<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

環境に優しい芝生軌道(鹿児島市電)

鹿児島市内を電車が走っていることはご存知の方も多いでしょうが、軌道敷が芝生で覆われていることは意外と知られていません。

  DSCN0077.jpg   DSCN0078.jpg

この芝生軌道、地元中小企業が「大自然からの贈り物」をコンセプトに開発・製造したシラス緑化基盤を使用。

同基盤は軌道敷に限らず屋上、駐車場等の緑化に活用され、鹿児島のヒートアイランド現象の緩和、冷暖房効果のアップ、景観向上に大きく貢献しています。

              kiban.jpg
                  《芝生の下が緑化基盤》

鹿児島市へお越しの際は桜島だけを見上げないで、足元のグリーンベルトにもご注目ください。
もっとも、市内の電車通りを眺めれば即、目に付きますので容易にご覧いただけます。

そうそう、この芝生の管理のために芝刈り、散水を行う電車までいるんですよ。こんな電車、世界初とのことです。
それはそうでしょう。軌道敷に芝生が張ってあるところはまずないでしょうから。

              WS000002.jpg
                  《右側が芝刈り散水車》

ちなみにこの会社、同基盤の開発で中小企業庁長官賞をはじめ、産業経財賞奨励賞、第7回かごしま産業技術賞特別賞などを獲得。進取の精神に富んだ優良企業です。





スポンサーサイト

ふるさとの山はありがたきかな

皆さんの街にもご自慢の山がそびえていることでしょう。
何と言う名前ですか?あなたにとってどんな存在ですか?


「帰ったとき真っ先に見上げた」「幼いころから慣れ親しんだ山々は変わらない姿で迎えてくれる」
今年もお盆に帰省した友人らからそんな声を聴きました。

だよね。山は動かない。

区画整理や街並みの開発などで全体の雰囲気は変わっても、山は昔のまま。
嬉しいこと、悲しいことをありのままに包んでくれる。

私にとってそうした山は高隅山。大隅半島にでんと腰を据え、辺りを睥睨しています。
最高峰の大箆柄岳(おおのがらだけ=標高1236m)を中心に標高千m以上の山々で構成される山地で、高隅山はその総称。

地元にある小中高校の校歌には高隅の二文字、高隅山の三文字が必ず入っているというほど身近で親しまれている山です。

  ふるさとの山に向かひて言ふことなし
         ふるさとの山はありがたきかな

ご存知、石川啄木の詠んだうた。私たちの想いを見事に表現してくれています。

ふるさとを離れた人たちには忘れがたい山。
今でこそ地元に張り付いて毎日仰いでいますが、私にとってもやっぱり誇れる山です。

     DSCN0068.jpg
             《夕陽を背にした高隅連山》






のんびり、ゆっくり回り続けます

鹿児島県曽於市月野。
国道269号線沿いの用水路をゆったりと回る2連の水車が、道行く人の目を引いています。

それぞれの水車には地元の小学生が付けた名前があり、大きい方(直径約3、5m)が「笑こ希こ号」、小さい方(同約2、5m)が「来る回る号」。

にこにこ号がゆっくり目、くるくる号が少しせわしげに回る。
中央上部にある子供の人形は水車とチェーンで連結され、力を合わせるかのように軸を回しています。
この動き、よ~く見ないと止まっているかと思われるほどのスローペース。

いつごろからあるのかは分かりませんが、水車に付いている青のりや水苔からして年月を経た風情が感じられます。
とにかく途切れることなく、ゆっくりとひたすら回り続けています。

また、汲み上げる水があふれ、こぼれ落ちる様は涼感たっぷり。

先日は近くの木陰に置いてあるベンチに小一時間ほども腰かけ、飽きることなく眺めてきました。

      DSCN0062.jpg
                  にこにこ    くるくる   
            《2連水車(笑こ希こ号と来る回る号)》





あんなこと こんなこと

昨日、福岡に行ったのですが、高速上でまたまた事故。
一仕事終えて、さあ帰りましょうと玉名パーキングエリア付近まで下ってくると2車線とも車の列。

普通トラックと箱バンがガチャン。
パトカーはもちろん、救急車に消防車まで来てましたが詳しい状況は分からず。

どちらにしても迷惑な話。
早く走りたいから高速に乗っかってるんだから。頼むよ。 (とは言え人ごとではありません)

今日はもう一つ。

高校野球が終わってしまいました。
今年の大会はスター選手はいなかったものの、一試合一試合に迫力があり、見ごたえがありました。

なんか、ぽつんと穴が開いたような心持ち。何しろ仕事中も毎日ラジオにかじりつきだったですから。
平常に戻るのに2、3日かかりそうです。

ついでにもうひとつ。

この天気、どうにかなりませんか。
夏らしい日がない。照りつけるお日様を見ない。

これは全国的な傾向とか。そして日照不足で野菜の価格が高騰。
うちの食卓も直撃しています。

やっぱりどうにかして。





半ノラ ネコくんたちの紹介

一番多い時で20数匹いたネコ君たちも今では5匹。
寂しくはなりましたが、これぐらいがちょうどいいでしょう。

簡単に紹介しときます。(名前はありません)

             DSCN0056.jpg
                  《名無しA》

   DSCN0059.jpg  DSCN0060.jpg
        《名無しB》            《名無しC》


名無しA・・・唯一残った親ネコ。とっても素直で可愛い奴です。

名無しB・・・怖いもの知らずの愛嬌もの。

名無しC・・・一番の甘えん坊。半年以上経つのに今もって親ネコ(実の親ではなし)の乳首に取りついてい
       ます。

ほか名無しD、Eの2匹がいますが、ほとんど姿を見せてくれません。

普段はB、Cらと遊んでいるようですが、我々を見かけるとそそくさと隠れてしまい、写真を撮ることもかないません。
撮るとしたらセンサーを使っての隠し撮りしかありませんが、そこまでやる必要もないしね。

住と食の面倒を見てやってるわけですから、あいさつぐらいして欲しいものです。

              DSCN0053.jpg
              《乳首に取りついて離しません》

それにしてもうらやましい限り。
日がな一日のんべんだらり。どこに行くのか昼間はあまり姿を見せず、夕方そろって帰ってきます。
夕食を済ますとまたコンクリートの床にごろり、といった毎日。

ネコ君たちの生活をうらやましがるようでは情けないな。  反省!





ボケとツッコミ! ツッコミでいきます

前回、加齢による体力低下のことを書きましたが、オツムの衰えも心配。

最近は痴ほう症と言う言葉で表していますが、要するにボケ。手足が思うように動かなくなることよりこちらのほうが嫌ですね。

食事を摂ったことまで忘れるようでは最悪。ましてや家を抜け出しての徘徊ときたら、家族はもとよりご近所にまで迷惑をかけることになるだけに深刻です。

徘徊老人が犯した問題に対する監督責任を、家族に負わせる厳しい判決があったことも記憶に新しい。

では、なにをどうすればいいのか。こればっかりは分かりません。
ともあれ身体を動かす、頭を動かす(使う)ことぐらいかな。

まあ、考え込んでいても仕方ないか。ツッコミ専門で、明るく楽しくやります。

何か暗い記事になっちゃったな。スミマセン。






健康のために働け、働け

さすがにこの年になると身体がきつい。

何か特別なことをするわけではないんです。
布団から起きる、棚から物を取るために体を伸ばす、果ては椅子に座るのでさえ“どっこいしょ”ですからね。

だからと言って身体を休めてはいけない。
とにかく動かすこと、動くこと。

そういった意味でも仕事は辞められません。
根がグータラですから辞めたら多分ゴロゴロしまくりだと思います。

どっちにしても辞めませんよ。運転が好きだし。
ハンドルさえ握っていればご機嫌で、どこまでも行きそう。

楽しみながら給料をもらえるんですから言うことなしです。

会社が辞めてくれというまで働きますよ。





即刻無くせ!暫定税率分25円

ここ最近のガソリン代の高騰は看過できません。

家計の中で一番に直撃するのが私の小遣い。さらに進めば食費へと移り、耐乏生活に入ります。
今までさえ贅沢なんてやってないんですけどね。

聞けば安くなる道はある-とか。

ガソリン代は価格構成が複雑。
本体価格+ガソリン税+石油税+石油関税。これに消費税をかけるといいますから、何をかいわんや。
(税金の二重取り)

問題はガソリン税。
現行53、8円ですが、この中に暫定税率分25、1円というのがあります。

これについては2010年に、ガソリンの3ヵ月間の平均小売価格が160円/ℓを超えた場合は暫定税率の適用を停止する仕組みが設けられたのです。

そして最近の値上がりでこの条件を満たしたといいます。
つまり、暫定税率の適用を外し、25、1円を無くすることができるのです。

1円2円に一喜一憂している私たちにとって25、1円は大きい。

リッター当たり165円としたとき25円を引けば、何と140円ですよ。
140円。


庶民の生活を守るために、今こそぜひ実行すべきです。





夏を返せ

昨日、当地方は夏到来と書きましたが近畿、東海地方は大雨だったんですね。
狭い日本でこんなに違いますか。

それにしても今年の天候はおかしい。

梅雨はとっくに明けたはずなのにぐずついたまま。
今日も雨がぶり返し、気温もさほど上がらずで昨日の喜びはヌカ喜び。

うだるような暑さに打ちのめされるのもどうかと思いますが、やはり暑い時は暑くないとね。

   夏はどこへ行った~


話はガラッと変わります。

我が郷土大隅から初めて夏の大会に出場した鹿屋中央高校。
今日行われた石川県の星稜高校との2回戦で敗れ、上位進出はなりませんでした。

初出場を果たしただけでなく初戦も突破し、郷土を大いに盛り上げてくれました。立派です。
胸を張って帰ってきてください。





若者を戦場に送らないで

来ました。暑~い夏。
夏らしい夏がほとんどなかったですからね。今の時季はこれでしょう。

   DSCN0037.jpg
      《2階のベランダから撮ってみました》

さて、お盆と高校野球。ナイスな組み合わせです。
風通しの良い部屋で畳に寝転んで、熱戦を繰り広げるテレビ画面に見入る。そのまま寝込むことも。
これにスイカが付けば、もう最高。

子供のころから過ごしてきた自然な時間でした。

一昨日(15日)は甲子園球場にサイレンが鳴り響き、球場内はもとより全国で黙とうがささげられ、戦没者の霊を弔いました。
毎年のことながら意義あるひとときと思います。

ここにきて集団的自衛権の行使容認に見られるように、きな臭いにおいが漂い始めています。

戦争のために中断された歴史を持つ高校野球大会。球児も戦場にかり出され、多くの若者が戦死しました。
どれだけ無念であったことか。二度とあってはならないことです。

今現在、はつらつとしたプレーを見せてくれています。
この平和のシンボルともいえる大会を絶対に途絶えさせてはなりません。

そして、私のささやかな楽しみも奪わないでいただきたい。





盆休みの意外な出来事

お盆といってもほとんど宗教行事しなくなりました。
せいぜいお墓参りぐらいですかね。(さすがにこれだけは欠かせない)
ご先祖さま、ごめんなさい。

それでも盆休みはあるし、子供たちも帰ってくる。
日本人にとってのお盆って何?罰当たりはうちだけですか。

まあ、休みが取れてゴロゴロできる。毎年同じことの繰り返しですが、いいじゃないですか。

ところが今年は一味違うことが。
短パン姿でゴロ寝を決め込んでいた私に、帰ってきていた娘が二言。

   娘・・・「ちゃんとした服に着替えてくれる」
   私・・・「えっ?」
   娘・・・「彼氏を紹介するから」
   私・・・「えっ?」

娘に言わせると、結婚を前提にした付き合いではないが、黙っているのも悪いので一応紹介しておくとのこと。
彼氏の印象、評価は置いときますが、終始「えっ?」の私でした。

ちなみに、家内は以前から聞いて知っていたと言います。知らないのは男親だけ。
よくある話です。





高速走行は余裕をもって

久しぶりに福岡へ上りました。
盆休みで高速道路が混むかと思いきや、全然そんなことはなかったです。

それでもパーキングエリアでは各地のナンバープレートを数多く見かけました。

ところで皆さんはこんなことご存じでしたか?

大型トラックはリミッター(速度制限装置)というのが着けられ、100キロ以上は出ないんです。
ほとんどが80キロ、90キロに設定されています。

私も以前乗っていたときはイライラしたものです。

しかし悲惨な事故を無くすためには仕方のないことだし、いいことだと思います。
無理しなくて済む運転手にとっても悪いことではありません。

ということですので、乗用車の皆さんは遠慮なく追い越してくださいね。
本当のところ、我々トラックドライバーとしても同じような速度で走られるより、さっさと先に行ってくれたほうがいいんですから。

とは言え、4トン車クラスにはご注意ください。
リミッターが着いておりませんので100キロ以上飛ばすバカ者もいますので、念のため。

別に暴走を奨励しているわけではありませんよ。

以前も書いたことがありますが、高速走行の鉄則は無理しないこと。
一定の速度で走行する。遠距離を走る場合は2時間おきぐらいに休憩を入れるなど。

追い越されたら「いってらっしゃ~い」、追い越すときは「失礼しま~す」
の声かけをどうぞ。(もちろん、相手には聞こえませんが)

心にゆとりが生まれ、疲れが吹き飛ぶこと請け合いです。








野球観戦に代ってDVD観賞

こんにちは。
台風の影響はどうですか。コース途上にある方々はご注意ください。
ここのところ、立て続けの台風とそれに伴う大雨。
梅雨が明けたというのにちっとも夏らしくなりません。もっとも、暑~い夏は御免こうむりたいですが。

さて、そんなこんなで高校野球まで影響を受けてしまいました。
珍しく昨日、今日と連休がとれ、観戦三昧で過ごせると楽しみにしていたというのにがっかりです。

そうなると何をして過ごすか。

出不精の私としては結局、録りためていたDVD観賞となり、「のだめカンタービレ」のヨーロッパ編と最終章前編後編を延々6時間余り、ぶっ続けで観てしまいました。

      WS000000.jpg

休みというのに逆に疲れ果ててぐったり。

その上、今日の午前中は「名探偵コナン」のおまけ付き。タイトルは “戦慄の楽譜”

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、復讐を企てるピアノの調律師がパイプオルガンの音を爆弾の起爆装置に同調させ、演奏中にコンサート会場を爆破するという筋立て。

音を聴き分けることのできる声楽家とコナン君がその能力を生かして破局を未然に食い止めるわけです。途中無理目の設定もあったりしますがそこはご愛嬌。

間では私の好きな「アメイジング・グレイス」も挿入され、何回観ても楽しめるアニメです。

結局、これで今回の連休は終わり。

もう少ししたら盆の連休が。そしたら今度こそ野球観戦をたっぷりとるつもりです。
それから、子供たちも帰ってきますので一日ぐらいはどこか遊びにでも出かけるかな。







暑さを吹き飛ばせ!熱血プレー

今日の朝刊に高校野球特集が載ってました。それも全面使っての見開き3ページ。
プロ野球現役選手による、お気に入りの野球マンガ紹介。しかもコメント付きというご機嫌な企画。

紹介されているマンガは、あだち充の「タッチ」をはじめ、「Dreams」「青空エール」「ダイヤのA」「メジャー」「大きく振りかぶって」「ドカベン」。
それと「KANO」「ひゃくはち」「ROOKIES」の映画版も。

タイトルを見てお分かりのように、「ドカベン」を除いて比較的近年の作品ばかり。

「巨人の星」「バツ&テリー」「キャプテン」など、私ら世代にお馴染みの作品はなし。さすがに熱血、根性一本やりは最近の若者には受けないかな。

もちろん、この日掲載されていた作品に異論はありません。それぞれ惹かれるものがあります。

ただ私にとって一番はやはり「メジャー」。
主人公・茂野吾郎の野球に対する思い入れがすごい。最高です。

  DSCN0009.jpg  DSCN0010.jpg


さあ、夏の大会が始まります。感動的なプレーや試合展開を望みます。

いや、地方大会ではすでにありましたね。
0対8とリードされていたのを9回裏に9点取ってひっくり返したゲーム。身震いします。

何が起こるのか。何を起こしてくれるのか。 暑い夏を吹き飛ばしてくれ!!





腕だめしにネコ君を撮ってみました

うちの会社に住みついているネコ君です。衣・食・住のうち食・住を提供しています。

         DSCN0011.jpg
             《ハトをにらんでます》

現在、親猫(メス)1匹、子猫4匹の合計5匹。めっきり少なくなりました。
数か月前までは親猫5匹、子猫20匹ほどいましたが、もらわれていった者、事故死した者、家出した者などが続出して激減しました。

会社の敷地の前を幹線道路(広域農道)が通っているため交通量が多く、夜間によく轢かれます。
用心が足りないというより、むしろライトに向かっていくようなところがありますからね。

         DSCN0014.jpg
              《もうダメって感じ》

昼間はあまりの暑さにコンクリートの上で手足を伸ばしてぐったりという様子。
子猫らは重なり合うようにしてじゃれあってますが、これからもその調子で元気に育って欲しいものです。

ちなみに、どれも名前はありません。

※デジカメ購入後の初ショットです。できのほうは今イチですが、これから撮りまくり腕を上げていきます。





許しあう度量が欲しい

中国共産党最高指導部に名を連ねていた幹部の失脚を聞き、中国3000年の歴史が頭をよぎりました。
かの国は闘争の歴史ですからね。

清王朝が滅び終止符が打たれたと思いきや、共産党政権になっても同じことの繰り返し。

人民が主人公であるはずの共産党が歴代王朝と同じであってはならないのですが、現実を見ると一部の特権階級が国を動かす仕組みは同じ。

もちろん、国盗りや政権争奪はどの国にもあることですが、国がデカイだけにそのすさまじさが際立ちます。

中学生当時、広大な中国大陸を舞台に壮大な戦いを描いた“三国志”を読んだ私は興奮しまくったものです。
その時はそれほど感じていませんでしたが、あの中にもおどろおどろしい権力闘争のあったことが今なら思い当たります。

政治形態は変わっても権力志向の強い国民性は変わらないということか。
すべての人がそうだとは思いませんが。


  今日の しんぶん・ひろいよみ

児童虐待が7万件を突破し、過去最多となった-とありました。

何度も言いますが、なぜそこまでやれるのか。
その子の受けた行為を自身が受けてみるがいい。その痛みを思い知るべきだ。

そんなことができる奴はもはや人間じゃない。

   叩っ斬ってしまえ!! 刀舟





子供の好奇心って素晴らしい

平日の午前中に放送されているNHKラジオの「夏休み子供科学電話相談」が楽しみです。

毎年4歳ぐらいから小学6年生までの児童が動・植物、宇宙・天文、昆虫、科学、心と身体などについての疑問をぶつけ、各分野の専門家がこれに答える。

風はどこから吹いてくるの? 地球はどうして丸いの?

いかにも子供らしい素直でピュアな質問。可愛いでしょう。でも子供たちは真剣なんです。

子供たちの意表をついた質問やこだわりの質問にたじたじの場面も。
しかし、さすが専門家。
どんな問題に対しても懇切丁寧に、しかも的確に回答してくれています。

例えば、タンポポの葉はなぜギザギザ?に対し、太陽の光や二酸化炭素を得るために植物自身が工夫した結果であること。
蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのはなぜ?についても、人の血を吸うのはメスだけと教示したうえで、体温が高い人ほど刺されやすいなどと、分かりやすく説明。

リトマス紙はリトマスゴケからできている、イルカは体をなでてもらうと喜ぶ-などのように、私自身が初めて知ることも多く、聴いていてためになるし、楽しい。

同番組も始まって30年。
開始当時の小学生も今では30代、40代の立派なお父さん、お母さん。
ひょっとしたら親子2代での質問者もいるかもしれません。

同番組を機に、将来偉大な科学者、生物学者が誕生することを期待したい。

楽しい、おもしろい、ためになる。 いい番組です。





デジカメ買いました

こんばんは。
ごぶさたです。ちょっと遠出をしておりました。


さて、わたくしデジタルカメラを買いました。 うれしい!!

安物ですが、それでも画素数は2005万。10数年前に買ったデジカメが200万でしたから10倍。
なのに値段は以前の物の1/3。
性能は良くなり、値段は下がる。他のデジタル製品同様、信じられませんね。

消費者にとってはありがたいことですが、メーカーにとってはきつい。

それはさておき、当欄も少しはカラフルになるかも。これまでがあまりにも殺風景すぎました。
何しろ写真を入れるにしてもほとんどがネット上で拝借したものばかりで、自前の写真は皆無といっていいほどでしたから。

よ~し、写真をふんだんに載せるぞ。
そして皆さんの素敵なブログに追いつき追い越すんだ、なんて大それたことを考えています。 

が、これはあくまでも希望。?マーク付きですね。

どうなることやら。
たぶん、あんまし変わらないかな。期待しないでお待ちください。







プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ポチっとお願いします♪

日々の出来事ランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ