<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

これが“梅雨の晴れ間”? いいねえ

昨日はきれいに晴れ上がりました。
雨が空気中のごみを洗い流してくれたかな。たまにはいいことします。
  (福岡上りで更新できず、今日になりました)

写真はわが郷土の山並み(高隈山系)です。
どうです。まさに“晴れ姿”とはこのこと。いつ見ても、何回見てもあきません。

    takakuma.png
               《気持ちいい~》

今年はこの欄で、あめ・あめ・あめを何回も載せて気分も落ち込み気味でしたが、それらも一掃してくれました。

でも、たった一日。
またもや降り始めました。がっかりです。

梅雨末期の集中豪雨、怖いですからね。
油断せず、用心を重ね、もう少し辛抱しましょう。
そしたら、暑いスカッとした夏がやってきます。(それもどうかと思いますが)

いずれにしても自然が相手のこと。楽しく元気に過ごしましょうよ。

全部食べてみたいな

今週のbeランキングは「いつでも食べたいお土産銘菓」
お馴染みの銘菓が並んでました。

まずはベスト10
 1位 赤福(三重)、2位 生八つ橋(京都)、3位 白い恋人(北海道)、4位 カステラ(長崎)
 5位 もみじまんじゅう(広島)、6位 マルセイバターサンド(北海道)、7位 うなぎパイ(静岡)
 8位 鳩サブレー(神奈川)、9位 萩の月(宮城)、10位 信玄餅(山梨)

まずはこんなものでしょうか。特にベスト3は想定内。

でも意外感は残ります。
それは福岡の「ひよこ」、熊本の「陣太鼓」など自分の中では定番と思っていたものが入っていなかったということ。
やはり地元九州の品で毎度お世話になっていたからでしょう。

それと地元鹿児島からのベスト10入りがなかったこと。
かろうじて15位に「かるかん」が入っていますが、残念です。

私的には「げたんは」という主原料に黒砂糖を使ったシンプルな菓子が好きで、全国の皆さんにも賞味していただきたい味です。

ベスト10の中では「生八つ橋」かな。

最後にベスト20までを。
⑪ちんすこう(沖縄) ⑫ういろう(愛知) ⑬かもめの玉子(岩手) ⑭南部せんべい(岩手)
⑮かるかん(鹿児島) ⑯安倍川もち(静岡) ⑰草加せんべい(埼玉)
⑱ずんだもち(宮城) ⑲紅いもタルト(沖縄) ⑳笹団子(新潟)

知らないのも結構ありましたよ。皆さんはどうでした?

信仰と宗教は別?

朝日の別刷り版にこんなのがありました。  「神や仏を信じますか」

信じると答えた人が58%。私的には結構多いなと感じました。

ところが「信仰している宗教はあるか」との問いで「はい」と答えた人は16%なんです。
信じると言いながら信仰は別ということか。

信じる人は、いつ神仏を意識するかの問いには「幸せに感謝する時」「自然の美しさや神秘を感じた時」「支えが欲しい時」とあるように、心の問題としてとらえている人が多いようです。

それでいいと思いますよ。宗教とは本来そういうものでしょう。

信じないという人でも、目に見えない「おそれ」を感じさせる存在を信じる人が一定の割合でいるようだ、と述べていますが、確かにそれはあると思います。

その存在を神と呼びたくないということでしょうか。

「日本人の多くは、運命や人が制御できない自然の力を信じている」(千葉、58歳女性)の声がその辺を表しているようです。

そしてこの記事では最後をこう結んでいます。
「無宗教だけど、無神論ではない。こうした考え方をする人が、日本では多数派なのかもしれない」と。

たまにはゴルフの話題も

旧聞ですが。

いやあ、驚きましたね。
先日終わった全米オープンゴルフ。一流プロをあそこまで手こずらせた超難コースのことです。
どのメジャー大会もコースの難しさは定評がありますが、今回のコースは特別。

転がりの速さ、アンジュレーションの激しさ。どれをとっても唖然。パットを見てて「ええっ、どっちへ打つの?」って感じでした。
コース内外で物議をかもしたはずです。

結局、4日間を通してアンダーパーは優勝したジョーダン・スピースを入れて8人どまり。
世界の一流プレーヤーがこれですからね。

さて、期待の松山君は3オーバーの19位。遼君は予選落ち。
残念ですが次回に期待しましょう。


ところで、マッキーがゴルフの話題?って声が聞こえてきそう。
確かにその通り。この欄を開いて以来、初めてでした。

でもね、そんなに驚くほどのことでもないんです。
若い頃の会社勤め(営業)時にはこれでもゴルフをやってたんですから。多いときには週3回ほどコースに出てましたよ。
うちの会社が主催する大会では裏方で汗を流したものです。

今では練習場にすら通ったことはありません。
当時のゴルフセットはバッグにしまい込んだまま、お蔵入り。埃をかぶってます。

もう、年も年ですから見るだけにしとくのがよさそうです。

毎日が敬老の日

昭和へのノスタルジー。年を経るほどに募ります。

でも私らの年代の者には誰にでもあるのではないでしょうか。
だからこそ映画「ALWAYS三丁目の夕日」が話題に上り、大ヒットしたと思います。

昔のことを語りだしたらお終いだと言われますが、それは50代ぐらいまでのこと。
60を越えたら昔話、大いに結構。

自分自身はまだ高齢者という意識はありませんが、昔の話を大いにしようと思ってます。
確かに現代のほうが物は豊富で、便利な機器があふれています。

でもね、昔もたくさんいいものがあったんです。

お若い方々よ、お年寄りの話をどしどし聞いてやってください。
それがあなた方の糧(かて)となるし、お年寄りらの生きる力になります。
昔人間の知識、発想力はバカにできません。

生きることが大変な世の中。
長い年月を生き抜いてきたこと自体が尊敬に値します。

あだやおろそかにはできません。ましてや虐待なんてとんでもないです。

高齢者を敬い、大事にしてあげてください。    あれっ?敬老の日が近かったっけ(笑)


なぜか書きたくなりました。

きれいさっぱりなりました

一昨日宣言していた庭の手入れを全部やりましたよ。
が、ちょっと手抜きしました。

それは芝生の草取り。
以前までは間に生えている草を1本1本丁寧に抜いていたのですが、今回はバリカン型の芝刈り機で芝と一緒に刈っていったのです。

もっとも後で刈りクズを捨ててみたら、刈り残しの目立つトラ刈り状態。補正する元気も気力も残っていませんでした。

1回分の作業がなくなったのですからずいぶん手間が省けたはずですが、だからといって全然楽というわけにはいきません。
あのバリカン型草刈機はきつい。10分もやっていればかなり手がしびれます。

とは言え、あの高々と繁った雑草、それに家周りの草まで含めてきれいに刈り取り、さっぱりなったと、うちの奥さんにもほめてもらいました。

それにしても、いつもはもっと広い庭が欲しいと、ないものねだりしている自分ですが、この時ばかりは狭い庭で大助かり。
自分にはこれぐらいの広さがちょうどいいようです。

どう考えても「ごろごろ」でしょう

今週のbeランキングは「雨の日の過ごし方」

まさに今どきの選択。
そして回答のほうも想定内のものばかりで一面つまらなくもあります。

ともかく見てもらいましょうか。
  1位 読書、2位 テレビを見る、3位 新聞や雑誌を読む、4位 インターネット
  5位 のんびり・ぼーっと過ごす、6位 DVD・BD観賞、7位 寝る・ごろごろする
  8位 音楽を聴く、9位 掃除・片付け、10位 荷物・資料の整理

まさに「晴耕雨読」の言葉通りの回答が上位にランクイン。
「積ん読になっている本をひたすら読む」(大阪・48歳男性)、「普段読まない本をここぞとばかりに」(山口・38歳女性)などの声。共感できます。

「インターネット」「DVD観賞」「音楽を聴く」などは分かりますが、「掃除・後片付け」「荷物・資料の整理」なんてのは自分には理解の外。
もっとも自分にふさわしいのは「のんびり」と「ごろごろ」です。

「窓を開けて音楽を聴きながら風呂に入る。その後、雨の音を聞きながら横になる。眠くなれば、そのまま眠る」(秋田、68歳男性)。まさに私の声を代弁してくれてますね。

ほかにも「雨の音が好きで、シトシト降る中ぼんやりとコーヒーを飲みながら好きな本を読む。何とも言えないこの時間のために平日、仕事をしているようなもの!」(兵庫、26歳男性)なんて、若い男性にしては渋い。

以下、いろんなコメントが寄せられていましたが、いずれも雨が好き、雨の日が好きなどの声ばかり。
皆さん意外としっとり派なんですね。

とすれば、日本にはやはり梅雨はつきものだし、必要なものなんだなというのを実感した次第です。

梅雨の合間にお庭の手入れ

こんばんは。
ようやく一息ついたって感じです。この辺でおさまってくれていいんですけどね。

ところで、ここ最近の悪天候を口実に庭の手入れをさぼっていたら、伸びる伸びる。雑草の高さが腰ぐらいまできています。
それと芝生の間から生えてきた雑草。

さらに、これに加えてキンカンや楓の木の枝がほこりまくり。今年は実のならなかった梅の木と合わせて剪定してみます。

明日の天気は良さそう。
草刈りに剪定と大変ですが、梅雨の合間の貴重な時です。何とか頑張ります。


ついでに金魚さんの情報を。

3年前に池を造ったとき一番最初に買ってきたのが3匹。
その後増減はありましたが、現在成魚は9匹。それに鯉が1匹。

今回の子金魚は正確には確認できてませんが、20匹近くいるようなんです。
これが全て無事に育ったら合わせて約30匹になるわけです。

たぶんこれぐらいなら飼育許容範囲かと思うのですが、これがこの後また子を産んでとなると際限がありません。

どうしたものやら、今から心配です。

若い力に期待します

選挙権年齢を現在の「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げることが決まりました。

結構なことです。

18歳は大人か子供か。議論の分かれるところですが、私は大人の扱いをしていいと思います。

「養われている身だ」「まだ社会的な判断はできない」などの理由で反対する方もいます。
でもそれは大人の側から見た論理。
すっぱり与えればいいんです。

その立場になればやれます。
逆に自覚が生まれ、むしろ依頼心がなくなります。

昔は10歳前後で成人扱いしたというではありませんか。

今、社会問題化している少年犯罪は「子供だから許される」という親や社会への甘えからきています。
責任を持たせるいい機会です。

国民投票法、少年法、あるいは学校の教育現場でどう教えるかなどこれからの問題も多い。
しかし、やってみるべきです。

現在20歳代の投票率は昨年の衆院選で約33%。
他の年代よりかなり低かったようですが、今回のことはこうした人たちへの刺激になるでしょう。

臆することはありません。自分の考えで自分の求める社会を目指してください。
そのために少しは勉強してくださいね。
若い力で今の世が良い方向へ変わることを期待します。

神様 おねがい

誠に恐縮ですが、またまた雨降りのお話。

私の住んでいる地域では6月の今日までの総雨量が1200ミリを超え、これまでの観測記録を更新したとのこと。
夕方のラジオで聴いたところによると福岡の年間降雨量が1600ミリとか。
その8割をこの半月ほどで降ったというんですから異常としか言いようがありません。

当地域だけでなく鹿児島、宮崎、熊本の南九州3県では例年の3~5倍と聞きます。

幸い人的被害を含む大規模災害は起きていません。とは言え、梅雨明けはまだ1ヶ月先のこと。

先日、雨降りの日は好きと書きましたが、これほどの雨はさすがに勘弁願います。
あくまでも、そこそこ降る中を家でごろごろしているのが好きということですからね。

お天気の神様がおられるのであれば、今年はこれぐらいにしていただきたい。

雨が欲しいときに雨乞いをして神様に頼ることもあります。
手前勝手な人間ではありますが、人間とは弱いもの。

神様 おねが~い

それにしても今年は何回目?うっとおしくてすみません。

あめ、あめ、あめ、あめ、あめ、あめ・・・・・

降るわ、降るわ。

先日大雨が降った時このブログの標題に「あめ、あめ・・・」をつなぎましたが、今回も「あめ、あめ・・・」。
前回より降水量が多いようでしたので、「あめ」の字を一つ増やしてみました。

なんて、しょうもないことは置いといて本題に。

とにかく降りました。
私の故郷である大隅各地で1時間当たりの降水量が50ミリを超え、13日の降り始めから今日までの量が6月1ヶ月分の8割もあったと言います。尋常ではありません。
分かりやすく言うと3日で24日分の雨が降ったということ。

これだけ降れば災害の心配が高まります。
よく言われるのが
   異様な音や臭いがする
   濁った水が出てくる
   小石がパラパラ落ちてくる
などの前兆を見逃すな、聞き逃すなということです。

川や崖の近くにお住まいの方々は特に注意が必要です。

ともかく、災害が起こらないと梅雨が明けない、なんてことは嫌ですからね。
百歩譲って災害が起きたとしても人命だけは大事にしてください。

人命第一、避難第一  お互い肝に銘じましょう。

一夜の出来事

今日も予定を変更して仕事の話。
昨日はこの欄で、一昨日渋滞に巻き込まれ難儀したことを書きました。

実は昨日は休みだったんです。今日と連休というわけです。
ところがその昨日の夕方所長から電話が。
嫌な予感がしました。こんな時来る電話なんてろくなことじゃないですからね。

案の定悲惨な展開に。
出発した大型車が港に行く途中で故障したと。そして積んでいた荷物を全部他の車に移し替えないといけないとの連絡でした。

さあ、簡単にはいきません。

まず故障して止まった車を営業所まで運ばないといけない。もちろんレッカー車で。
次に、代わりの車の手配。
最後に積み替え。

ところが土曜日で人がいない。
仕方がないので自分が、宮崎営業所まで代車を取りに。

取ってきたはいいが(この時点で午後11時)、レッカー車の到着が大幅に遅れ、着いたのが午前1時半。つまり今日の未明。
レッカー車からの切り離しや積み替え準備で時間がかかり、肝心の作業に入れたのが午前2時。それも運転手と2人でですよ。(途中で応援が1人加わる)
作業終了は何と4時。コーヒーを飲みながらグチをこぼし合っていたら空が白み始めてきました。

というのが事のてん末。

その後、空け染めてきた通勤路を“とぼとぼ”と帰宅。車で“とぼとぼ”もないけど気分はそんなものでした。
大型の運転手はそれから上へ上ったことは言うまでもありません。それも陸送で。
長野、松本あたりまでですからね。自分以上にきついはずですが元気に出ていきましたよ。

とんでもない一夜の出来事。 ご静聴ありがとうございました。

あめ、あめ、あめ、あめ、あめ・・・・・

今日も雨でした。よく降りますね。
特に一昨日はひどかったです。

そのため鹿児島県内2~3か所でがけ崩れがあり、多数の世帯が避難を余儀なくされました。

そのとばっちりがこっちにも来たんです。
何せ、通行量の多い基幹国道の10号線が通行止めですからたまりません。

昨日鹿児島市へ向かう途中でした。

現場は宮崎方面からくると同市の入り口に当たる竜ヶ水という地区。
前に錦江湾、後にがけが迫る危険な地区でこれまで何回も災害が起き、多大な被害を生んでいるところです。

幸い、高速道路を走っていたため大きな影響は免れましたが、さすがにただでは済みません。

現場手前のあたりは10号線と並走しているため、最寄りのインターでは国道からの乗り入れで混雑し、2区間約30キロにわたって大渋滞。
私は早めでしたからそのくらいでしたが、後の車はもっと影響を受けたかもしれません。

とにもかくにも仕事の予定が大きく狂ってしまいました。
とは言え、気持ちの切り替えが大事。渋滞当初はイライラし通しでしたが、終いには「なるようにしかならない」とあきらめました。
焦るとろくなことはありませんからね。

仕事は多少の遅れは出ましたが、何とか無事終了。

それにしても今年の梅雨は雨が多い。
「例年、梅雨明けのころに大雨が降り災害も多いのですが、今年は前半から多いので特に気を付ける必要があります」と、天気予報のお姉さんも言ってましたよ。

お互い気を付けましょうね。

無法運転を許すな!!

一報後の追っかけ記事を見るにつけ、腹が立ってきます。
最初見た時は、お互いに気を付けねばと思う程度だったのですが、後から次々と出てくる事実にあ然とし言葉が出なかったです。

北海道砂川市で起きた乗用車と軽ワゴン車の衝突事故。
この事故で軽ワゴン車に乗っていた親子4人が死亡。しかもそのうちの男の子(高校生)は車外に投げ出された後、後続車に引きずられて死んでるんです。

衝突した乗用車と後続車は仲間で、直前に酒を飲んでいたといいます。
国道を猛スピードで突っ走っていたとも。

亡くなった親子は近所でも評判の仲良し家族。その幸せと子供たちの未来が一瞬に吹き飛んだんです。
無念さはいかばかりか。思うだにつらいです。

それにしてもこいつら、飲酒運転、スピード違反、信号無視と無法の限りをつくす。
そのうえ轢いた男は「人を轢いた認識はなかった」などと言いながら、男の子を振り払おうとした痕跡があるといいますから何をかいわんや。絶対に許せません。

いつも思うのですが、こういうやからには極刑(死刑)を科すべきです。
こうしてるまに、またまた腹が立ってきました。      刀舟さん、叩っ斬ってくれえ(分からない人はゴメン)

元気に成長してますよ

こんばんは。また雨が強くなってきました。皆さんのお住まいはどうでしょうか。

さて、子ネコ君たちの成長ぶりを撮ってみました。

ご覧のとおり外を元気よく出歩くようになり、止めるのに苦労しています。
ちょろちょろ動き回るものですから危なかしくてしようがありません。

それと前にも書きましたが、4匹揃ってのショットを許してくれません。困ったものです。

       RSCN0741.jpg
             《我が物顔で歩き回っています》

そこで、仕方がないので1匹づつ個別に撮ることにしました。
それがこれです。

 koneko1.pngkoneko2.pngkoneko3.pngkoneko5.png   
                《♂3匹、♀1匹でした》

どの子もまだ赤ちゃん毛って感じ。
右端と左端の子は毛の色も模様も似ていてよく間違えます。

また機会を見て載せますね。次回はもっと大きくなっているでしょう。

あなたの好きなパンは?

今週のbeランキングも見逃せません。
アンケートのタイトルが「好きなパンは何ですか」とくれば、ほっとけない方も多いのではないですか。

今回はベスト10発表の前に私の好きなパンの紹介を。
それは、断然「カレーパン」と「焼きそばパン」。これしかありません。

それではいってみましょう。
 1位 クロワッサン、2位 フランスパン、3位 あんパン、4位 サンドイッチ、5位 カレーパン
 6位 角型食パン、7位 山型食パン、8位 くるみパン、9位 メロンパン、10位 レーズンパン

焼きそばパンが入ってないのは残念ですが、こんなものかな。

それにしても世の中にはパン好きな人の多いこと。
回答者の声からも「話題のお店には足を運ばずにはいられない。パンのためなら早起きも行列もへっちゃら」(東京、48歳女性)「安くておいしい焼きそばパンやコロッケパンなどを売っているお店は人類の宝です」(東京、57歳女性)などと最大級の賛辞が。

また、都道府県庁所在地、政令指定都市でパンの購入金額が最も多いのが神戸市。2位以下も京都、大阪、堺・・・と西日本が続き、東日本では川崎がようやく10位。
パンの愛好度は西高東低の傾向があるようだ、とありました。

このアンケートでは出てませんでしたが、「魔女の宅急便」に出てくる“グーチョキパン店”みたいなお店を持ちたい、おソノさんみたいなおかみさんになりたい、などの女性も多いと聞きます。

何はともあれ現代の食卓にパンは欠かせない。
いや、食卓だけでなく町のパン屋さん、高級ベーカリー、それにスーパーやコンビニなど、どのお店のパンも甲乙つけがたい。それぞれの良さがあり、味があります。

あなたはどのお店の、どのパンに軍配を上げますか。

早く結婚しようよ

厚生労働省が人口動態統計を5日発表しました。
まずその数字を見てみましょう。

  2014年の出生率は1・42で、前年を0・01ポイント下回る。
  第1子を産んだ時の平均年齢は30・6歳。
  生まれた子の数は100万3532人で過去最少。前年比の減少数は2万6284人。
  一方、死亡者数は127万3020人。
  婚姻をしたのは64万3740組で戦後最少。
  初婚年齢の平均は夫31・1歳、妻29・4歳。

少子高齢化が言われて久しいですが、こうした厳然とした数字を見せられると唖然とするばかり。

注目すべきはやはり初婚年齢かな。
男性31・1歳、女性29・4歳はどう見ても高いでしょう。

昭和30~40年代のころの結婚適齢期は女性で24~25歳。
これを過ぎるとオールドミス(死語?)と呼ばれ、大方の女性が焦ったと聞きました。
最近の女性は焦るどころか、一人暮らしを楽しむと意気軒高。

一昔前には男女を含め、“独身貴族”ともてはやされ、さらに最近は“おひとりさま”と称され注目を浴びているとか。

そりゃあ独りのほうが気楽でいいでしょう。
でもね、考えてみてください。

いろいろ楽しむことの多い若いときはいいですけど、年取ってからどうです?
寂しいよ。健康も含めて不安も膨らむよ。

若い人にはぜひ家族を持ちなさい、と言いたいな。
それもできるだけ早いうちに。

雨の日にひと言

降った、降った、降りました。
今日は走行距離430キロの長丁場だったのですが、その間小やみになることなく降り続いてました。
川が氾濫するところも出るのではと心配しましたが、そこまではいかず一安心でした。

   RSCN0717.jpg

写真は土砂降りのすごさを見ていただきたかったのですが、今イチ伝わりませんね(笑)
とにかくすごい雨でした。


災害が出るほどの雨は困りものですが、私は雨降り自体は嫌ではありません。

小さい頃から雨の日は家にこもっているのが好きで、縁側に腰掛けてよく外を眺めていたものです。
両親には子供らしくないと呆れられていましたね。

晴耕雨読。
昔からの憧れですが、今はちょっと違います。

雨読のほうはいいですけど、晴耕のほうはダメ。
自宅の狭い庭の管理でさえ持て余しているぐらいですから、耕すほうには体力がついていかないし、意欲もわきません。
ですから人様のブログ(野菜作り、庭造り)を拝見しては感心しつつ、ため息をついております。

そんなわけですから雨の日はひたすら家の中でゴロゴロしているのが最高。
そして知らぬ間に眠りに落ちる。自分にとっては至福のひとときです。

管理重視とプライバシー保護軽視

こんばんは。
今日も仕事で遅くなりました。

疲れてますが、ちょっと気になることを一言。

またもや発覚した年金個人情報の流出。約125万件だそうです。

こうした情報流出は今回に限らずこれまでも銀行、クレジットカード会社などで繰り返し起こっています。
さらに、国内だけでなく世界各国の政府や主要施設への不正アクセスなど日常茶飯事として聞かれる昨今。

素人考えですが、不正アクセスの阻止は無理。
これまでも国の膨大な予算と国民の英知を傾けて対策を講じてきているにもかかわらず、今もって止められてないんですから。

そこへもってきて“マイナンバー制”ですよ。

同じ日の記事に「準備を手がけていない企業や自治体などが8割以上あり、3割は何もしていないと答えたことが分かった」とありました。

さらにサイバー攻撃などへの安全対策についても「何も決めていない」が最も多くて約4割。「現状維持」が約3割。

来年1月から始めようというのにこのありさまです。

国民一人一人の一挙手一投足を掴み、管理しようという国策。
そんなに急いでどこへ行くんだ?

せつない思い出

先日、仕事へ向かう途中で画板をぶら下げ、画用紙を振り回している子たちを見かけました。
校内のスケッチ大会かな?

昔の自分を思い出し、おもわず微笑んでいました。

おそらくスケッチの場所を目指してか、それともこれから探すのか。

自分が思い出したのは小学5年生ぐらいのときのこと。
やはり友人ら2~3人で捜し歩き、見つけたところがガソリンスタンド。

当時は車も少なく、スタンド自体が珍しい存在でした。
今でもそのたたずまいを鮮明に覚えています。

よく覚えている理由はもうひとつ。

この時描いた絵が入選して表彰されたんです。
天にも昇る心地とはこのこと。
賞状と副賞にバッジをもらったと記憶してます。

おれって天才?  まさか!

後にも先にもこの時だけ。 何かの間違いだったようです。

おもわず買いたくなる売り文句って?

皆さんならどんな言葉を並べられたら財布のひもをゆるめますか?

今週のbeランキングは「買いたくなる食品の売り文句」でした。

まずはベスト10を見てみますか。
  1位 産地直送、2位 新鮮な、3位 季節限定、4位 無添加、5位 旬の
  6位 天然の、6位 無農薬、8位 産地限定、9位 焼きたて、10位 とれたて

どれにも共通するのが安心・安全かな。
これに関連しますが「新鮮」「旬」なども購買意欲をそそっているようです。 

ところが面白いことに、買いたくなる言葉として上位にランクされている「無添加」「無農薬」などが、今回同時に聞いた「信用できない言葉」にも上位で入っているんです。

安心・安全を求めながらも、どこか飛びつけない消費者の不信感が表れています。

そのほか「訳ありの」とか「こだわりの」なんてのも眉に唾して見ているようです。

言葉だけを飾っても消費者は信用しませんよ、ということのようで、このあたりはお店の人たちももう少し吟味したほうがよさそうです。 

それでは11位から20位までを挙げてみます。
   ⑪完熟、⑫生産者が見える、⑬朝どり、⑭揚げたて、⑮訳ありの
   ⑯こだわりの、⑰昔ながらの味、⑱厳選素材、⑲老舗の、⑳ヘルシー

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ