくさん売れるといいな」の思いから載せてみました。関心を持たれた方は同社名で検索すると出てきますのでご覧ください。



日々の出来事ランキング

「何が罪に」「どういう人が罪に」なる!?

今日はこの件に関しては避けて通れない。
「組織的犯罪処罰法改正案」が衆院を通過しました。衣の下に隠した鎧(共謀罪)が見え隠れします。


この法案、自分には多くの批判を浴びこれまで3回廃案になった「共謀罪」と同様、テロ対策に名を借りた権力の強化としか思えません。

組織的犯罪集団が「準備行為」をした時点で適用されるといいますが、具体的にどういう行為が準備行為なのかが判然としない。

国会では「(犯罪ではない)花見であればビールや弁当を持っているのに対して、(犯罪の)下見であれば地図や双眼鏡、メモ帳などを持っている」との珍妙なたとえ話が出され、外形的な状況で判断できるという答弁もあったとか。

まさに噴飯もの。そんなことで判断出来るはずはないし、答えた当局でさえそんなことをまともに考えているとは思えない。

対象者についても「一般の方々が適用対象となることはない」などと言ってるようですが、その「一般の方々」というのがどういう方々なのか、誰がどんな基準で犯罪者と分けるのか。

さらに組織的犯罪集団の定義は・・・、一般の民間団体、労働組合などへの影響は・・・

疑問は山積み。
とにかく曖昧な点が多い。これでは警察が恣意的に判断し、テロ対策に限らず一般の団体・個人の活動や生活に干渉する恐れさえあります。

このような観点からこの法案は絶対に廃案にすべきです。その上でテロ対策については新たな論議をすればいいのです。


それにしても間の悪いタイミングで飛び込んできたイギリスでの爆弾テロ。
「ほら見たことか」との声が上がるのが怖い。

この法案の中にはもっと違う怖さが潜んでいるように思えるのだが。



日々の出来事ランキング

強さ・人気=金 いいねぇ

大相撲人気復活。夏場所も連日大盛り上がりです。

それを引っ張っているのが新横綱として2場所目を迎える稀勢の里であることは誰にも異論のないところ。それは取組前に土俵をにぎわす懸賞幕の数を見ても明らかです。

          kensyou.png
                《土俵上で披露される懸賞幕》

通の方ならとっくにご存知かと思いますがここ数場所の稀勢の里にかかる懸賞の数が突出。懸賞の数は人気のバロメーターといいます。

自分も気になり昨日の数を数えてみたら59本。この日は懸賞幕が土俵を4周しましたが、さすがに4週目には場内からどよめきが上がっていました。

個々の取り組みにかけることのできる数は1日61本だそうですから制限数に2本少ないだけ。優勝のかかる大一番ならともかく普段の日でもこれぐらいの数。しかもこうした数が連日続いているのですから稀勢の里の人気ぶりがうかがえようというもの。

ちなみに懸賞金の額は1本6万2千円。それから諸経費を差し引いて3万円を現金で力士が貰えるそうです。
懸賞金は手刀を切り片手で貰うのが普通ですが50本、60本ともなればお相撲さんの大きな手でもさすがに掴み切れず両手で押し頂く。60本で180万円。まさに“ごっつあん”ですね。

とは言え、この懸賞金は勝ち力士が貰えるもの。お気に入りの力士に対して懸賞金を提供した贔屓筋にしてみれば負けて相手側に持っていかれたら目も当てられませんが、そこは勝負の世界。

まあ、土俵上を回る際にアナウンスしてもらえますから宣伝と考えたら安いものかもしれません。



日々の出来事ランキング

林檎よりストレンジャー&イスタンブール

 今週のもういちど流行歌」は1978年8月の曲。 
      特集は郷ひろみと樹木希林「林檎殺人事件」

いつものようにランキングから。
   
    読者のベスト10        オリコントップ10
 
 1位 飛んでイスタンブール(庄野真代)     モンスター(ピンク・レディ) 
 2位 かもめが翔んだ日く(渡辺真知子)     ストレンジャー(ビリー・ジョエル)
 3位 Mr.サマータイム(サーカス)       Mr.サマータイム(サーカス)
 4位 時間よ止まれ(矢沢永吉)         恋のナイトフィーヴァー(ビー・ジーズ)
 5位 シンデレラ・ハネムーン(岩崎宏美)    シンデレラ・ハネムーン(岩崎宏美)
 6位 モンスター(ピンク・レディ)       林檎殺人事件(郷ひろみ・樹木希林)
 7位 夏のお嬢さん(榊原郁恵)          ジョニーの子守唄(アリス)
 8位 林檎殺人事件(郷ひろみ・樹木希林)     ハロー,ミスター・モンキー(アラベスク)
 9位 ストレンジャー(ビリー・ジョエル)    窓ガラス(研ナオコ)              
10位 ジョニーの子守唄(アリス)        夏のお嬢さん(榊原郁恵)


郷ひろみと樹木希林、特異なコンビで話題をさらったこの曲、売れましたね。
でも自分としてはビリー・ジョエルの「ストレンジャー」かな。ピアノと口笛のイントロが何とも新鮮で惹きつけられました。
あと庄野真代の「飛んでイスタンブール」。シルクロードとイメージが重なりすぐにでも飛んで行きたい気持ちにさせられたものでした。



日々の出来事ランキング


もう現実世界を超えた!?中学生プロの活躍

18連勝。またまた勝ちましたよ、藤井君(14)。
プロの将棋指しを“君”づけですから恐れ入るというか、おこがましいというか。スンマセン。

でも、まだ中学生なんですよね。以前この欄で紹介したときが13連勝のとき。それすらすごいのにまだ負けてない。

プロデビュー戦からの連勝記録はもちろんトップ。現在の18連勝は羽生善治3冠(46)らと並ぶ歴代7位タイ。プロ入りしていきなりのトップ10入り。
将棋界の公式戦最多連勝記録は28。ここまできたら、もうこの記録を破って欲しいというのが自分の切なる願い。


藤井君は、将棋を題材にした映画でつい最近全国公開された「3月のライオン」の主人公・桐山零(きりやま れい)四段と対比され話題になっていますが、もう一つ類似の作品があったのをご存知か。

それは1999年(平成11年)に連載を開始し、それまで年配の愛好家が主だった囲碁を小学生・中学生世代に浸透させ、囲碁ブームを巻き起こした「ヒカルの碁」という漫画・アニメ。

主人公は中学生でプロ入りした「ヒカル」。そのライバルに同じ年の「アキラ」という少年がいますが、この子が作品の中でプロデビュー戦後26連勝という快挙を達成。
囲碁と将棋、勝負の世界は違いますが藤井君の活躍はそれと重なり、より興奮させられました。

このように藤井君の活躍は将棋世界の勝負にとどまらず漫画やアニメ、映画の世界を思わせるものがあり、影響力は極めて大。アニメ同様に小中学生を中心に一大将棋ブームを起こしてもらいたいものです。


※藤井君のすごさを強調したい余り、君付けで通してしまいました。これからは四段と呼称させてもらいますので今回だけはお見逃しください。



日々の出来事ランキング

漫画・アニメについて思うこと

昨日の記事どうだったのかな。
意に沿わない、という方も多かったかもしれません。好きずきですからね。

でも書きたいんです。好きなんです。


昔から漫画好きでした。ただ一時期すごいバッシングの嵐が吹き荒れた頃がありました。
文部省やPTAが目の敵のように叩いてきたものです。「教育上よくない」「非行の元」、などとね。

「エロ」「グロ」も問題視されました。

でもねぇ、当時エロい漫画の代表みたいに取り上げられた永井豪さんの「ハレンチ学園」なんてのがありましたが、今見直してみても可愛いもんです。
スカートまくりなどやらかして怒られた経験のあるお父さんも多いのでは。

他作品も含め、各地の教育委員会が“有害図書”に指定し追放しようとする動きもありました。始皇帝の“焚書坑儒”じゃあるまいし何をそこまでヒステリックに叫ぶのかということです。


と、いうような頃でも親や先生の叱責に耳を貸さず読み耽っていた自分。筋金入りです。(別に偉くない)
そこまで好きだったということを言いたいだけ(^^♪

今は隔世の感がありますね。
読みたい漫画がいつでもどこでも豊富にある。アニメだってある。

いろんな思いがあります。分かって欲しいです。
これからも書かせてもらいますから「ふ~ん」と鼻で笑いながらでも目を通してやってください。



日々の出来事ランキング

「ワンピース」女性キャラ・自薦ランキング

        wanpi9.png
             《断トツ1位の海賊女帝・ボアハンコック》

先日、漫画・アニメ「ワンピース」の話をし、これに惚れ込んでいることを書きました。

じゃあ「どこがいいんだ」と問われても一言ではちょっと無理。語るとしたら膨大な論文でも書けそうな量の上、多くの解説本が出されているほどの深い内容を持っており、ここでは勘弁願います。

で、今日はその一端として自分のお気に入りのキャラクターを紹介したいと思ったわけですが、これも全部紹介するとなると百や二百じゃ済まない数。
そこでもっと絞って女性キャラについて話してみることにしました。


ワンピースに登場する女性ときたらユニークなおばさんキャラを除いて、敵味方関係なく誰もが見事なプロポーション。
その半端ない“ボン、キュッ、ボ~ン”の身体は目の置き場に困るほど。

そんな女性たち、容姿を含め個性的で優劣つけがたいのですが、自分の好みであえてランクを付けてみました。とりあえず3位まで。

まずランキング第3位は、リュウグウ王国の王女で人魚姫の “しらほし”
推定身長30メートルくらいの巨体でありながら、知らず知らず守ってあげたいと思わせる純で慎ましいお姫さま。

第2位は、ルフィーが旅立って間もないころからの仲間。「麦わら一味の航海士」で泥棒猫の異名をとる “ナミ”
気が強くお宝には弱いが心根は優しい姉御肌。抜群のプロポーションと美貌で世の男性諸氏を魅了。

そして堂々の1位は女ヶ島「アマゾン・リリー」皇帝にして、九蛇海賊団船長。王下七武海の一人で”海賊女帝”の異名を持つ “ボアハンコック”
絶世の美女ながら傲慢で超が付くわがままな性格。ひょんなことからルフィーに惚れるがその尽くしっぷりは半端じゃなく、それまでの高飛車な態度は影を潜め純情な乙女に変貌する。

いいですねぇ。強く美しい上に権力がありながら惚れたとなると周りを度外視して尽くす。こんな女性に惚れられてみたいものです。
自分的には断トツの1位です。


   wanpi10.png    wanpi7.png
       《2位の泥棒猫・ナミ》            《3位の人魚姫・しらほし》



日々の出来事ランキング

心が洗われました(^^♪

みなさ~ん、お疲れさま♪
涼しいというよりちょっと寒いかなという昨日今日のお天気。どうなってるんでしょう。

さて、それはさておき本日のブログネタは自分らしくないお花のお話でご機嫌を伺います。

とは言っても自分で植えたものではなくうちの奥さんが丹精込めたお花さんたち。これらについては説明できませんので写真を見ていただくしかありません。

    DSCN2186.jpg
           《左からスノーボール、なでしこ、ゼラニウムとか》

    DSCN2188.jpg
                  《これも、なでしこ》

    DSCN2189.jpg
               《教えてもらったのですが忘れました》

     DSCN2201.jpg
              《タンポポ これは自分も知ってます(^^♪》

最後は自宅前の広場に咲いたタンポポ。
どこから飛んできたんでしょうね。どこへ飛んで行くんでしょうね
タンポポさんが飛んで行ったら草を刈ることにします。

※言葉使いを優しくしてみました。それから写真もいつもより大きくしてみました。



日々の出来事ランキング

「言葉」って変化する?

先日、生垣の剪定をしたことを書きましたが、終わってから家族に「虎刈りだが、やんかぶっているよりましだな」と声をかけたところ「やんかぶって」って何?と意外な反応。お前ら鹿児島県人だろう(怒)

「やんかぶり」。これは鹿児島弁で頭髪や草木が手つかずで生い茂っている状態を言います。
それにしても通じない言葉が多くなりました(泣)

自分の地域の言葉すらこうですから他のところの言葉はなおさら分からない。


先日近くのおばさんが遊びに来ていろいろ話をしていったのですが、その中でパーマを「かける」「あてる」の話で大盛り上がり。結局その時はどちらが正解か分からないまま。

脇で聞いていた自分は興味を覚えたのでそのあとネットで調べてみたところ正解は「かける」。「あてる」は関西圏を中心とした方言とか。

それでは自分のところではというと「かける」。でも言われてみると「あてる」もそんなに違和感はない。
違和感がないどころかどっちを使ってきていたのかさえ分からない有様。

交通手段やマスメディアの発達でごっちゃになり、どちらも標準語化しているのでは、と思うことでした。
つまり、両方とも「正解」ということでいいのかも。


もっとも「パーマ」という言葉自体が死語化していますけどね。



日々の出来事ランキング


真夜中に濡れねずみ

いやあ、降りました。
久しぶりの豪雨。薩摩半島側では100ミリ超/hを記録。これって大変な量ですよ。
お隣の宮崎県も数十年に一度の大雨だったとか。

そんな中、うちの池の水が溢れ、金魚2匹が芝生の上に転がり出て跳ねてました。急に降りが強くなった深夜の午前0時から1時ごろの出来事。
発見が早く犠牲者を出さずに済み何よりでした(^^♪

        ike2.png
       《矢印の部分から流出・ワニ君も鼻先を残して水没/翌朝撮影》


昨日、一昨日はご無沙汰で済みませんでした。また頑張りますのでよろしく♪




日々の出来事ランキング

どこかで気分転換!頑張ります

もうダメ!頭はフラフラ、身体はガタガタ。

よって、ブログの更新も皆さんのところへの訪問もなし。それどころではありませんでした(泣)


生垣の剪定をしました。

今年の初めぐらいから「やらねば」と思っていた懸案事項でしたが、腰が上がらず延び延び。
余りの酷さに放置もできずようやく手を付けたというわけです。

何とか終了したものの結果は冒頭の有様。
以前階段をのぼり息が上がったことをこのブログでも書き、その対策として散歩を始めました。正直に言いますがもうそれぐらいの対策では無理。

体力、筋力自体が落ちています。
動こうとしない自分の怠慢もあるでしょうが、やはり加齢による影響は否定できません。


一昨日に触れた脳の退化に加え体力の衰え。こりゃあ、どちらも認めないわけにはいかない。

じゃあ、どうするか。

身体のトレーニングや頭の体操などできる努力はしてみるが、押し寄せる大波に抵抗はしない。
つまり、「やれることはやる」。でも、「なるようにしかならない」。自分らしい結論です。

ここのところマイナス思考の記事ばかり。これではいけません。ここで打ち止め(^^♪


まだ回復しておりません。今日までは訪問も勘弁ね。明日からまたお邪魔します。

         ごめんなさ~い 🙇



日々の出来事ランキング

忘却はよりよき前進を生む(ニーチェ)

昨日は、遠い昔の記憶が残り日常の記憶が途切れがち、なんてことを書きました。今日はそれの続き。

痴呆症と健忘症。どこがどう違うのか分かりませんがこの年になるとどちらも同じ。同じというよりどちらでもいいということ。

現役時代にトンチンカンなことをやっていては仕事にならないし、様にもなりません。でもリタイアした現在ではちょっとしたボケぐらいは笑って許してもらえます。もっとも他人に迷惑をかけたり不快感を与えたりすることは考えものですが。

何にしても年を取ることで記憶力が落ちることは避けられません。

でもね、記憶力が落ちるってことは悪いことばかりじゃないんですよ。
よく言うでしょう。「都合の良いことばかり聞こえる、覚えてる」と。それでいいんじゃないかな。

他の方には迷惑でも本人にとっては幸せ♪

「忘れることで救われることがある」ということ。高齢者に限らず、若い皆さんにもいえるのでは。


ということで「忘れる」ことを恐れないことにしました。
そして、こんなセリフを吐いて暮らします。

        昨日何してたの?     
             そんな昔のことは覚えていない

        今夜会える?        
             そんな先のことは分からない
                           (映画・カサブランカのワンシーンより)



日々の出来事ランキング

脳内メカニズムの不思議

   熟田津(にぎたつ)に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな

この歌が何かって?

ずーっと脳内に残っていたんです。これが頭に入ったのが中学の時ですから約50年。恐らく国語の時間にでも出てきたのでしょうが、なぜに今の今まで記憶にあるのか。

中学時代に覚えた百人一首の歌も今でも全部覚えています。でも時折遊んだりしていた百人一首なら分かりますが、なぜこの歌なのか。
よほど強烈な印象があったのでしょうが、それが何であったのかも分かりません。

くどいようですが前述したようにこの歌だけが50年間残っているんです。

昨日のことどころか数分前のことさえ思い出せないことがある今日この頃。なのにこの記憶。
まったくの不思議、脳内メカニズムの不思議。


頭に残っていることは分かっていましたが歌については不明のまま放置。昨日ふと気づいて調べてみました。

そしたら何と何と、万葉集に額田王の歌として載せられているとあったではありませんか。

額田王といったら「茜指す 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」という有名な歌があり、こちらは知っていましたがその作者と同じ人の歌だったとは。

結構こちらも有名な歌だったんだ。頭に残っていたのも少しは納得です。
なお、歌の意味についても分かりましたがこの記事の趣旨とは無縁ですのでカットしました。



日々の出来事ランキング

プロレスは永遠に不滅!?

久しぶりにプロレスを観ましたよ。それも午前3時という真夜中に。
こんな時間にやってたんだ。知らんかった。

自分らのプロレスといったら力道山に馬場、猪木でしょ、それから後はせいぜい長州、天竜、前田あたりまでかな。
だからこの日出場していたレスラーなんぞ誰も知らん。解説していた「獣神ライガー」の名前ぐらいは知ってましたが。

それにしても会場は満席で女性客も多く驚きました。


でも昔のプロレスの人気といったらこんなもんじゃなかった。
年がばれますが(もう、ばれとる)、テレビ放送開始初期のころ。力道山の登場で盛り上がるというより騒然としてました。

街頭にテレビが設置され多くの通行人が取り囲む。家々ではよそのうちに上がり込んだ人たちを含めて自宅が特設会場に。
60、70のおじさんおばさんがこぶしを振り上げて絶叫する。「レフリー、どこ見てんだ!凶器を持ってるだろう」

いましたからねぇ。日本中を敵に回した悪役レスラーが。黒い呪術師「アブドーラ・ザ・ブッチャー」、インドの狂虎「タイガー・ジェット・シン」等々。
いやはや、すさまじかったですよ。興奮が過ぎて高齢者がショック死したこともあったほど。


レスラーの顔ぶれも変わり、テレビ放送もゴールデンタイムから消えた現在ですが、プロレス人気は盛り返し中とか。
自分は知りませんでしたが日本のプロレス団体は今、優に50を超えるといいます。

ええっ!こんなに、って感じですが、鍛え上げた肉体と肉体のぶつかり合い、騒然とする試合会場。時代は移ってもその素晴らしさは不変なんですね。

寝つけずに何気なくつけたテレビでしたが久々にいいものを観ました。嬉しかったです。



日々の出来事ランキング

渡さ~ん 聴いてますよ♪

「ガ~ン!!!!!・・・・・」  間違ってたぁ~

自分が尊敬してやまない故高田渡さんの命日を間違っていた。てっきり5月に入ってからとばかり思っていた。(実際は2005年4月16日)
そろそろ渡さんをしのんでみようと、渡さんの私生活とコンサートの模様を描いた映画「タカダワタル的」を観ているうちに気づいたのだ(涙)

もう、いい。もう、忘れない。

「自衛隊に入ろう」「転身」「しらみの旅」「生活の柄」「長屋の路地に」「鉱夫の祈り」「汽車が田舎を通るそのとき」「ごあいさつ」「自転車にのって」「値上げ」「仕事さがし」「アイスクリーム」「コーヒーブルース」・・・・・・・・ いやあ、きりがない。

若い方はもちろん、年配の方でもそれなりに興味のある方でないとご存知でないであろうシンガー。

日本人の現代詩や外国詩に曲を付けさりげなく伝える。(もちろん作詞作曲もある)
その歌いっぷりは人に聞かせようと意識するでなく声を荒げるでもない。ただ歌(詩)に込められた思いをを相手に伝えようと淡々とギターを奏でうたう。

それが自然に入ってくるんです。一つ一つの曲が。人柄もあるのかな。

これぐらいでいいでしょ。ともかく聴いてください。こんな人です。

   
               《人となりまで分かるステージです》

   
  《2016年、アイス・ガリガリ君の値上げお知らせCMに使われたBGMも渡さんの曲でした》



日々の出来事ランキング

残り3日、閉じこもり全快なるか

さ~て、GWも後半に突入。天気が若干下り坂ですがこれからという方も多いのでは。

これまでも皆さんのブログにお邪魔しますと「どこ行った、こんなの食べた」と楽しい話題がいっぱい。
ところが自分はというとさっぱり。うちの車はここ10日ほど数センチも動いていない状況です。

もちろん、うちの周りでも結構催しやってます。

連休前の「東串良ルーピン祭り」に始まり、「志布志お釈迦まつり」「かのや音楽祭」「垂水カンパチ祭」
「エアーメモリアルin鹿屋」(航空ショー)、「かのやばら祭り2017春」「高峠春のつつじ祭り」等々、
大小てんこ盛り。

なのになのに、閉じこもり。

五月に入ったらせめて映画観にでもと公開映画のお知らせとにらめっこしていたのですが、心動かず身体動かず。
浮かれ気味の世間様とは隔絶した世界に住んでいるようで、我ながらつらい。

今日を除いてもあと3日。とはいってもねぇ、毎日毎週がGWの自分。たぶんこのまま・・・・・

いや! いかん、いかんぞ


        五月晴れのもと 笛吹けど 心躍らず     字余り




日々の出来事ランキング

時代劇のヒーローたちよ!どこ行った

「時代劇は好きですか?」というアンケートを目にしました。

結果は「はい」が61%、「いいえ」が39%。
好きな理由「歴史に関心がある」「勧善懲悪でスッキリする」「日本の原風景が見られる」など。嫌いな理由は「現実離れし過ぎている」「予定調和でつまらない」など。

続いて「好きな時代劇シリーズ」と「時代劇といえばこの人という俳優は」というのも訊いていました。
答えはいずれも30余も出てましたので5位まで紹介しときます。

         onihei.png
             《堂々1位・長谷川平蔵率いる火付盗賊改方》

時代劇シリーズが1位鬼平犯科帳、2位大岡越前、3位水戸黄門、4位必殺シリーズ、5位遠山の金さん、俳優のほうが1位高橋英樹、2位里見浩太朗、3位松平健、4位藤田まこと、5位萬屋錦之介。

まあ、順当!?


ところで時代劇が消えて久しい今頃、何でアンケート?の疑問が。今放送ないんですよ。
1週間の番組を確認してみましたがもちろん1本もありません。再放送すらないです。
視聴率が取れないのかな。

お決まりの「セリフ」、「立ち回り」で気分を爽快にしてくれる場面はもう見られないのでしょうか。
この秋、水戸黄門復活のニュースは聞きましたが、これはBS放送とのこと。契約してないとこも多いんですよ。(うちもそうです)

何考えてるんだか。「もっと多くの人に見せてやりなさい」と言いたいな。




日々の出来事ランキング

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ