<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

いつまで続く?仮面ライダー

今週のbeランキングは「私が好きな仮面ライダー」

今年で45年。そして現在も続いているんですから驚きもいいところ。

まずはベスト10をいってみます。
 1位 仮面ライダー1号(藤岡弘)      2位 仮面ライダーV3(宮内洋)
 3位 仮面ライダー2号(佐々木剛)     4位 仮面ライダークウガ(オダギリジョー)
 5位 仮面ライダーアマゾン(岡崎徹)    6位 仮面ライダー電王(佐藤健)
 7位 仮面ライダーX(速水亮)       8位 仮面ライダーBLACK(倉田てつを)
 9位 仮面ライダーストロンガー(荒木茂) 10位 仮面ライダー響鬼(細川茂樹)

スタート時のワン・ツー・スリーが上位を占めました。それも1号は大差をつけてトップ。
やっぱりって感じです。

私自身は1号だけ。仮面ライダーといえば1号と藤岡弘さんしか考えられません。
もちろん続いているのは知ってましたが、2号以下は関心がなく見ることもなくなりました。

理由の一つには、もう大人になっていたってことがあります。
子供たちは代が変わっても夢中でした。

それと、「子育て中の母親も夢中になった平成ライダー」という表現がありました。
なるほどそれは分かります。
オダギリジョー、水嶋ヒロ、佐藤健、福士蒼汰ら今を時めく若手俳優が演じてたわけですからね。

育ってきた年代によって好みが変わるのは当然。あなたにとってお気に入りは何かな。

ところでこんなニュース知ってますか?
3月に新作映画「仮面ライダー1号」の公開が予定されているんですよ。
主役の本郷猛を演じるのが何と70歳の藤岡さん。どんなライダーを演じてくれるのやら。

11位以下は次の通り。
  ⑪仮面ライダーアギト⑫スカイライダー⑬ライダーマン⑭仮面ライダーカブト
  ⑮仮面ライダーフォーゼ⑯仮面ライダーBLACK RX⑰仮面ライダーファイズ
  ⑱仮面ライダーW⑲仮面ライダーG3⑳仮面ライダーG3-X



日々の出来事ランキングへ

スポンサーサイト

鹿児島(かごっま)弁講座?

以前何回か載せたことがある鹿児島弁による店先の広告看板。
最近通ったら半分ほど更新されてましたので、改めて紹介しますね。

   kanban.png
            《子供たちは分からないかもしれません》

以下、鹿児島弁と標準語訳を並べてみました。
四つだけ載せてみましたが、だんだん難しくなります。


  孫ん子が よろこぼ             孫が喜ぶでしょう
    ランドセルが安い              ランドセルが安い

  ギフト 安(や)す~したうえ        ギフト 安くしたうえ
    配達、発送もまかっしゃい         配達、発送も任してください

  こじっくいでん                 小太りでも
    ごてんみしかしでん              手の短い人でも
   こいなら まげんでよか            これなら 曲げなくてもいいです

  ふっとかとも こめんちとも         大きいのも 小さいのも
    よかとも てげなとも             良いのも 大概なのも
   ないでん ごわんど              何でも あります 


比較的分かりやすかったと思いますが、どうでしたか。

店主の茶目っ気と熱い思いが伝わってくるようです。

             ―――――――― 〇 ――――――――

    てんがらもん=いい子  みごち=きれい   よかあんべ=いい具合
    たぎったとで=熱いので  めーにっ=毎日   ぬき~=暖かい   



日々の出来事ランキングへ

鹿児島県産の黒毛和牛 最高!

皆さんはお肉好きですか?

当たり前のことを聞くな、とお叱りの声が聞こえてきそうです。ゴメンなさい。
焼肉に、すき焼き、しゃぶしゃぶと思い浮かべただけで涎がでそう。(拭いてふいて)

そこで今日はちょこっと牛肉について触れてみます。

まず肉の等級から。
多くの肉が取れる歩留等級がABCの3段階に分けられ、質の良さを表す肉質等級が5から1までの5段階に分けられ、この二つを合わせてランクが決められます。
A4とかB5とか(紙のサイズじゃありませんよ)。そしてA5が最高級品質というわけです。

私も冷凍庫に入ったことがありますが、解体されたばかりの枝肉が所狭しと吊り下げられた様子は壮観です。

ここで厳正に審査されますが、生産者が一番緊張するところ。約2年間の苦労が報われるかどうかの分かれ道。経営に直接響きますからね。

この後、細かく切り分けられ部位ごとにバラ、ロース、モモ、ウデ、肩ロース、ヘレ、チマキなどの名で呼ばれることはご承知の通り。

こうした肉を我々運送業者が消費地に運び、皆さんのお手元に届くということです。


バラ、ロース、モモなどはお馴染みの部位ですが、おススメはヘレ。
最も柔らかい肉質で脂肪・筋がほとんどなく舌ざわりもまろやか。わずかしか取れない貴重な最高級肉です。

肉質の説明をしているときりがありませんのでこれぐらいにしときます。
要は食べればいいんです。
舌の肥えていない私は何でもOK。調理方法も指定しません。

皆さんもぜひ、鹿児島県特産の黒毛和牛を堪能していただきたいものです。
なぜか最後は宣伝になってしまいました。



日々の出来事ランキングへ

簡単に済ませたいあなたに強い味方

今週のbeランキングは「今食べたいインスタントラーメン」
今回は袋麺限定となっていました。

有難かったですね。
インスタントラーメンは金もなく、ものぐさな自分にとってはノーベル賞にも匹敵する画期的なものでした。

とりあえずベスト10いきましょうか。
 1位 サッポロ一番みそラーメン(サンヨー食品) 2位 チキンラーメン(日清食品)
 3位 サッポロ一番塩らーめん(サンヨー食品)  4位 出前一丁(日清食品)  
 5位 マルちゃん正麺(東洋水産)        6位 明星チャルメラしょうゆ(明星食品)
 7位 日清ラ王醤油(日清食品)         8位 サッポロ一番しょうゆ味(サンヨー食品)
 9位 マルタイラーメン(マルタイ)      10位 ワンタンメン(エースコック)

初登場は1958年販売開始のチキンラーメンといわれます。湯をかけるだけというのは受けましたねえ。
他の商品は調味料や具を入れて数分ゆでますが、それでも手間はほとんどかかりません。
国内の即席麺生産量(2014年度)は推計で約54億食といわれ、日本人の食生活に欠かせないものになっているようです。

ではランキングを見てみましょうか。
サッポロ一番が強い。自分もひところはこればっかし(特にみそ)。
それから自分的には「うまかっちゃん」。トップテンに入ってないのは納得がいきません。

ちょっと違った見方では、サッポロ一番シリーズを好む人は“スープ”、「マルちゃん正麺」と「日清ラ王」の各シリーズを好む人は「麺」を重視する傾向にあったといいます。

いずれにしても、もう離せませんね。
腹減った、なんかないかーというときの必需品。強い味方です。

似たような商品(味付けが違うだけ)が並んでましたので11位以下は省きました。



日々の出来事ランキングへ

今日から畳に直寝(じかね)だぁ~

こんばんは。
今日はのどかな日和でしたが、ちょっと肌寒かったですね。

そんな中、一日中部屋の模様替えで大忙しでした。
こんなにかかるはずじゃなかったんですけど、意外と時間を取られました。

まあ、でしょうね。

今日一番の目的はベッドの片付け。つまりベッドから布団への切り替え。

普通、年を取ると布団の上げ下げをしなくて済むようベッドにするんですが自分は逆。
むしろ身体の動きを鈍らせないように負担を課すことにしたんです。運動代わりというわけ。

ベッドを除くのと同時にタンスや机も配置を変えて気分転換。何より部屋の隅にたまったゴミや埃を始末できたのが大きかったです。

疲れはしましたが、見違えるような変貌ぶりに自己満足している今日の自分です。

追伸
ベッドから離れるなんて何年ぶり、いや何十年ぶり?。
最初は違和感があるかもしれませんね。



日々の出来事ランキングへ

ヒーローの決め技って非現実的

こんばんは。
昨日は平次のスゴ技に疑問を投げかけましたが、ケチをつけたわけではありません。
そこで今日は反省を込めて一筆。

平次に限らずヒーローの繰り出す技はほとんど無理のあるものばかり。というより現実離れしてるんです。

マンガを例にとると、「巨人の星」星飛雄馬の大リーグボール1~3号、「アタック№1」のダブルアタックやマシンガンアタック、「キャプテン翼」で翼のライバルとして立ち向かう日向小次郎によるタイガーショットなどなど、出るわ出るわ。
極めつけは「侍ジャイアンツ」で投手が2、3m頭上に飛び上がり投げおろす投法。度肝を抜かれましたがマンガではこれもあり。

これはほんの一例。こんなのに、あれはおかしい、これもおかしいなどと疑問を呈していたら興ざめもいいところ。
そういった意味で昨日はどうかしてましたね。ですから昨日の記事はなし。発言は撤回します。

もう一度言います。
こんな現実離れした場面があるからこそ映画にしてもマンガにしても受けるし、盛り上がる。
思っても口に出しちゃいけなかったんです。


最後に、これまで自分が見たスゴ技の中で一番受けて、一番笑えたのがこれ。

まあ、自分らの世代だったら大抵の人が知っているのではないかと思う「柔道一直線」(桜木健一主演)。
この中で、主人公のライバルとして登場した近藤正臣演ずる結城慎吾が足の指先を使いピアノで“ねこふんじゃった”を演奏したんです。

腰を下ろし足を伸ばして弾く、なんてものじゃない。なんと鍵盤の上で飛び跳ね、軽快に弾いて見せるというスゴ技だったんです。
これはもうスゴ技というより荒技ですね。

いやあ、まいりました。

これって45年経った今でも語り草としてあちこちで話題になる超有名場面なんです。
自分だけでなく「それなら知ってるぞ」って方、多いと思いますよ。



日々の出来事ランキングへ

映画広告も吹っ飛ぶ わだかまり

皆さんも目にしたことがあるのでは。

新聞紙上に載っている映画の販売広告。
アメリカの西部劇から戦争・アクションもの、コメディーなどなど。もちろん邦画も往年の名作、大作をDVD化し購入を薦めています。

私も興味はあるので隅々まで目を通します。

そんな折、昨日の新聞に“子連れ狼”、“旗本退屈男”、“銭形平次”、“座頭市”などのヒット作がズラリ並び目を引きました。
いずれの作品も一世を風靡した娯楽大作ばかり。思い出しますよ。

若い人には 🙇 ですね。
なにしろこうした類の販売広告には新しい作品は出てきません。

思い出に語りかけて購入してもらおうという企画。
残念ながら私はまず買うことはありませんが、これだけ続くということはそれだけ購入者が多いということでしょう。


ところで今回の販売作品の一つである“銭形平次”。
大川橋蔵主演による人気時代劇ですが、この作品の売りは何といっても平次が繰り出すスゴ技の「投げ銭」。

実はこれに対し長年の疑問というか、引っかかりがあり今もって拭えてないんです。
今さらこんなこと言うのも変ですが、聞くだけ聞いてやってください。

疑問その一。
あれだけの銭を投げて後で拾わなかったのか。
岡っ引きといったら奉行所の正式な職員ではなく、同心に雇われた契約社員のようなものとか。手当なんて微々たるものだったはずです。

疑問その二。
銭は腰のところに紐でくくっていたようですが、とっさのときに投げられたのか。
一発目ですら無理っぽいですが、二発目三発目となったら絶対に無理。
ほどいている暇なんかないよね。それとも何か裏技でもありましたっけ。

疑問その三。
たぶん、銅銭だと思いますがそれほど威力があったのか。
平次が百発百中の腕前だったにしても致命傷を負わせられるとは思えません。せいぜい意表を突く程度だったのではないでしょうか。

何を下らないことを長々と、とお叱りを受けそうですね。
事実、今日の本旨である冒頭部分より長くなってしまってます。

ごめんなさい。書かずにはおれませんでした。



日々の出来事ランキングへ

どう考えてもダニでしょう

4、5日前の新聞に「ゴキブリとダニ、滅びてほしいのは?」の設問で、二択を迫っていました。

身体に実害を及ぼすダニが圧倒的に多数を占めるかと思いきや、ダニ59%、ゴキブリ41%で、それほどの開きがなかったのには驚きました。
だってゴキブリは気持ちが悪いだけのことでしょ。

回答者に女性が多かったのかな。


ところで、この記事中に「ゴキブリの出現は約3億年前とされる」とありました。
これはもう、生きた化石と呼んでもいいのでは。

叩いても殺虫剤を吹きかけてもなかなか死なないはずです。
しぶとい代名詞としてよく使われるゴキブリですが、そうと聞けば少しは珍重する気になります。

それと、カブトムシやカナブンなど似たような色、体形をした虫はほかにもいますが、ゴキブリほどの嫌われものはいませんね。同情したいぐらいです。

そんなゴキブリですが、うちではもう随分前から見てないんですよ。
どこに行ったんでしょうかね。

絶滅するとは思えませんが。



日々の出来事ランキングへ

主を見捨てず咲き誇ってくれぇ~

先日、梅の木を剪定し過ぎて花のつきが悪い、と書きました。

下の写真がその有様。

  DSCN1188.jpg
        《中断から下段にかけて花やつぼみが多く見られます》

でも見ていただくと分かる通り、あの後花の数が増え、つぼみもかなりあるんです。
健気でしょ。

太宰府天満宮には、菅原道真公の庭から主を慕い飛んできた梅の木(飛梅)があると聞きます。
ここまでくると忠犬ハチ公並みですね。

うちの梅の木もそれに勝るとも劣らない〝愛(う)い奴”です。

今回は無理ですが来年はちゃんと枝を残してやり、満開の花を咲かせてやりたいと思います。
乞うご期待。



日々の出来事ランキングへ

気を付けよう!明日は我が身

いやあ、困ったものです。

昨日はいつもの福岡行き。さっさと済ませてさっさと帰る、がモットーの私は意気高く?高速道路を疾走。
午前中に1発目を、午後一で2発目の仕事を終える段取りでいたんです。

ところが何と何と、福岡県八女市付近で高速道路上の電光表示盤に“福岡IC~太宰府IC間通行止め”の表示が。
目の前真っ暗。

さっそく近くのSAに入り情報収集したところ、トラックの横転事故とのこと。
でもねえ、福岡~太宰府間といったら片側3車線ですよ。それを全部ふさいだってこと?という疑問がもくもく。
1車線ぐらい通せよ、と文句の一つも言いたかったですが、正直それどころじゃなかったです。

とにかく団子状態にならないうちに高速を降りなきゃ、と大慌てでコース変更。3号線と県道を乗り継いで目的地(香椎)まで走りましたよ。(ぶつぶつ)

あとはどうなったか知りませんがこの判断が良く、遅れは30分ほどで済み、ほっと一息。
それでも午前中の作業はできず午後回し。必然的に帰宅も遅くなってしまいました。

まあ、仕方ないか。

悪態をつきながらの帰途になりましたが、事故を起こした運転手を責めるわけにもいきません。
事故を起こしたくて起こす人はいませんからね。

ハンドルをギュッと握り直し、自分も気をつけねばと自戒の言葉をつぶやくことでした。




日々の出来事ランキングへ

いろんな人がいましたね

今週のbeランキングは「好感が持てる外国人タレント」

マスコミに登場するこの人たちはどなたも個性あふれる人ばかり。また、そうでないとタレントとして長く認知されませんよね。

それではベスト10を。
 1位 アグネス・チャン、2位 C・W・ニコル、3位 ロバート・キャンベル
 4位 ジュディ・オング、5位 パトリック・ハーラン、6位 クリス・ハート
 7位 ピーター・フランクル、8位 ケント・ギルバーグ
 9位 デーブ・スペクター、10位 シャーロット・ケイト・フォックス

なるほど、こんなものですか。
昔人間の私にとってはアグネスやジュディ、ケント、デーブなどがお馴染み。中には知らない名前も見受けられ、順位的にも複雑な気分。

一つにはここ10数年、テレビ視聴が少なくなったせいもあります。

外国人タレントが受けるのは、彼らの持つ生き方や習慣の違いから発せられるメッセージかと思います。
日本人にないものが求められた結果かな。
それと、皆さん知的ですよね。

なにはともあれ、このランキングも好き嫌いの分かれるところかもしれません。

以下20位まで。
 ⑪イーデス・ハンソン⑫セイン・カミュ⑬厚切りジェイソン⑭ダニエル・カール⑮小錦
 ⑯クロード・チアリ⑰オスマン・サンコン⑱ピーター・バラカン⑲サヘル・ローズ⑳欧陽菲菲



日々の出来事ランキングへ

春ラ!ラ!ラ!

寒い暖かいを繰り返す今日この頃。
朝も夜明けが少し早くなり、ここでも春近しを感じます。

春といえば梅。
うちも梅の木が一本あるのは以前紹介した通りですが、今年の花は写真にあるようにひっそりと10個ほど咲いているだけ。

 RSCN1171.jpg 01010045.jpg
   《寂しいね・夜しか撮れませんでした》    《昨年はいっぱい咲いてくれてました》

昨年、盛りを過ぎた頃に枝をバッサバッサと切ってしまったんです。
あまり大きくなってもらっても困るとの思いからだったのですが、可哀想なことをしてしまいました。

それでも、こうやって咲いてくれるのですから感謝、感謝。
来年に期待します。

そう、そう。春の便りをもう一つ。
食膳にタラの芽が今年初めて供されたんです。おいしくいただきました。

例年だと知人の山に入り、ハサミでチョッキン、チョッキンだったのですが、今年はまだ行ってませんね。
早速連絡とってみようかな。



日々の出来事ランキングへ

愛すべきNHK大河ドラマ

NHKの大河ドラマ「真田丸」が始まって一ヶ月半。
視聴率のほうも調子いいようで、まずまず好調な船出のようですね。

ただ三谷さん脚本のせいか、どの武将も軟弱な感がぬぐえません。特に家康などこれまでのイメージとは雲泥の差。
主人公(真田信繁)の持ち味と相まって、戦(いくさ)重視の戦国模様は影を潜めているようです。

それらを含めこれからどういった展開を見せてくれるのか楽しみです。


以前も書きましたが私は大河大好き人間。最初に大河を見始めたのは中学2年の頃だったかな。
当時、吉川英治全集を買ってもらい「平家物語」や「新書太閤記」などに夢中になっており、その影響もあったかもしれません。

大河の記念すべき第一作は1963年(昭和38年)に幕末の大老・井伊直弼を主人公にした「花の生涯」(二代目尾上松緑主演)。
視聴率が全話平均で20・2%、最高が32・3%だったといいますから当初から人気があったようです。

今回の「真田丸」は55作目。

時代設定で一番多いのが戦国時代の18作。次いで多いのが幕末・明治初期の13作。
著名な人物が多かったせいか、視聴率では戦国物に軍配が上がるようです。

ちなみに最高視聴率は「赤穂浪士」(16年11月29日放送回)の53・0%、平均視聴率のトップが1987年放送「独眼竜政宗」の39・7%。

こんなことを書いていたら、あれもこれもといろいろな場面が頭をよぎり、すべてを書き込みたい思いに駆られますが、そうもいきませんね。機会あるごとにちょっとづつ触れたいと思います。


最後に一言。
真田「信繁」。どうもピンときません。自分としては「幸村」なんです。
でも、どうやらこの名前は後世の人が付けたようでドラマの中では仕方ありません。残念。
「猿飛佐助」や「霧隠才蔵」ら十勇士が活躍する戦記物の影響が大ですね。



日々の出来事ランキングへ

睡眠不足に負けず頑張ります

昨夜というより、今朝になりますが寝たのは2時。
起きたのは5時半。 きつい。

今回ほどじゃなくても毎晩寝るのは12時前後。睡眠時間は4、5時間。
この欄でも何回書いたことか。 
ダメですね。この夜更かしは直りません。


でも、こんなことを書くこと自体、体力が落ちてきていることの証し。つまり年を取ったってことです。

若い頃はマージャンで2日連続徹夜なんてのはザラでしたからね。
長距離に乗っていた頃だって寝ずの走りは当たり前。特に私は目が強く、同僚がダウンする行程でも平気でこなしていました。

なのに今ではこの体たらく。

   睡眠時間が短くてきつい⇒寝ようと思う⇒でも寝ない⇒きつい

こりゃあ無限地獄にハマってますね。

まあ、いいか。これまでもこうやってきたわけだから。なんとかなるでしょ。


そうだ。 辞めたらまず思い切って寝たらいい。毎日毎日飽きるほど。
       
 そうしましょ、そうしましょ、そうしましょったら、そうしましょ (^^♪



日々の出来事ランキングへ

約束を守らない九電は信用できない

今日は腹に据えかねるニュースを一つ。

原発を再稼働した九州電力が「免震重要棟」建設を撤回しました。
昨年末に表明してから多方面から批判を受けてきた九電ですが、方針を変える考えはないようです。

免震棟は東京電力福島原発の事故の際、収束作業の拠点となった施設で九電も当初建設するとしてました。

つまり再稼働するにあたっての約束事。それを違えるとはとんでもないことです。
稼働してしまえば、こっちのものという身勝手さは許せません。

原子力規制委員会の田中俊一委員長は「手抜きするとか安上がりに済まそうという意図なら絶対認められない」、九電の釈明に対しても「納得できるものではない」などと述べ、九電の姿勢を強く批判しています。

田中委員長、そこまで言うなら「再稼働の認可を取り消す」と政府に具申してもらえませんか。
ブラフであってもいいです。思いあがった九電に灸をすえてくださいよ。

免震棟は原発の安全性に直接関係するものではありませんが、やるといったことをやらないその姿勢は他の重要な約束事への取り組みを疑わせます。

いや、やはりここはもうブラフではなく、本気で取り消すべきですね。



日々の出来事ランキングへ

う~ん やっぱり気になる

今週のbeランキングは「気になる言い伝え」

記事中の見出しにもありましたように、非科学的と分かっていても気になる言い伝え。皆さん結構気にしているようですよ。

まずはベスト10から。
 1位 茶柱が立つと縁起がいい、2位 ご飯に箸を立てるべからず、3位 四つ葉のクローバーは幸運
 4位 夕焼けの翌日は晴れ、5位 北枕で寝てはならない、6位 気にしているものはない
 7位 夜爪は親の死に目に会えぬ、8位 霊柩車を見たら親指を隠せ
 9位 畳のへりは踏むべからず、10位 3人で写真撮影、中央の人は早死にする

と出てましたが、あなたはどうですか?

自分のことを言いますと、2位の「ご飯に箸・・・」と5位の「北枕・・・」。これらは小さい頃から嫌というほど言い聞かされてきて、今でも絶対やりません。

1位の「茶柱が立つ・・・」や3位の「四つ葉のクローバー・・・」のように良いことへの予兆より、やはり悪いほうへの言い伝えが気になりますね。

どちらにしてもそれぞれの気持ちの持ち方次第。
若い人ほど気にしていないようです。もっとも、最近は大人の世代がこれらのことを言い伝えておらず、知らないということが実態ではないでしょうか。

そういえば、自分も子供たちにほとんど言ってきてませんね。せいぜい「「立て箸」を注意したぐらいかな。

いまに6位の「気にしているものはない」が1位に躍り出るかもしれませんね。

それでは20位までを見てみましょう。
 ⑪敷居を踏んではならない⑫上の歯は床下、下の歯は屋根上に⑬うわさをされるとくしゃみ
 ⑭福耳の人は金持ちになる⑮食後すぐ横になると牛になる⑯ツバメが家に巣を作ると幸運
 ⑰新しい靴は午前中におろせ⑱カラスが鳴くと死人が出る
 ⑲ヤモリがすむ家は家運良し⑲白ヘビを見ると縁起がいい



日々の出来事ランキングへ

千羽鶴ならぬ万羽鶴!楽しめます

こんばんは。雪こそ降りませんでしたが、寒かったです。

そんな中、今日は県北部の出水市まで行ってきました。
出水市はツルの渡来地として有名。今期も1月末までにナベヅル、マナヅルなど合わせて約17000羽が飛来。

ところが2月初めには新聞紙上で北帰行が報じられていました。
「早いな」が第一印象。
だって4、5月ぐらいまでは例年とどまってますからね。

ツルにも気の早いのがいるものです。

走りながら姿が見えないものかと見渡したのですが、なかなかいません。
やはりエサ場のある田んぼ辺りに行かないと対面できないのかなとあきらめかけた時、いましたいました。

カップルかと思われる2羽のツルが仲良く田んぼをつついていたんです。それも国道(3号線)から十数メートルのところで。写真を撮ろうにも国道ですからね。停められず残念。


出水市へは鹿児島市方面から向かったのですが、相変わらず景色が良くて気持ちいいです。
特に川内市と阿久根市境をまたぐ数キロの海岸線が最高。

 RSCN1162.jpg  RSCN1165.jpg
 《海岸線から眺める東シナ海は雄大そのもの》      《ヤシやソテツで南国気分満喫》

国道沿いにはヤシの木、ソテツなどが植栽されており、南国情緒たっぷり。
海岸には豪快な奇岩が林立し目を楽しませてくれるほか、沖には東シナ海の大海原が広がり、気分爽快この上ありません。

鹿児島に来られたら、これらの景観を楽しみつつ、出水のツル見物にぜひお出かけください。

いいですよ~。



日々の出来事ランキングへ

何とかアップできました(写真)

こんばんは。
下の写真は昨日「伸びてきた髪!さて、どうしたものか」のタイトルで掲載した記事に併せてアップしようとしたもの。
ではなぜ今日かというと、理由は分かりませんが掲載時点で写真をアップロードできなかったんです。


  mejya4.png  mejya2.png
   《吾郎が敬愛する大リーガー・ギブソン》      《吾郎の高校時代のライバル・香取》

昨日の本文の中で背中まで伸ばすつもり、と書いてましたよね。そこで登場願ったのがこの両名。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、いずれも人気野球アニメ「メジャー」の登場人物で、見ての通り超長髪のイケメン投手。

要はこんな感じにしたいということ。
両名のように格好良くはいきませんが、ここまで伸ばしてきたこと。いけるところまでいってみます。


話は先に戻りますが、写真をアップできないとなったときは、もう真っ青。1時間ぐらい右往左往し、この日はあきらめました。
翌日こちらも理由が分からないまま良くなってました。何だったんでしょうね。

どちらにしても写真を入れられないブログなんて考えられません。 良かった、良かった。



日々の出来事ランキングへ

伸びてきた髪!さて、どうしたものか

髪を伸ばし始めてどれぐらいなるかな。
たぶん半年は経ったと思うんですけど予想していたより伸びない。年のせい?

肩までは届き、以前のキムタクや江口洋介風にはなってます。

えっ? 比べるなって。

はい、はい。もちろんです。
そんな恐れ多いことなど毛頭考えておりません。

髪をくくったり、留めたりするのは慣れてきて手際もよくなりましたが、相変わらず洗髪が面倒。

それとヘアケアというんですか、トリートメントやヘアワックスなどを使っての髪の手入れは、一切なし。ブラッシングすらほとんどやってませんからね。
ただ、ただ洗髪のみです。

長髪になったら気分が変わるかなと思ったりしてましたが、全然変わらず。もっとも、くくってもまだちょんまげ程度ですから。

伸ばすのは一応、背中の半分あたりまでのつもり。
あくまでも「つもり」ですからね。
どうなることかと心配しながらも楽しみにしている自分がいるんですよ。どうしましょ。



日々の出来事ランキングへ

いやあ~ 参った参った

何と何と、昨夜は帰宅が午前様でした。
飲めや唄えの楽しい午前様だったらいいんですけど、仕事じゃねえ。

いろいろあったんですけど細かいことはカット。

要は発注ミス、連絡ミスなどが重なり、自分が運ばなくていい荷物を運ばなくてはならない羽目になったという悲惨なお話。
地場の仕事ながら走行距離が600キロ超。福岡、大分あたりまで走れるぐらいです。

まあ、済んだことですからもういいです。


でも、今日はいいことあったんですよ。
配送先の工場で可愛いネコちゃんを発見。そこの工場で飼ってるとのことで、可愛いのなんのって。

   neko.png
         《むちむちぽっちゃりのグラマー嬢》

それに人なつっこくて、抱いてやったら甘えてスリスリするんです。
以前会社の倉庫で飼っていたネコ君たちを思い出してホロっとしてしまいました。


そんなこんなで寝たのは午前1時。起きたのは同5時。
と、いうわけで今非常に眠い。すみません、今日はここまでで許して。           



日々の出来事ランキングへ

先週の今頃は雪の中

こんばんは。
また福岡までひとっ走り。さっき(10時過ぎ)帰ってきました。

今日は快調。どこもかしこもス~イスイ。
先週の今頃を思えば天国と地獄です。大量の雪に振り回された3日間でしたからね。

高速道路は全面通行止め。山越えの道も通れないか、チェーン規制。
そこで幹線道路の3号線のほうに回ってみれば大渋滞。ノロノロとでも進んでくれればまだしも、全然進んでくれないんですから。
ともかくこんな悲惨な状態で仕事になりませんでした。

あ~、思い出してしまった。一週間前の悪夢を。
それに引き換え今日は・・・ 冒頭に書きましたね。喜びが伝わりませんか(笑)

身体は疲れてますが気分は良好。さっさと寝て明日も頑張ります。



日々の出来事ランキングへ

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ