<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

事故だけは気を付けようね

こんばんは。遅くなりました。

今日は仕事で鹿児島市に行ったんですが、その往路で嫌なものを見てしまいました。

何かと言ったら高速道路上での横転事故。横転というより、反転(ひっくり返っている)状態で、キャビン(運転席)も完全につぶれていましたから、運転者の身が心配です。

救急車、パトカーはもちろん、消防車まで来てました。やはり油漏れによる火災を心配したのでしょう。

高速道路ではどうしても100キロ前後という、文字通り高速で走りますから一旦事故が起きればただでは済みません。
毎日車を走らせる自分にとっては他人事ではないです。

なにはともあれ、最初の配達先に向かう中での事故目撃だっただけに出ばなをくじかれ、終日気分が悪かったです。

そんなわけで今日はこの辺で失礼します。

繰り返しになりますが、ほんと人ごとではありません。車を運転される方、お互い注意しましょうね。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

昭和という時代

今日は昭和の日。
あいにく仕事は休みではありませんでしたが、昭和世代の私にとってはうれしい一日です。

昭和が意識できる日ですからね。昭和が終わってもう26年経ったんですよ。
昔は明治は遠くなりにけり、なんて言ってたものですが、今では昭和が遠くなりにけりです。

ラジオでも話題は昭和でもちきり。テーマを昭和で進めている番組も多かったです。

その中で豊後高田市の「昭和の町」の紹介が一番気を惹かれました。
町に入ると昭和30年代にタイムスリップしたような気分にさせてくれる街並み。駄菓子屋をはじめ商店も当時の様子が細かに再現されてるそうです。

特に興味深かったのはボンネットバスを使用しての観光ガイド。
昔ありましたね。前部が突き出たバス。紺の制服に大きながま口型のバッグを首からかけた車掌さん。
どれも懐かしいな。

この日は案内人の方が声で出演し「昭和の町」を元気よくアピール。それを聴いていたら今すぐにでも行ってみたい気分にさせられました。

昭和という時代。過去にはなりましたが私の心の中では、はっきり活きています。
昔のことなんか思い浮かべて何になる。前を向け。なんて言われそうですが断ち切れそうにありません。

私の人生の大半を過ごした時代ですから。

それでは、今日はぜひこれを聴いてください。昭和がよみがえること請け合いです。
曲名は“コーヒールンバ”。歌うのは西田佐知子さん。
案内人の方のリクエスト曲でもあります。



歌詞の中に出てくる「モカマタリ」。当時は何の意味か分かりませんでした。



  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

楽しくも不可思議な「ショピン」

こんばんは。

久しぶりに福岡へ行ってきたので、ちょっと遅くなりました。
帰省客や行楽客で高速道路などが混雑しているかと思いきや全然でした。

今回は週末の4日間に集中するかもしれませんね。


突然ですが

今日は楽しくも不可思議なバンドを見つけましたので紹介します。

バンド名は“ショピン”。男性3人、女性1人の4人組。
名前からして不可思議。

3月までNHK「みんなのうた」で「ビーフストロガノフ」という曲が流れていたのをご存知かな。
そう、それがショピンの曲。
それと4月から始まった「おじゃる丸」の新シリーズで使われているエンディング曲「マロのさんぽ」もそうです。

ギター、ベース、フィドルなどのアコースティック楽器と「おもちゃや手作り楽器」を使用。

基調はカントリー風ですが、前述したおもちゃや手作り楽器が入り、独特の曲調を展開。
そこかしこに楽器の自己主張が出てきて、何とも言えない雰囲気を醸し出します。
それと言葉の遊びも面白いし。

まあ、なにはともあれ次の曲「ずんば」を聴いてショピンの世界を味わってみてください。



どうでしたか? 不思議の世界に入れたでしょう。



航空ショーと草刈り

航空ショー、盛況理のうちに終了したようです。

ようです、ということは会場には観に行かなかったってこと。
もっとも行かなくても自衛隊基地がすぐ近くの我が家のこと、頭上をやかましく飛び回っているのは見えてました。

さすがブルーインパルスですね。
編隊を組んで飛び交うのですが、その間隔の狭いこと。下から見てる分には怖いくらいでした。

県外ナンバーの車も結構いましたが、皆さん満足して帰られたのではないでしょうか。

    WS000022.jpg
    《これはブルーインパルスではありません》

さてその間何をしてたかといえば、草刈りと池の水替え。

雑草君って強い。1ヵ月ほど前にやったばかりだったのに。
負けてられません。

池の水もぬるんで魚さんたちも気持ちよさそう。

そういえば、ヤゴも泳いでました。これまでは抜け殻を見たことはありましたが、動いているのは初めて。
割合大きめでしたので、近く羽化するのかもしれません。

それからタニシ君も。

みんな元気で何よりです。

テルマエ・ロマエⅡ 本日公開

WS000018.jpg

  あの男が帰ってきました。「テルマエ・ロマエⅡ」

第一作、とにかく楽しかった、面白かった。
前作をしのぐのか、それともがっかりさせるのか。期待と危惧が半々。

シリーズ物の大半が2作、3作となると落ちていくもの。関係者は自信満々のようですが。

ストーリーはご存知の通り、ローマの浴場設計技師の男が突然タイムスリップして日本の銭湯に現れたことに始まります。
以後、銭湯からカルチャーショックを受ける彼の姿をコミカルに描いていきます。

ふろおけ、シャンプーハットなど我々にとってはありふれた普通のものにすら驚嘆の連続。
特に風呂上がりのフルーツ牛乳は笑えました。

出演者がまたよかった。
主演の阿部寛を始めとする「濃い顔」の面々に、上戸彩、笹野高史ら豪華キャスト。
今回の作品ではこれに加え、元横綱の曙、元大関の琴欧洲なども登場するようですが、どうなることやら。

前置きはこれくらいでいいか。

今回の大きなテーマは、日本の伝統的な風呂文化が「世界を平和に導く」ことらしい。
確かに一緒にお風呂につかり話せば、自然と分かり合えるというものです。

となれば、安倍さんとオバマさんも寿司屋に行くより温泉に行って裸の付き合いをやればよかったのに。
懸案事項も案外簡単に解決したでしょうにね。

ちょっと脱線してしまいました。

あらすじも眼にしましたが、パス。まっさらの状態で観てみたいんです。
ともかく、謳い文句のSF超大作に期待します。 ※このSF“スゴイ風呂”と読む。

がっかりさせないでください。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    




航空ショーとばら祭り

ゴールデンウイークが目前。そこで今日は私の街のイベントを紹介させてください。


一番の目玉は「2014エアーメモリアルinかのや」(航空ショー)

           WS000015.jpg


4月26日と27日の2日間。

航空機の展示、それに編隊飛行やアクロバット飛行など盛りだくさん。
今年はブルーインパルスも来場し、華麗な飛行テクニックを披露してくれるようです。

このほか対戦車ヘリコプターや対潜哨戒機の飛行、陸上自衛隊第1空挺団による落下傘降下なども。
地上では海上自衛隊佐世保音楽隊の演奏会、それにラッパ演奏や太鼓演奏などもあり楽しめそうです。
それと26日には体験搭乗も。

興味のある方はコチラから入り、確認してみてください。

鹿屋市は戦前から海軍飛行場があり、大戦末期には特攻機が飛び立ったことでも知られています。
戦後は海上自衛隊として引き継がれ、現在に至っています。

※基地内駐車場は事前の申込み抽選になっており、もう締め切られています。
 ほかにも用意されており、シャトルバスが出るようです。


もう一つある大きなイベントは「鹿屋ばら祭り」

           WS000017.jpg
             写真は「プリンセスかのや」

期間は4月26日~6月1日

鹿屋ばら園は8haの広大な敷地に5万株のバラが植えられた日本最大級のばら園。
錦江湾が見渡せる鹿屋市霧島が丘の丘陵地に広がるばら園は圧巻です。多くの来園をお待ちしております。

「プリンセスかのや」は鹿屋オリジナルのバラです。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    


これはひどい

今日はオバマ米大統領関連のニュース一色といった感じでしたが、そんな中で私には気になったというか、腹の立ったニュースが一つ。

認知症の男性(当時91歳)が徘徊中、列車にはねられ死亡した事故で、JR東海が遺族に損害賠償を請求。
その控訴審判決が今日出されましたが、中身を見てビックリ。

男性の妻が事故を防ぐ責任を果たさなかったとして、約359万円の支払いを命じられたんです。

これはあんまりでしょう。

判決では、徘徊して事故に遭う可能性を予測できたのに、見守りを強める責任を果たさなかったというんですが、四六時中見てられると思いますか。

絶対に不可能です。

これはもう、座敷牢でも作って押し込めておけと言わんばかりの判決じゃないですか。

人間だれでも老いるときはきます。痴呆症も出るでしょう。誰が責められますか。
周りの人も日常の介護の中で疲れ切っています。これ以上、何を求めますか。


判決も判決ですが、損害賠償を請求したJR東海もひどい。こういうのを血も涙もないというんです。



  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

若いって素晴らしい

昨日若い人についてちょっと触れました。
ネット上の若者ではないんですが、うちの会社にも若いのが結構います。

中に元気なのがいるんです。

陸自出身なんですけど、それがもう筋肉隆々。胸回り、腕などの太いこと、太いこと。
20キロ30キロぐらいの荷物など軽々と運びますからね。

でかいだけでなく身の軽いのにも驚きです。
大型トラックの荷台は地面からかなりあります。それを垂直跳びで飛び上がるんですから、口あんぐりです。

私もこれほどのマッチョではなかったにしろ、体力には自信があったのですが、もうだめ。
仕事で動き回る彼らの姿はまぶしいほどです。

では怖いかと言えばそんなことは全然なし。素直で明るい好青年。冗談を交え、ふざけあってます。
でも知り合いだからかな。初対面だったらちょっと怖いかも。(笑)

とにもかくにも、うらやましい限りです。彼らの持つ馬力、体力。発散するエネルギーのすさまじさ。
まあ、ないものねだりをしても仕様がないですね。

現実を認め、それなりに頑張ります。

ただ若者に一言。
お前らも将来こんな時を迎えるんだぞ、と。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

なぜか突然に これからもよろしく

最近は昔話ばかりで若い方には申し訳なかったですね。

ジミ・ヘンドリックスにグループサウンズ、果ては忠犬ハチ公まで登場させてしまいました。

でもこれらを見て、そんなことがあったのか、それ聞いたことがあるぞ、などと受け止めてもらえればうれしいな。
昔があって今があるんですから、いろいろ知っておくのもいいんじゃないでしょうか。

これからも書くからね。
できれば若い人に、へぇ~なんて言わせたいな。

また、ご同輩の皆さんは間違っていたり、気に入らなかったりしたら遠慮なくツッコミを入れてください。

もう仏さまの域に達していますから、心が広いですぞ。(どうだか)


袖すり合うも多生の縁-と言います。
この広いネット上で知り合った仲じゃないですか。 これからもお邪魔しますよ。


追伸

昨夜が12時就寝、今朝が4時起床。
なぜか今大変忙しいんです。連休前だからかな。 で、オヤスミナサイ。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

お父さんは“ハチ公”だった

今日は“忠犬ハチ公”の銅像が建てられた日だそうです。昭和9年の話です。
ハチ公と言ってもほとんどの方が知らないでしょうね。

そこで簡単に説明します。

ハチは飼い主が死んだにもかかわらず、駅の前で毎日帰りを待ち続けた偉い犬なんです。
それも、そこ何日かというのではなく数年間駅に通い、待ち続けたといいます。

銅像は通い詰めた渋谷駅の前に建ち、今では待ち合わせ場所として有名。「ハチ公前」で通るといいますから、大したものです。

戦前は教科書にも載り、戦後は映画やテレビドラマにもなったハチ。死んだあとでは剥製にされ、国立科学博物館に所蔵されてるそうですから、そんじょそこらの犬とは大違い。

もっとすごいのはハチの死後、実際に葬儀が行われたということ。
告別式にはハチにかかわりのあった多くの人が参列し、僧侶16人の読経が流れる中、しめやかに執り行われたそうです。
しかも式には花環や生花が多数届けられたほか、当時のお金で18万円(今ならいくら?)を超える香典が寄せられたとか。

どうです、分かってもらえましたか。
ハチ、ハチ公なんて気安く呼び捨てにできない気になってきませんか。

もっとも戦前は美談として取り上げられた感もありますが、それでもやっぱりエライ。

                hati

 写真は剥製にされたハチですが、某携帯電話会社のCMに出てくるお父さんに似ていると思いませんか。

             お父さんは“ハチ公”だったんだ


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    


最高!! ふくしま

こんばんは。今日はちょっと肌寒かったですね。雨も降ってたし。
そこで今日は、家に閉じこもり。

特にすることもないので、とりためていたお気に入りのテレビ番組を鑑賞しました。

何かというと、以前この欄でも紹介しました「題名のない音楽会」の福島編。
2週連続の放送で、1週目のゲストがももくろクローバーZと坂本冬美。2週目は民謡教室の子供たちと民謡歌手の原田直之さん、女子高生のフラダンスチーム、それに小学生の合唱部の面々。

ドリフターズの加藤茶さんが通しのゲストでした。

       WS000013.jpg

今日は2週目のほうを観ましたが、やっぱり感動に次ぐ感動。前回も書きましたように今回も涙なしでは観られませんでした。

民謡、フラダンス、合唱のどれも子供たちの表情が何ともいえず良かった。
震災で家族、友人らと離ればなれになる苦難に遭いながらも懸命に生きる。そんな姿がそこここに表れていました。

特に合唱の場面では子供たちがアップで映されるのを目の当たりにして、もう涙、涙。
もう年ですね。涙腺が弱くなってダメです。

それでも、これからもこんな気持ちで見続けたいな。この気持ちをなくしたらおしまいですから。

最後に、“加ト茶”のスティック捌きも素晴らしかったです。
もう70を越えているようですが、まだまだ現役で頑張ってほしいものです。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    




あのとき僕は若かった

    ジュリ~、ショ~ケ~ン

懐かしい響きです。1960年代後半に一世を風靡したグループサウンズのアイドル(当時はこういった呼称はなかった)たち。
肩まで届くような長髪に、ハデハデの制服。大仰な身振りとステージいっぱいに跳ね回るそのスタイルは10代の少女らを中心に多くの人たちのハートをとらえました。

大方のバンドはリードヴォーカルにエレキギター、ベース、それにドラムスといった編成。

アイドルといっても歌唱力、テクニック等は結構いいものを持ってました。
スパイダース、ブルーコメッツなどはその典型。彼らの持つ音楽性は一流バンドと比較しても何ら遜色ありません。

もう40年経ちますか。

当時は長髪やエレキギターは不良のやるものとして厳しく規制され、中学・高校生らはコンサートを観に行くこと自体が禁止。
NHKは、人気があったにもかかわらず、彼らの出演そのものを許可しませんでした。

今では長髪、茶髪、ミニスカ何でもありなのにね。隔世の感があります。

昨日のNHKラジオ「すっぴん」の中でGSの話が出ていて、それが頭から離れず、ついつい昔話をしてしまいました。

あのころ私も若かったんですよ。




  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

ジミヘン Ⅱ

昨日のジミヘンの記事について、書き忘れていたことがありました。

それは、この曲でアメリカの国歌を覚えたということ。
これまでもオリンピックの表彰式などで聴いてはいましたが、この曲を境によ~く耳に残りました。

晴れやかですが荘厳な気持ちにもさせるいい曲です。

Jimi Hendrix The Star Spangled Banner

ジミヘンの「スター・スパングルド・バナー」(アメリカ国歌)です。もしよろしかったらクリックしてお聴きください。

ベトナム戦争への抗議だったのか、大友さんの言うノイズミュージックへの挑戦だったのか。

どっちもあり、だったかもしれませんね。


それともう一つ。
大友さんがギターを始めたきっかけは何?の問いかけに、モテたかったからとの返事。

ですよね、名人達人と呼ばれる人たちだって動機はこんなものだったのではないですか。

そんな人たちと同レベルには語れませんが、私も20歳前後のころは夢中になっていたものです。
会社の寮にいましたから、同じような奴らが集まりズンチャカズンチャカ大騒ぎ。

確かにギター一本持ってれば女の子の反応は違いました。
私の場合、こちらのほうだけが目的だったようです。

古き良き頃のつまらない話でした。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

ジミヘン かっこよかったよ~

「あまちゃん」の音楽を担当していた大友良英さん。今やテレビ、ラジオで引っ張りだこの超売れっ子です。

先週の日曜日には「題名のない音楽会」に出演し、ノイズミュージックなるものを披露してくれました。

その中で、ノイズミュージックを説明するための曲としてジミヘンドリックス(ジミヘン)がウッドストックで演奏した「The Star Spangled Banner(スター・スパングルド・バナー)」を紹介してくれたんですが、懐かしかったです。

当時ベトナム戦争にのめり込んでいたアメリカ。
ジミヘンは、国歌を歪んだ音で演奏することにより戦争反対の意を表したということだったらしいですが、高校生だった私に分かるはずもなく、ただかっこいいとしか映っていませんでした。

大友さんはそれだけでなく、ノイズを出すことを楽しんでいたのではないかとの見方も。

どちらにしても2分弱の映像でしたが、今見てもかっこいいですね。ほんとにほんとにそう思います。

さて、肝心のノイズミュージックのほうですが、大友さんがいろいろな曲を持ち出して説明してくれましが、結局その良さはよく分かりませんでした。

あまちゃんのあの跳ねるような軽快なテーマソングとはあまりにもかけ離れており、イメージ的にこちらに入れなかったのかもしれません。

大友さん、またいい曲をお願いしますね。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

車欲しくない?

これまでもこの欄で書いてきた若者の車離れ。最近さらに顕著みたいですよ。

車を購入する、しないの以前の問題として、免許自体を持たないんです。

私たちの年代にとって車は最高のあこがれ、というより宝かな。
給与に対しての価格は天文学的な数字で、簡単には手に入らない代物。

それでも無理して給与の7~8割を車のローンに充てるつわものもいました。
当然ながら食生活などはみじめなもの。

あと親に頼るものも結構いましたね。

そうそう、友人と2人折半で買っていたのもいました。
もちろん名義はどちらかにするのですが、ガソリン代や使用日の振り分けなどで時折もめていたことなどを思い出します。

そんなことをしてまでも車が欲しかった時代でした。
変れば変るものです。車の性能やスタイルは格段に向上してるんですけどね。

まあ昔と違い、車以外にも関心のあるものが増えているし、外に出ない若者が増えています。
多分そこらあたりにあるのかもしれません。


それと関連すると思いますが、最近若い人の整備士へのなり手が激減しているとか。
このままでは整備士不足が深刻になるとして、政府、業界をあげて対策に乗り出しています。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    



人工知能恐るべし

プロ側が最終戦も負けてしまいました。
将棋ソフトとプロ棋士が団体戦で戦う「第3回電王戦」。戦績は1勝4敗、惨敗ですね。

落胆が大きくて書くのを迷っていましたが、気を取り直して書きます。

どこまで進化するのか。

昔からロボットが自ら考え、行動できるまで性能を高め、人間と対抗する-そんな夢物語のような話はありました。
鉄腕アトムなどその典型です。
善玉と悪玉のロボットが戦う。話ができるばかりではなく、状況判断までやってしまう。
もちろんマンガの世界です。

近いところでは映画の世界でそんな想定がありました。
いろいろあるかもしれませんが、私の知ってるところではターミネーター、バイオハザードでコンピューターが人間と死闘をくり返していました。

アトムのころはそれこそ夢物語。
でもターミネーター、バイオハザードの代では、あり得るかもしれないと思ってしまいます。
そう思いませんか?

そこへきて今回の将棋ソフトの大躍進。

1秒間に数百万手を読む高速計算が可能と言われます。

今の段階ではまだ、与えられた情報を基に思考?を組み立てていますが、これに何かを組み込めばコンピューターが独り立ちするのでは。
そんな恐れすら持ちます。

もうこれは現実問題ですよ。決して夢物語などではない。
そんな思いを強くした「電王戦」でした。


ちなみに今日の朝日新聞は「電王戦」の結果について詳しく報じていました。
それも2面の大部分を使って。これは破格ですよ。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

楽しめます 珍地名

13日早朝に南太平洋のソロモン諸島でマグニチュード7・6の地震が発生。
幸いにも津波による日本への影響は見られませんでしたが、別の意味で興味をそそられたことがありました。

それは、震源地がキラキラの南東100㎞とあったんです。
キラキラとはソロモン諸島の中にある町の名前。

格別珍しい名前でもありませんが、それでも明るいリゾート地を連想させて楽しいじゃありませんか。
それだけのことなんですが、ちょっと惹かれました。

そこで珍しい名前でもと思い調べてみたら結構ありました。

  ボイン川(アイルランド)        パンティ(マレーシア)

  マダカシラ(インド)          アフォバッカ(スリナム)

  オナラスカ(アメリカ・テキサス州)   マルデアホ(アルゼンチン)

  アホ(アメリカ・アリゾナ州)      ボケ(ギニア)


などなど。きりがありませんので以下、割愛。

日本はという声が聞こえてきそうですが、もちろんあります。

  ヤリキレナイ川(北海道)  アイヌ語で魚の住まない川ということらしいです。

  トトロ(宮崎・土々呂)   鉄道の駅もあり、鉄道ファンならご存知かも。

まあ、このぐらいでやめときますが、ほかにも相当ありそうです。

日本語(カタカナ)として読みますからこう読めるだけで、当地の人にとっては心外かも知れません。
由緒正しい意味を持ってるかもしれませんからね。

地震から離れてしまいましたが、そこそこ面白かったです。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

鳥インフル発生 早期終息を

熊本県は13日、同県多良木町の農場で飼育されていた鶏から高病原性の「H5亜型」鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表しました。

国内の発生は2011年3月に千葉県で確認されて以来で、熊本県内では初めて。

県は11万2千羽の殺処分を決定し、合わせて移動制限区域や搬出制限区域などを設定、周辺6市町の11か所に消毒地点を設けました。

隣県とはいえ、養鶏の盛んな鹿児島、宮崎県への影響は大きい。

私の会社ではモモ肉、ムネ肉などの鶏肉を関西、関東方面に搬送。
集荷のためにブロイラー工場に出入りしていますが、おそらく人や車への消毒が一段と強化されるのではないでしょうか。

鹿・宮両県では以前も鳥インフルが猛威を振るい、また肉牛においても3、4年前に口蹄疫が発生し、畜産農家や地域経済が大きな打撃を受けたばかり。

現在は豚の伝染病・流行性下痢(PED)が九州南部を中心に流行。昨年10月以降に子豚約5千頭が死んでおり、終息の気配を見せていません。

こうした状況に今回の追い討ちですから関係者にとっては頭の痛いところ。

鶏、牛、豚といえば鹿・宮両県は日本有数の生産県。地域の経済を支えている屋台骨です。
これ以上被害が広がらず、農家の方たちが安心して経営できることを願います。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

「我以外皆我師」 これでいきましょう

我以外皆我師(我以外、皆我が師)

中国の古典にありそうな言葉ですが、「宮本武蔵」で有名な吉川英治先生の造語で、先生自身が座右の銘にされてたようです。

私がこの言葉と出会ったのは中学2年のころでした。
この言葉に接したとき、かくあるべしと子供心にも思ったことを覚えています。

このころの私って偉かったですね。

先生は本の中で武蔵に「諸国の先輩を皆師として訪ね、天下の山川も皆師と存じて遍歴しております」と語らせています。
つまり、人からだけでなく自然からも学ぶという度量の広さ。

現代は、俺が俺がの時代。声の大きいほうが勝ちとばかりに、声高に自説を主張する。
それがまかり通るのですから情けないですね。

確かにお互いをぶつけ合い、切磋琢磨することも必要です。

しかし社会はそればかりではありません。
他人の言に耳を貸し、他人の行動から学ぶ姿勢があっていいはずです。

中学生のころに“かくあるべし”と思っていたことなど、とっくの昔に忘れています。

情けないなどと書きました。
それでは自分はとなると、地域や会社の中で頑固なまでに自分の意見を振りかざし、押し通したこともありました。

う~ん。とんだ繰り言になりました。

今からでも遅くないでしょう。 謙虚に学ぶ姿勢、「我以外皆我師」を実践します。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    






春というより、もう初夏

朝晩の冷え込みは多少残りますが、昼の温かさは別格。

木々の緑や花々のあざやかさはもう初夏の装い。

池の水もぬるみ、石や水草の陰に隠れていたおサカナさんたちも姿を現し、元気に泳いでいます。

     ike.jpg

それとアメンボが水面をはねるように走り回っているんですが、こいつらどこから来たんでしょうかね。
うちの池には初登場です。

それからヤゴの抜け殻も見かけるし、昨年来住み着いている正体不明の“クネクネ君”も健在で、我が家の狭い池は大にぎわい。

ささやかな棲家ではありますが、小さい生物たちの役に立っているようで、うれしいな。

確実に季節はめぐっています。
ただ、夏のあの酷暑が怖い。乗り切る体力を今からつけておきますか。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

ラジオを見直してみませんか

最近はラジオに浸ってます。

パーソナリティーのおしゃべりと音楽、各地の話題など時間つぶしに最適。何より、ほかのことをしながら楽しめるというのがいいですね。

お堅いと思われているNHKですらトーク番組を中心に幅の広い、魅力ある情報、娯楽を発信しています。

私も最近では民放よりNHKの放送を聴く機会が多くなっています。

ラジオといえば、テレビ普及以前は娯楽の王様でした。ラジオ番組から人気のドラマ、歌謡曲などが数多く生み出されたのはご承知の通り。

テレビの普及で駆逐されるかと思いきや、しぶとく生き残っています。
何より、FM放送や深夜放送により若者をつかんできたのが大きいのでは。

それと災害時におけるラジオの果たす役割があります。
今でこそ携帯やスマホで情報がたやすく手に入りますが、まだまだラジオに頼るところは大きいですからね。

おおっと、忘れてました。聴くようになった大きな理由の一つ。
テレビ番組が詰まらなくなったこと。

2時間、3時間番組は当たり前。それもお馴染みの顔ぶれが勢ぞろいして大騒ぎするだけ。
とても長時間耐えられる番組ではありません。ドラマもいまいちだし。

私がおかしいのか、世の中がおかしいのか。

ともかくテレビはめったに見ません。
見るとしても、せいぜいお気に入りのスポーツかニュースぐらいのもの。

ラジオは癒されます。
皆さんもラジオを見直してみませんか。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    


小保方さん会見

今日はこのニュースでしょう。

全国民が注目していたと言っても過言ではありません。
もしも安倍首相の会見とかぶさっていたら、こちらのほうは飛んでたでしょうね。

何の話かって?もちろん小保方さんの記者会見。

小保方さんは会見で、ねつ造、改ざんを否定し、STAP細胞も存在すると明言しました。
しかし、専門家からは「存在すると言っても正確な論文が発表されてない以上、科学者の世界では通用しない」と厳しい指摘も。

私には小保方さんの主張が正しいかどうか、正直言って分かりません。

論文に疑義が出てから、小保方さんへの疑問や批判が続出。
一方で、長い目で見てやって、など擁護する意見も出るなど、批判派と擁護派に二分され、大きな議論を呼びました。

テレビを見ていて思いました。不謹慎かもしれませんが、やっぱり小保方さん、可愛い。
今回の騒動も小保方さんだからこれだけの注目を浴びたんですよね。

これが40、50のおじさんだったら、せいぜい科学や医学に関心のある人たちの間で話題に上がったぐらいではないかな。

冒頭から涙声で語り始め、会見の途中では涙を見せる場面も。
これでは問題の是非はともかく、大方の視聴者が「小保方さんがんばれ」の声援を送ったのでは。

理研も頭が痛いね。へたすると悪役になりかねない。
とは言っても遠慮することはない。公明正大に対処すればいいんです。

まあ、もうちょっと様子を見てみましょう。
小保方さんもつぶれないで頑張ってほしいな。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    


儲けより税金が高い?そんなばかな

見出しを見た瞬間、「何をばかな」と思いましたね。

外した馬券代を経費として認めず、北海道の公務員男性が国税局から申告漏れを指摘されたというんです。

男性は「雑所得」との見解から税金を申告。一方、国税局は「一時所得」として算出。
税法上の見方の違いによるものですが、素人目にも国税局のやり方はおかしい。

当たりにしろ、外れにしろお金を投資していることに変わりないじゃないですか。
経費として認めるのが当たり前でしょう。

税金の額が競馬の利益を上回るといいます。そんなばかなことがありますか。

男性はこれを不服として訴えることにしたそうですが、当然です。

それにしても、6年間で約72億7千万円の馬券を買って、約78億4千万円の払い戻しを受けたといいます。約5億7千万円の利益ですよ。

新聞報道によるとこの男性、JRAに登録された8千頭の馬の能力や騎手の技術を独自に分析し、ネットで年間2千回以上馬券を購入したといいます。

私も2週間ぐらい前にJRAに新規登録したばかりだったんです。それだけに今回の記事はまっ先に目につきました。
それにしてもスゴイ。弟子入りしたいぐらいです。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

春の味をご賞味ください

ここ何日か寒い日が続いています。
寒さの厳しかった冬日に比べると大したことはありませんが、それでも一時暖かい日を過ごした身にはこたえます。

そうした中、特産のソラマメの便りが届いています。

鹿児島県はソラマメの出荷量が日本一。
中でも指宿産は鹿児島県のブランドに指定され、そのおいしさは折り紙つき。

食べ方としてはいろいろありますが、やはり焼きソラマメがおすすめとか。
調理はまことにシンプル。

焦げるほどに焼き、水分が出てきたところを塩で味付けし、出来上がり。

ビタミンが豊富で、甘くとろっとした口当たりは何とも言えません。
ビールのつまみには最高。

皆さんの食卓にもいかがでしょうか。ご主人に喜ばれること請け合いです。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

嬉しいニュース、残念なニュース

さて、今日は嬉しいニュースと残念なニュースを。

嬉しいほうは、マー君。勝ちましたよ。
1回に先頭打者にホームラン、2回もヒットなどで2点を取られたものの、3回以降は立ち直り、味方打線にも助けられて大リーグ初先発で初勝利をあげました。

残念なのは俳優の蟹江敬三さんが死去したこと。
昨年はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、主人公アキの祖父役を好演。
ほか舞台やテレビなどに多数出演し、親しまれていました。

私にとって一番の印象はテレビや映画で上映された「スケバン刑事(でか)」での上司役。
今でも頭にこびりついていて、忘れられませんね。

残念なほうのもう一つ。
この欄でも何回かお伝えしたプロ棋士と将棋ソフトが戦う「第3回電王戦」。

負けちゃいましたよ。

5局のうち第1、2局を連敗し、いきなりカド番。
第3局で勝利したものの第4局目の昨日、名人戦にも挑戦したことがある実力者の森下卓九段がソフト「ツツカナ」に敗れ、棋士側の負け越しが決まりました。

何とかしろ、と声をからして応援してきただけに残念。

こうなるとコンピューターソフトの実力を認めないわけにはいきませんね。

それでも人間の頭脳が劣るとは思いたくありません。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

どれくらい寝たらいいの?

睡眠時間って、どのくらいが適正?


昔から1日24時間を三つに分け、8時間働き、8時間休み、8時間寝ると聞いてきました。
しかし、明かりが満足になく、娯楽の少なかった昔と違い、夜更かしは当たり前の時代。

かくいう私も慢性の睡眠不足。
今、寝るのはたいてい0時前後で、起きるのが朝5時半ですから、これでは短いかな。

医学的にこれぐらいでいいのか、そこが知りたいところ。

睡眠不足を感じているんですから、せめて11時までには床につきますか。


ただ、人生の限られた時間を寝るのに充てるのがもったいないような気がするんです。
もっとも、起きているからといって有意義なことをやってるわけではありませんが。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

吹き鳴らせ!高らかに

     WS000002.jpg

昨日トランペットについて触れましたので、今日は続きをちょこっと。

何を血迷ったのかトランペットを始めたのが3年前。あこがれだけでした。
まるっきりの独学。頼りは購入したトランペット(通販の8点セットで1万6800円)に付いていた教則本とDVDだけ。

しかし、吹けども吹けどもウンとスーだけ。
やっとマウスピースから「ブー」と音の出た時の喜びは今でも忘れません。

その後も悪戦苦闘。何しろタンギングなど出てくる用語すら分からない。

とにかく吹き続けるしかない、と吹き続けました。
1年ぐらいたって、まがりなりにも音らしくなり、練習曲も最後まで一通り、吹けるようになりました。
それからさらに2年が経過。自分でも少しはましになってきたと思ってます。

問題はここから。
体力強化を図りながらこれまで通り、吹きに吹きまくります。私にはこれしかないですから。

究極の目標。
自己流を極め、山のいただきで音吐朗々と吹き鳴らす。曲はもちろん「ハトと少年」。

いや応なく飛び込んでくる“騒音”に悩まされる周りの方々には「ゴメンナサイ」と心の中で詫びつつ、気長に楽しくがんばります。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    

目指せ!!迷トランぺッター

体力のなさを痛感しています。60歳が境でした。
50代と全然違います。

普段の立ち振る舞いはもちろん、寝起きさえ、きつさを感じるんですから情けない話です。


それともう一つ。

趣味で下手なトランペットを吹き鳴らしているんですが、これがもうダメ。
高い音も低い音もそれなりに出ます。ところが長く続かないんです。

トランペットは腹の底から思い切り息を吹き込まないと音は出ません。いい音を出したいとすればなおさらです。

そのため吹奏楽部の人たちもよく腹筋、背筋の鍛錬をやってます。
映画「スィングガールズ」でもそんなシーンがありましたよね。

その腹筋、背筋がダメなんです。
ちょっと鍛えようと思い、腹筋運動をやってみました。なんと4~5回で撃沈。


トランペットで「ハトと少年」を朗々と吹きたいんです。
そこそこ吹けるようにはなりました。

でも自己満足なんです。とても人様に聴かせられるレベルにありません。
もうひと押しなんです。そこで欲しいのが体力。

やっぱり鍛えよう。   よし!やります。


ちなみに「ハトと少年」とは、アニメ映画「天空の城ラピュタ」で主人公のパズーが屋根の上で吹き鳴らした曲で、私がトランペットを始めた動機の一つでした。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    



タモリさん ご苦労様

バラエティー番組「笑っていいとも」が終わりましたね。
32年間。一口で言いますけど、やっぱり長い。始まった年に生まれた子が今では32歳。(当たり前)

長寿番組として多くの人に愛されたのは、やはりタモリさん個人の個性によるところが大きい。
つまり、タモリさんあっての「いいとも」だったということ。

ところでタモリさんてどんな人?

芸能人としてどのジャンルに入るのか分からない人。裏を返せば何でもできるエンターテイナー。

そんな感じでしょうか。

先日、福山雅治さんと番組中に魅せたセッションには感動したし、以前には他の番組でトランペットを使用してのジャズ演奏を披露。秘められた才能を垣間見せてくれました。

さらに機知に富んだ会話、広い交遊歴、深い学識など、どれをとっても抜きんでていると思います。
まとめると、多芸多才というだけでは済まされない、もっと他に何か持っていそうな、そんな人です。

こんなタモリさんですからできたんですね。

とりあえず、お疲れさまと言っておきます。また新しい場で、素敵なものを見せてください。

待ってますよ。


  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    



消費税8% 滅入るなあ

今日から消費税が8%に。昨日は買いだめのための行列が各地で見られました。

1千万、2千万する買い物ならともかく、せいぜい数万円の買い物にひた走る。
千円で30円、1万円で300円ですよ。

こんな額でも走ってしまう庶民の悲しい性(さが)。
でも10円、20円の積み重ねは大きい。物(特に食料品)を買わないわけにはいかないですからね。

1989年の竹下内閣時に初めて導入。

それまでも歴代内閣が、売上税とか付加価値税の名前で導入を何回も画策。
しかしそのたびに国民の猛反発を受けて断念してきた歴史があります。

こうした大きな政治課題も、一旦導入してしまえば、当初の3%から5%、8%と上がるなど、政府の思うがままです。
まさに目論み通りといったわけです。

そりゃあ、納税は国民の義務ですから収めないといけません。

しかし、消費税はいけません。
低所得者に痛みを強いる、不公平な税の極めつけですから。
特に食料品。これは絶対に非課税にし、それから日用品なども税率を軽減すべきです。

安倍首相、100円200円にあくせくしている庶民がいることを分かってください。
そして「消費税率8%、あれはウソでした」なんて、明日にでも発表してください。


え~い、こんなことを書いていたら気分が滅入りそうなので、今日もこれでいきます。


  テゴマスの「猫中毒」

       踊りたい方はどうぞ
    [広告] VPS



  ※ご家庭までお届け
    
  ※サプリの王様
    
プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ