<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

センテナリアン、な~んか格好いい

1世紀(百年)を生きる人のことをセンテナリアンといい、日本では約6万6千人ほどいるということを新聞で知った。
思ったより多いな、というのが率直な感想。

100歳か。自分もこの辺りまでは生きたいと思う。
とは言っても元気な身体でということ。寝たきりでそれだけ生きても意味はない。

日本人の現在の平均寿命は女性が87・14歳、男性が80・98歳。

これに対して“健康寿命”というのがあり、厚労省が発表した数値では平均寿命より10年前後低いという。

健康寿命とは支障なく日常を暮らせる期間のことで、まさに先に述べた元気な身体で暮らせる期間がこれ。
つまり、同じ生きるなら平均寿命の100歳ではなく、健康寿命の100歳でなくてはならないのだ。


ところでこれまで高齢者の定義を65歳以上としてきていたが、最近これを75歳以上に引き上げるという動きがある。食生活や医療の向上などにより若返っているからという理由らしい。

だがちょっと待て。この数字は保健(保険)や年金など各種高齢者制度の在り方に重大な影響を与える。
今でさえある「年金の支給開始を延ばす」「保険料を老人からもっと徴収する」などという動きに根拠を与え、さらにこれを加速させかねない。


いかんぞ。100歳まで元気に生きるという願いに対し、「元気に」という健康上の壁だけでなく、経済的な壁までが立ち塞がろうとしている。
100歳を迎えた人に祝い金や粗品などを贈っているようだが、そんなもんは要らん。安心して年を重ねられる高齢者制度を確立させよ、と声を大にして言いたい。



日々の出来事ランキング

いろいろ考えた、が、分からん

昨日あれから家族そろって墓参りに行きましたよ。やっぱり気分が落ち着きます。

ところで、手を合わせているところを撮りたいので動かないようリクエストしたところ「こんなところで写真を撮らないで」の一斉攻撃。墓で写真を撮ると何が写るか分からない、というんですよ。

いやあ、うちの奥さんだけならともかく子供二人も一緒に主張するんですから驚き。なんとか1枚は撮らせてもらいましたが、掲載はカット。
やはり心霊ブームのせい?若い人ほど超常現象などに関心を示しているようですからね。


仏教では「人生の本質は“苦”であり、誰であっても老いたり病気になったり死んだりする運命から逃れることができない」としています。

自分なりに解釈すれば「人間誰でも骨になる」ってこと。
栄耀栄華を求め、得たとしても長久の流れの中の一瞬でしかない。でもね、その一瞬の中でもいいから栄華を極めたいというのが人間。

これを煩悩といいます。
そして、それを捨て去りましょうというのが仏様の教えなんですが人間は煩悩のかたまり。つい欲に走ってしまう。

じゃあ、どうする?欲望に身を任せる、禁欲生活を送る。


暇にあかしていろいろ考えてしまいましたが、どうまとめていいのか分からんようになりました。
すんません、あとはそれぞれでお考えください(汗)




日々の出来事ランキング

御霊安かれ!祈恒久平和

ふ~っ 暑い。
皆さんはどんなお盆を迎えていますか。ひょっとして「盆どころではない」と仕事に明け暮れてる方も?
ご苦労様です。

            ireitou.png
                    《戦没者慰霊塔》

自分はお盆の入りを前にした昨日、旧鹿屋航空基地特別攻撃隊戦没者慰霊塔を訪ねお参りしてきました。
同慰霊塔は海上自衛隊鹿屋基地より北西に約1キロの地にあり、自分のうちからも同じぐらいの距離で比較的近くにあります。

旧鹿屋基地からは多くの特攻隊員が飛び立ち、この慰霊塔には908人の御霊が祀られています。
その大多数が十代の若者であったと聞きます。

出来るだけ毎年来るようにはしていますが、今回は3年ぶり。
これまで毎回他の参拝者と顔を合わせることがあったのですが、今年はゼロ。ちょっと寂しかったです。

そんな静寂の中で御霊安かれと手を合わせるとともに、これからもこの平和な世が続きますようにと願うことでした。


さて、我が家の墓参りですが、うちの奥さんの都合で午前中は行けずじまい。
暑くはありますがこの後みんなで Let's Go   行ってきま~す



日々の出来事ランキング

相も変らぬ盆風景

昨夜娘が帰ってきました。
これで、少し前に仕事を辞めて帰ってきていた息子を合わせ、久しぶりに家族全員が顔を合わせました。
本当に久しぶり。たぶん5年ぶりぐらいかと思います。

だからといって家族で語り合ったり、どこかに行くかといったらそんなことはなし。
娘も息子も朝の10時を過ぎても起きてくるでもなく、起きてきたかと思えば娘は彼氏とお出かけ。

まあ、子供なんて大きくなったらこんなもの。

甥とか姪の家族も帰省しているようですから今日、明日にも訪ねて来るかと。

結局、毎度おなじみのお盆の風景。
少しは変わるかと思っていた自分がバカだったということ。

しか~し、墓参り。これだけは譲れない。
なにせ、これこそがお盆のメーンエベント。明日は引っ張ってでも連れていく。


ところで今、自分は“メーンエベント”と書いた。
これでいいのかと少し不安になり調べてみると他にもメインイベント、メインエベント、メーンイベントとあった。
結局どれも間違いではないらしい。

どうやら自分は、昔あったプロレス中継でリングアナが流していた“メ~ンエベント~”の名調子をいまだに引きずっているようです。



日々の出来事ランキング

死んでからの名前 どうしよう

お盆を迎えると人間の死、死後のことなどいろいろ考えます。
今日の話題もそのうちの一つ。死後に授けられるという戒名について。(生前につけることも有り)

これって自分ら年配者だけの問題ではないですから。そこんところヨロシク。


それでは、そもそも戒名って何だ、ということから。
簡単に言うと、死んで仏弟子になった印として授かるもので、生きているうちの名前(俗名)に対する死後の名前ってことかな。

死んだ際にお坊さんにつけてもらうのが一般的。自分でつけることも可能なようですが間違った戒名をつけると納骨や葬儀を拒否されることも有るとか。

戒名って値段が高い、とよくいわれます。ランクによって30万円から100万円と目玉が飛び出ます。

現代ではインターネット上で2、3万円ぐらいでつけてくれるお寺さんもあるようですが、そこでつけてもらった戒名を地元のお寺さんに持っていって読んでもらうというのもちょっとね。

それならいっそ戒名は要らない、と言いたくもなりますが先に述べたようにそれでは葬儀もあげられないことになります。

世の縛りの強いこと。これではおちおち死ぬこともできません。



日々の出来事ランキング

プロフィール

ミドリノマッキー

Author:ミドリノマッキー
定年退職後再就職して頑張ってきましたが2月をもってこちらも退職。とりあえずはのんびり過ごします。
趣味は読書に将棋。音楽鑑賞。
それと娘の影響で、トランペットを始めました。60の手習い?
そんな私ですが、これからも多くの方々に教えを乞いながら、さらに頑張っていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ